KATOO!BBSバックナンバー

2006年08月01日 → 2006年08月10日



彼女が髪を切った理由 (by 雑破 業)  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 1日(火)03時08分44秒
   
 2006年7月31日。
 【2006年7月30日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 211通、1071.38KB。
          (▽ 65 ▽ 55.25)
 日本語スパムメール  35通、 436.62KB。
          (▽ 13 ▽ 191.29)
 
 『ARIA The NATURAL(天野 こずえマッグガーデンハルフィルムメーカーARIAカンパニー)
 第18話「その 新しい自分に…」
 「━━アイちゃん。相変わらず暑い日が続きます。今日は晃さんが、夏バテしそうな私達に、喝を入れる為に、昼休みのバーベキュー大会を企画してくれました。あ、費用は先輩達が出してくれるので、私達後輩3人組は、奢られ組です。━━」…私も今月には、嘗ての職場、エアボーンエクスプレスの仲間とのバーベキューパーティーが控えております。奇しくも、私の誕生日と重なっていたり。ところで何よ、エアボーンってDHLにマジで吸収されてしまったんですねぇ!
 「「アリシアとアテナは?」「ぁ」「まだか?」「は、はい! まだー」「ったくー、今日は午後から絶対空けとけって言ったのになぁ。私は今日のシフトは夕方からだからのんびり出来るが、あの2人、午後も予約を入れちゃったんだろ? 早く来ないと、食べる時間、無くなるのになぁ…」━━夏は観光シーズン。3大妖精が揃うのは、なかなか難しいのです。」…某ドーナツ屋のキャラクター状態のアリア社長。
 「「ほれ、肉喰え肉!」「ばいにゃーいっ!」「さっそくお腹が空いてきました」「うん」」…これはギャグなのか?(^^;;;;
 「「♪にーく、そりゃにーく…」「お肉コール…」「あー、私も入れてー」「♪どこにーく、それにーく…」」…あの声で唄うんじゃないのね。
 「「…ぁ……」「? …にゃによ!」「ぁ、うん、藍華ちゃんの髪、今日も綺麗だなぁって。今日は髪型違うんだね」「まぁね、フフン、夏の日差しを受けて、一段と輝く私の黒髪〜ってカンジ…?」「本当。サラサラでキラキラだね」「本当。黒い真珠のような髪ね。綺麗よ。女神様みたい」「……」「アリシアさん…」「……、イヤ──ッ!! アリガトウゴザイマス──ッ!!」」…アリシアのセリフは禁止しないのか。
 「「こらそこ! エビが焦げるぞ!」「素早い…」」…鍋奉行、晃。
 「「わぁ! それは私が育ててる肉だ!」「ええ、そうだったの、ごめんなさい。でもおいしい」「でっかいうまうまです」「お前ら…!」」…“育ててる”肉…。
 「「…何か、変な臭いしないか?」「ほへ?」「うーん、おにぎり焦げてる?」「いや、そうじゃ無くて…、っ! おいっ!! 藍華っ!!」「ん?」「じっとしてろっ!!」……「…、…んぐっ…、……、ぁ……」…ざざーん…「…………」「……、あは、あははは…、やっちゃいましたね、こりゃあ、あはは、片アフロ? あは、あはは…、えーっと、私、帰りますね、このままじゃあ見っとも無いし、あはは…、ああ、皆さんはどうぞ続けて下さいね…、では…!」」…これかぁ、髪を切るに到る“事故”って。
 「「それ! 今がチャンスだ! 思う存分喰え! あちちちっ!」」…おいおい、素手で焼き網から拾ったぞ。仕事に差し支えたりしないか…?(汗)
 「「…藍華…ちゃん…?」「…何よ、何か用…っ!? ……焼きおにぎりはどうしたの…っ!? あんた達、楽しみにしてたじゃないっ」「……、ん…、でもね…、どうしても今は…藍華ちゃんの傍にいたいの…」「…うっうっうっ…」」…被りをして、修道女のような様の藍華。まるで“髪を切る”事との隠喩のようにも感じられます。
 「「…まぁいっか…。んじゃ、ほどほどに切っちゃっていいよ…。短くなるのは残念だけどさ、燃えちゃった処まで切り揃えなきゃ、おかしいもんね…」……「…しゅん…」「ぷりーず、わん・もあ・ちゃーんすっっ!! こんなのはどう? んじゃ、ポニーとか。元気ハツラツって感じで」「それならこっちの方が…いいけど…もう少しこう…」「こんな感じはどうですか?」「わぁ、じゃ、こうは?」「いいと思います」「うん、出来たぁ! どうよ。大丈夫だよ、セミロングだって可愛いよ…!」「でっかいお似合いです」「…うん、サンキュ…」」…髪を短くした藍華。なんだか幼くなったように見えます。
 「「私さ…、髪に…願掛けしてるって、言ったでしょ…? アリシアさんみたいに…、綺麗なロングヘアに伸ばすことが、アリシアさんみたいな、ウンディーネになれますようにっていう…、私の…願掛けだったんだ…」「………」「…へへへ……、願掛け失敗。アリシアさんみたいになりたいだなんて…、始めから無理だったのよ…。何か、馬鹿みたいだよね私…」「そんな事無いよ」「そうですよ、元気出して下さい」「いや、無理だね…!」「ぁ…」「……」「お前がアリシアになろうなんて、無理に決まってるだろ。藍華、すっきりしたじゃないか。おサルのようで可愛いぞ」「……何て…言ったんですか…」「藍華ちゃん…」「今、何て言ったんですか…!?」「“おサルのようで可愛い”」「その前ですっ!」「……、“お前がアリシアになろうなんて無理だ”」「…ッ!」「藍華ちゃん…」「言っただろ、願掛けなんて意味無いんだって」「…意味…無いですか…?」「ああ、意味無いね。どんなに願ったって、お前がアリシアになれる訳が無いんだからな」「あ…え…」「……ッッッッ!」「何度でも言う! お前はアリシアにはなれん!」「……ッッ! 晃さんなんか、大ッ嫌いッ!」「藍華!!」ガンッ!「…!」「よく聞け! お前はお前にしかなれないんだ……!!」「………」「いいか、アリシアになれるのは、アリシアだけだっつうの。藍華、お前は…アリシアでも、アテナでも、この晃様でも無い…、他の誰も真似出来ない、ネオ・ヴェネツィア史上最高のウンディーネになりゃいいんだよ!」「………」」…晃にはアリシアに対する嫉妬もある。でも、それとは関係無い。藍華の追い求める幻を打ち砕き、藍華の“自分自身”とは何かを説いた。そう言えば、晃は誰々のようになろう、誰々のようになれ、等とは言いませんね。以前に彼女の幼い頃が出て来ましたが、晃は“俺様”と言うように、その頃から「自分は自分だ!」のような考えがあったのかもしれません。
 「「うりゅりゅりゅりゅ…」「……、以上!」「…うりゅりゅりゅりゅ…」」…このシーンの藍華、ギャグ顔なのですけれど、ものっすごく可愛く感じます!
 「「晃さん…、藍華ちゃんは…」「今、材料準備してる。そろそろ来る筈だろ。…ったく、お前ら藍華が声掛けたら、ぴっちり揃いやがって!」「だって、心配で…」「うん…」「藍華先輩、大丈夫なんですか?」「本人が来たら判る」「ところで晃ちゃん。今日の材料代は…」「いらないそうだ」「え、いいの?」「いいんですっ!」「…ぁ……」「…昨日は、私の所為で台無しにしちゃったから…、今日はご馳走します…! 一つ、仕切り直しと言う事で、お付合い下さい」「あ、あああ…、あああああ…、藍華ちゃん、すてきんぐーっ!」「はいそこ恥かしいセリフ禁止ぃっ!!」「…ばっさり切りましたね」「随分思い切ったわね…」」…そうだよね、そう来るよね! 「「あらあら…」「……」「その髪型、とっても藍華ちゃんらしいわね」「…ああ…、アリシアさん…! 本当ですか!?」「うん、素敵」「しっかり者で、元気な藍華ちゃんに、ぴったりよ」「ありがとう、ございます…! …フフ…」」…“ポニ男”は何と言うだろう。アルは何と言ってくれるだろう?
 「━━アイちゃん。どうやら藍華ちゃんは、より素敵な、新しい自分を見付ける事が出来たようです。━━灯里さん。藍華さんの写真観たけど、本当に短くなってびっくり! 新たな魅力発見って感じでわくわくしちゃった。バーベキュー楽しそう、私もまざりた〜い! またネオ・ヴェネツィアに行きたいなぁ。」…いつまで経っても西暦2301年なのですけれど、中身的にはどれくらいの時が経過しているのだろう? 灯里のメールもそうですし、アイの返信もなのですが、年齢層、上がっていますよね。
 

http://www3.to/katoocom/

 


停電とか、そういう訳では無い  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 2日(水)01時26分16秒
   
 2006年8月1日。
 【2006年7月31日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 215通、 857.63KB。
          (▲ 4 ▽ 213.75)
 日本語スパムメール  48通、 579.73KB。
          (▲ 8 ▲ 143.11)
 
 家の前で交通事故発生。そのあおりで、
 
 『ブラック・ジャック21(手塚 治虫秋田書店よみうりテレビ日本テレビ)
 21−14(通算Karte:75)「恐怖のフェニックス病」
 
 『名探偵コナン(青山 剛昌小学館よみうりテレビ東京ムービー)
 第447話「封印された洋窓 (後編)
 
 録画出来ず。
 

http://www3.to/katoocom/

 


目から水芸にゅ  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 2日(水)01時37分2秒
   
メイドが打ち水―東京・秋葉原駅前(時事通信)(1日19時18分)
 
 「梅雨明けした東京・秋葉原の街を少しでも涼しくしようと、「メイド喫茶」のメイドさんたち14人がJR秋葉原駅前で打ち水を行った。千代田区主催の「打ち水月間オープニングイベント」のひとこま
 水も滴る…? それとも、お水?
 

http://www3.to/katoocom/

 


歌舞伎者  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 3日(木)02時20分45秒
   
 2006年8月2日。
 【2006年8月1日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 191通、 804.44KB。
          (▽ 24 ▽ 53.19)
 日本語スパムメール  23通、 314.57KB。
          (▽ 25 ▽ 265.16)
 
世界コスプレサミット:「テニプリ」「最遊記」のキャラで大会PR(毎日新聞)(8月2日)
 
 「5日、6日の両日、名古屋市中区で開かれる「世界コスプレサミット2006」(テレビ愛知主催)の発表会見が2日、東京・秋葉原の東京アニメセンターであり、大会に参加する独、仏、中、ブラジル代表のコスプレーヤー8人が「テニスの王子様」や「トリニティ・ブラッド」など人気アニメやゲームのキャラクターになり切って大会をPRした。イベントは、世界中のコスプレファンの熱気を日本にも伝えようと03年から始まった。今回は、日本を含む9カ国で開かれた予選を勝ち抜いた代表 22人が参加、漫画家の永井豪さんを審査委員長に、衣装の出来栄えやキャラクターのなり切り度などを審査し、世界一のコスプレーヤーを決定する。ドイツ代表のダニエラ・グルデンプフェニヒさん(18)は、ゲーム「餓狼伝説」のコスプレで、「日本のコスプレーヤーはみな可愛い。特にポーズ決めが上手なので、ぜひ学んで取り入れたい」と意気込みを語った。ユ・シンハオさん(21)ら中国代表の2人は漫画「最遊記」のキャラで登場するなど各国代表が自慢の衣装で得意のポーズを披露、本番さながらのパフォーマンスを見せていた。
 
関連サイト
世界コスプレサミット2006

 
 「世界の、日本のコスプレ」、なんだなぁ。何せ、後援に外務省国土交通省が名を連ねているんだものなぁ。暇なんですなぁ、この2省庁。
 

http://www3.to/katoocom/

 


別視点から。  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 5日(土)13時43分22秒
   
 2006年8月3日。
 【2006年8月2日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 277通、1167.76KB。
          (▲ 86 ▲ 363.32)
 日本語スパムメール  54通、 811.60KB。
          (▲ 31 ▲ 497.03)
 
小2女児プール死亡事故
 
 諸問題,諸考察,諸批判等々、方々で出ているので、異句同音をここに書く気はありませんが、この事故と言うか事件と言うか、とにかく、プールの話題に留まるものなのだろうか、と、ふと思いました。もっと、日常的な問題点が含まれているのではないだろうか。
 私はこう考えました。仮に、アルバイト監視員が速攻で危険性に気付いた、とした時です。無論、蓋を手渡されただけでは、それが何であるかは流石に判らなかったであろうし、上司である現場責任者の指示を仰ぎ、取水口に人を近付かせるなと言われた時点からの“if”です。果たしてどういう事になっていたか、ちょっとシミュレートしてみましょう。
 とにかく、非常な危険を感じたバイトの彼は、大至急、プールからあがるよう、客に指示するでしょう。否、命令に近いと言ってもいいかもしれません。その騒ぎに責任者は慌てて戻り、彼にこう言うでしょう。「何をしているんだ!」
 彼は、蓋の外れた取水口の危険性に付いて説くものの、そもそも危険性を感じていない責任者は━━実際、危険性のある事を理解していなかった━━「何を大袈裟な事を言っているんだ、そんな事がある筈ないだろう」等と言うかもしれません。そして「お騒がせしました、どうぞ、プールに戻って構いませんよ」と客に伝える事も考えられます。
 更にそれを聞いた客は「まったく何だってんだ!」と文句の一つも言うかもしれませんし、或いはその責任者に対して「おい、あんた上司なんだろ!? ああいうのを監視員に雇うなんて、どうかしてるだろ!?」等という声も出て来るかもしれませんね。
 ここにいる一同は、事が起きなければ理解が出来無いし、理解しようとすらしない連中なのですが、これで事故が起きなければ、バイトくんは怒られて、もしかしたらクビになるかもしれませんが、それでおしまい。勿論、事故が起きずに済んだ等と彼に感謝する者なんかおりません(そもそも「事故が起きずに済んだ」という感謝は実質ナンセンスで、人は、事があってからどうこう言い出すもの)
 また、それでも事故が起きたとしたところで、バイト監視員を怒鳴りつけた責任者の失点が1つ増えるだけの事。彼にケチを付けた客は恐らく消えてしまうでしょうし、危険性を察知した監視員の株が上がる訳でもありません。無責任な連中は、「そこまで判っていながら、なんで責任者を説き伏せなかったんだ」と、更に彼を批難するかもしれません。
 ここまで来ると、当該事故の、“普遍的な問題点”が浮かび上がってくる気がします。たぶんこう言うでしょう。「そんな事はどこにでもあることさ」。そう、どこにでもある事なのです。故に、それに気付かねばならない。何人(なんぴと)であろうと、また、相手が何人であっても、忠告,警告には耳を傾ける必要はあるという事。無論、それを誤りであると判断するのは否定すべきものではないです。忠告が間違っている事も当然ある訳で、何でも聞き入れるイエスマンは、同じく問題があります。が、少なくとも、言い分を租借もせずに否定する背景には強い思い込みがあるのだろうし、忠告を以って、自らの思い込みに気付く必要性は最低限あるのではないかという事です。
 この事故、単に、ずさん的な問題点ばかりを挙げるだけでは、問題の本質が見えなくなってしまうのでは、と、そんな事を考えていました。
 

http://www3.to/katoocom/

 


ムク、よしなさい!  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 5日(土)14時30分54秒
   
 2006年8月4日。
 【2006年8月3日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 226通、1151.57KB。
          (▽ 51 ▽ 16.19)
 日本語スパムメール  33通、 353.52KB。
          (▽ 21 ▽ 458.08)
 
プレスリーの縫いぐるみ、ズタズタに=犬がやきもち?−英(時事通信)(4日7時1分)
 
 「【ロンドン3日時事】故エルビス・プレスリーがかつて所有していたクマの縫いぐるみ「メイベル」が、英国の展示場で番犬に頭をもぎ取られた。この縫いぐるみは4万ポンド(約850万円)の価値があるとされる。当地の報道によると、事件は南西部サマセットシャー州にあるウッキーホール洞窟(どうくつ)内のテディベア特別展示会場で発生。閉館後の1日夜、番犬として飼われていたドーベルマンが突然、メイベルやほかの縫いぐるみに手当たり次第にかみ付いた。飼い主の警備員がメイベルをなでたとたんに襲撃が始まったことから、犬がやきもちを焼いたとみられる。メイベルはドイツの有名メーカー、シュタイフ社製で、1909年の製造。米メンフィスで開かれた競売でエルビスファンの英国人貴族が落札し、展示のため貸し出されていた。
 題して「いぬがく頃に 綿流し〜目明し変」(あえて誤字の侭)。まぁ、『ひぐらし』の、あのぬいぐるみは、いくら高いとは言っても850万円って事は無いでしょうが。
 

http://www3.to/katoocom/

 


日曜大工ガンダム、お父さんのでバンダイ  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 5日(土)14時32分56秒
   
「ガンダム」35万円キット バンダイが12月16日発売(フジサンケイ ビジネスアイ)(4日9時28分)
バンダイ 初代「ガンダム」12月に限定販売(毎日新聞)(4日9時58分)写真ニュース
<プレスリリース>バンダイ、組み立てキット「HY2M 1/12 GUNDAM」(毎日新聞)(4日19時21分)

 
 「人気アニメーション「機動戦士ガンダム」に登場するロボット「ガンダム」の組み立て式キットが、玩具メーカーのバンダイから12月16日に発売される。高さ1・5メートル、重量は約35キロあり、価格は35万円。20−40歳代の熱烈なガンダムファンをターゲットに、1000体の販売を見込む。今回売り出す「ハイパーハイブリッドモデル・ 1/12 RX−78 GUNDAM」は、リモコン操作で頭や腰、肩、肘、手首、指などの関節が動き、ライフルの発射音もでる。ライフルや盾、サーベルなども装備されている。キットは、ブロー成型した約260点のパーツをボルトやナットで組み立て、4時間程度で完成するという。「ガンダム」は、プラモデルで4億個近くの販売実績がある同社のドル箱商品。かつて、ガンダムに登場するロボット「ザク」の高さ1・5メートルのキット(19万8000円)を2000体販売したこともある。ガンダム関連商品では、バンダイナムコグループ全体で年間500億円近い売り上げを確保している。
 さきのぬいぐるみは850万円。こちらは35万円。ところでこれって、どれだけ売れているんでしょうか?(^^;;;;
 

http://www3.to/katoocom/

 


嘘だッ! ドンドコドーン!  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 5日(土)14時34分48秒
   
 『ひぐらしのく頃に 壱 【初回限定版】(竜騎士07/07th Expansion,ひぐらしのく頃に製作委員会,創通エージェンシーフロンティアワークスジェネオン エンタテインメント)
 まず、問題の「し編 其の参 疑心」ですが、“例のバグ”はDVDでは修正されておりました。テレビ放映版を観ず、原作も未プレイで、且つ、コミック版等も読んでおらず、その上で本アニメに関心のある方は、人からビデオを借りるのでは無く、DVD版の視聴をお薦めします。
 さて、本編DVDですが、そうした修正を除くと、放映されたものをママで収録しただけで、映像特典らしいものが入っている訳でもありません。なので、アニメを観た上でDVD購入を考え、初回限定版は高いから通常版を買えばいいと思っている人は考え直した方がいいです。これは初回限定版の方が絶対に“買い”です。特に、特典CD『雛見沢探訪』は、ミニサントラとは言え、市販版サントラには収録されていない曲も入っているのでお徳感があります。まぁ、意図としてはDVDから買う人はサントラの公告といった位置付けなのでしょうが。収録曲の『ワルだくみ』(川井 憲次)、こういうの、いいね。(笑) DTMでこういう曲を作るのはかなり難しいし、面倒臭い。わざと音をズラして、リズムを狂わせて、チューニングを間違える。技術力の高さが光っているなぁ。反面、『メイン・テーマ 〜Piano Ver.〜』(同)はリヴァーブが不自然であるのが残念。明かにエフェクターを使っているという残響で、『ワルだくみ』のような技術を持つ人がこんな事をするとはちょっと思えない、という出来です。まぁ、市販版サントラ未収録曲なので、もともとサントラとして出す予定は無かったのかもしれませんが。
 初回限定版特典の一つに、他にはTIPS(謎解き資料)として、大石の捜査メモがあるのですが…、この内容はDVD1巻に載せてしまって良かったのかなぁ…?(汗)
 

http://www3.to/katoocom/

 


そして圭一が来た。 (1/3)  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 5日(土)19時03分56秒
   
 2006年8月5日。
 
 『ひぐらしのく頃に(竜騎士0707th Expansion,ひぐらしのく頃に製作委員会,創通エージェンシー)
 通算第18話「し編 其の参 鬼の血脈」(※以下、チバテレビ放映分を元に感想記事を書いています)
 「「しっかし耳が早いなぁ…。あっはは…、私は悟史くんが犯人の、一点読みでしたからねぇ」「聞かせて下さい。真犯人って一体何者です…!? 異常者とか聞きましたけど」「実はね、そいつ、死んでるんですよ。県警からウチに連絡があった時は既に」「死んでる…? …って、どういう事ですか…!?」「県警の、留置場の中でねぇ。自殺が錯乱なのか、そこん処がはっきりとぁ判らないんですがねぇ、ふん!」「………」」…ここの辺りはこれまでの編で既に判っている事。しかし大石、部外者の詩音によくもまぁ、内部の話をべらべらと…。「「そうそう、悟史くんの失踪事件。雛見沢じゃ“鬼隠し”に遭ったとか言われてるんだとか」「ぇ…!?」「“オヤシロさまの祟り”って事でしょうかねぇ?」「…っ、馬鹿々々しいっ!」」…いよいよ目し編の大石も、嫌らしい男になってきました。
 「「(…1年目は、ダムの現場監督のバラバラ殺人。2年目は、悟史くんの両親の事故。3年目は古手家の神主さんの突然死。皆、園崎家の━━)」━━敵━━非協力者━━裏切り者━━「(4年目の叔母は、“裏切り者”の縁者か…)」…推理を始める者がここに“また”1人。時制としては圭一よりも遡る訳ですが、しかし、他にも大石があり、鷹野があり、そして赤坂もまた、この時期は雛見沢から離れているとは言え、これらの一連に付いて考察する者。「「…“オヤシロさまの祟り”か…」…!「…!?」「ウッフフフ…、ごめんなさーい? 驚かせちゃったかしら?」「い、いえ…」」…噂をすれば鷹野登場。“オヤシロさまの祟り”というキーワードに釣られて来ない訳が無い。
 「「あなたが、園崎 詩音さん?」「…っ!! お姉の知合いか何かですかっ!?」「まぁ、そんな処。私、鷹野 三四。“ミヨ”って呼んでくれていいわよ、詩音ちゃん」…ガタッ!「あら? 怒ってるの?」「…っ!」「残念ね。私達気が合うと思ったのに?」「これはその…! 私の妄想みたいなもので…!」「“オヤシロさまの祟り”と呼ばれる、一連の怪死事件。いずれの事件も、個別に見えながら、確実に一つの意思に基づいて行われている。毎年1人が、“オヤシロさまの祟り”に遭って死に、1人が生贄に奉げられて失踪する」「…ひ…、1人が祟りで死んで…? 1人が…何ですって…!?」「つまりね…、祟りで死んだ人数と同じだけ生贄も必要なの」「…いけ…にえ…」「私が研究しているのは、古代雛見沢村の知られざる歴史、暗黒史について。鬼ヶ淵村って言うのは、雛見沢村の明治以前の名前よ? 暗黒史というのは、薄々は知っているでしょう? 人喰い鬼の歴史」「ぁぁ、人喰い鬼の…昔話…」「では、その半人半鬼の仙人達が時に山を降り、人を攫って喰らった宴の話は知ってる?」「ぇ…? 、何の話ですかっ!?」「彼らはね? 犠牲者を拘束台に縛り付け、お魚をおろす時みたいにハラワタを引き摺り出して、それを川に流したとされている。ほら、それが語源なの。“綿流し”の」「…っ!! (“綿流し”のお祭り…!?)」「これが、研究ノートよ? 特別に見せてあげてもいいわ? “オヤシロさま”の生贄の儀式は、犠牲者を鬼ヶ淵の沼にシズメる(沈める=鎮める)事なのよ? …あの底無し沼のね…!」「…っ!? …じゃあ! 毎年のもう1人の犠牲者は、皆、沼の底に沈んでいると…!? (まさか…、悟史くんも…!?)」「見てみる?」「………」」…“綿流し”絡みでは特に目新しいものは無い場面。詩音と鷹野の接触も、片や入江と野球チームで繋がり、片や入江と診療所で繋がる人物である以上、いずれは出会うであろう必然。しかし、こういうシチュエーションで出会う事になったとは。そして、この時、鷹野から聞いた話は、単に鷹野の想像や研究という、詩音にとって事実確認の届かない場所にあるものでは無く、自らが受けた拷問部屋で見たものを明かに髣髴させるものでもある…!
 

http://www3.to/katoocom/

 


そして圭一が来た。 (2/3)  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 5日(土)19時05分9秒
   
 「ピーンポーン♪「…葛西なの…?」「あたし…」「っ…! …どうぞ、お姉…!」……「落ち着いた雰囲気のとこだね…。…生活は…どう…?」「まぁ…、新しい学校は、やっぱりつまらないよ…。一応通ってはいるけど…」「……」「……」「…あのさ…、爪は…治った…?」「…もうすっかり傷口は塞がったけど…、でもまだ大分歪んでね…、余り人には見せられないかな…」「…ごめんね…」「謝らなくていいよ…。次期頭首(当主)の役割を演じただけ。恨んしじゃいないから」「ごめん…」「…、オッケー! もうそれでぜ〜んぶチャラ!」「本当に許してくれるの…、悟史の事も…」「…!」「詩音が悟史の事好きなのは、勿論知ってたんだよ…!」「あれだけ大勢の前で熱愛宣言しちゃったからね〜」「でも…! 婆ッチャはあれで、本当にケジメが付いてると思ってるんだよ!?」「…そうで無きゃ困る…。あれだけ痛い思いしたんだから…」「…悟史…、どこに行っちゃったんだろうね…」「…!!」━━その時、私の中に“鬼”が生まれた。━━「ぁ…! ごめん、悟史の事は…本当に知らないの」「嘘だ…」「本当! 婆ッチャだって何も知らない! 本当なの!」「嘘だ! 嘘だ嘘だァ!」ガタガタッ!「えいっ! お前が悟史くんを…“鬼隠し”したんだッ!! お前達、園崎家がッ…!! お前達が、お前達がァ!! 返せ…! 私の悟史くんを返せェッ!!」「…んぐぐ…っ…!」」…嫉妬が沙都子を甚振った詩音でありながら、魅音を受け入れる彼女は、加藤には今一つ理解出来ない。だが、そんな詩音であっても、悟史の話題だけは禁句。何しろ、悟史を消したのは園崎家以外には考えられないのだから! 「「…!? 魅音!? これは…!? (同じ傷…!? 私と全く同じ…!?)」「…うっ…うっ…、詩音だけが爪を剥されるなんて…、可哀想過ぎるんだもん…! 何で詩音ばっかり…! 私達は双子なのに…、何で…! …私ね…、婆ッチャに怒鳴って言ったんだよ…、悟史と詩音をそっとしてあげて欲しいって…。そしたら…、ケジメを付けたら見逃そうって話になって…、たからね、もう2人は普通にしてて良かったんだよ! …なのに…、なのに悟史がいなくなっちゃった…! 信じて詩音! 本当にどうして悟史がいなくなってしまったか判らないの…! ひっく、ひっく…」「…魅音、ごめん、苦しかった…?」「…詩音は…もっともっと苦しかったんだよね…?」━━私は、私の中に“鬼”に告げた。魅音を信じると。…そして私はその時、悟史くんへの想いを封印した。心の奥深くに…。」…詩音を理解出来ないですが、魅音はもっと理解し難い。一体、彼女達を取り巻いているのは何なのだ…!?
 「━━それから1年は、何事も無く過ぎていった。あの日までは…━━「痛! もう、こんな処に停めてるの誰!?」ガンッ!「(あれ…? デジャヴ…?)」「おう!? だすとってなのんあすてんだのがぁー!?」「(…あの時と同じ…?)」「…いい加減にしろよっ!!」「何だァ、お前ぇはァ!?」「…悟史…くん…?」「…いいカッコすんじゃねぇよッ!」「兄ィちゃんも痛ぇ目に遭いてぇのか!?」「おゎーッ!?」「ああ、タンマタンマ、暴力は良くないぜ!? へへへ…」「うっるせぇー!」「前原さーん、皆呼んで来ましたぁー!」「くっそ、やっべえ! 皆ズラかれ!」「大丈夫か、魅音? 半ベソかいてたのは、見なかった事にしてやるから、元気出せよ、な!?」」…遂に圭一登場。まさに圭一は悟史と同じ道を辿り、その道には、詩音もまた組み込まれていた…! この出来事が、詩音の封じた“悟史”を蘇らせるトリガーになるのは想像に難く無い。
 「「お姉は圭ちゃんの事、ホントに気に入ってるねェ? ズバリ! 圭ちゃんの魅力を一言で示すと何!?」「あ、あはは…、やっぱり面白いとこかなぁ〜? この間の部活は、街のおもちゃ屋でやったんだけどねぇ? 傑作だったよぉ!」━━お姉に聞いて判った。彼の名前は前原 圭一。学年は1つ下。雛見沢に最近引っ越して来たばかりだと言う。そして…お姉のお気に入り…。━━「…でね、おじさんが盛り上げてくれたからって…、圭ちゃんお人形をあげたんだよね」「それがもしかして欲しかったとか?」「…でも、圭ちゃはくれなかった…。魅音には似合わないよなって…。ううっ、レナにあげちゃうって…。遣り直したい…! 圭ちゃんと初めて会った時から遣り直して…、今度はちゃんと女の子だと思って貰えるように…」「お姉、深刻過ぎ。今からでも修整可能だって。トラブってる訳でも無いんだし」「ぅ…」「変に構えないで普段通り、さりげにアピール!(ぴきーん☆)  あと、レナってコには釘を刺しておく事!」「うううっ! 確かにレナはかぁいいからなぁ!」「ライバルがいるならウカウカ出来無いよぉ? お姉、涙は男を引き寄せる力はあるけど、繋ぎ止めておく無いからね!? 普段は笑ってて…、ポイントで泣くぅ〜♪ う〜ん、“萌え”の典型パターンの一つかも…。私も圭ちゃんで実践してみよかなぁ?」「えっ…!? だだ、ダメだよ、ダメ!」「何ならお姉? どっちが圭ちゃんの気を引けるか競争する?」「ヤダヤダ! 絶対ヤダ! 詩音! 雛見沢に来たら追い返すぅっ!」「(…良かったじゃん、お姉。好きな男の子の事で悩めるなんて羨ましい…)…私なんか…いないんだよ…」「…ぇ?」「…ううん、何でもない」━━お姉と圭ちゃんが楽しく過ごしていても、誰も咎めない。羨ましいなんて思わない。妬んだりなんかしない。私が咎められたから、同じように咎められて欲しいなんて…。」…否、それは…、『ひぐらし』風に言うならば「嘘だッ!」「悟史くんがいなくなってから1年が経ってしまう…。また、あの“綿流し”の日がやってくる…。」…それはある意味、詩音の焦り。嘗て沙都子に抱いた嫉妬の感情とは全く違うもの。しかし、詩音にとっては悟史への想いの引金でしか無い。しかし圭一は、そんな事を知る由も無い…。
 「そしてその当日…。私を勝手に“魅音”だと思い込んだ圭ちゃんが、私と腕を組んで歩いていた処に、お姉とバッタリ…。それでこんな騒ぎになってしまった…。━━「まったく、圭一さんのドスケベ振りには呆れましてよ!?」「男の子なら仕方無いのですよ」」…おいおい、あんたら小学生だろ…。(汗) 何をマセた事を…。「「魅ぃちゃんも詩ぃゃんも、圭一くん困ってるよ? はぅ〜っ」「お姉? このまま圭ちゃんが引き千切れるまで、引っ張りっこするぅ?」「詩音が引っ張らなければ済む事でしょお!? 詩音はさっさと興宮へ帰れぇ!」」…おいおい、あんたら、“大岡裁き”って知らないのか!?
 「「じゃあ圭ちゃん? これ以上からかうと、お姉に噛付かれかねないので、今日はこれで帰りま〜す☆」「ああ詩音。その…さ…、今日は…、ありがとうな」「ああ、あんなのお安いご用です」「じゃあまたな、詩音」…ドキ…「あはは、じゃあまたね、魅音」」…え、“魅音”…? 「「二度と来るなァァッ!! レナは警戒! 沙都子はトラップ! 梨花ちゃんは塩撒いてェェェ!!」」…色々なジャンルが混ざってますな。
 「「(ごめん悟史くん! ごめん! ごめん! 私は…悟史くんの事を忘れていないんだよ? ちゃんと覚えてるんだよ? 悟史くんのいない生活なんて…、灰色で、寂しくて、つまんないだけなんだよ…!?)」━━「じゃあまたな、詩音」━━「(全然あったかくなんか無かったよ!? 嬉しくなんか無かった! …あんなデリカシーの無い奴、嫌いだよッ!?)…うう、悟史くん…、うう…! 悟史くん…! 悟史くん…! 悟史くん…!」」…圭一が悟史に似ていれば似ている程、そして圭一への想いが芽生えれば芽生える程、悟史を忘れそうになる自分が許せない。ひいては圭一も許せない。最早、理屈では語れ無い詩音の感情。
 「「(どこにいるの!? どこに…!?)」…かつっ、かつっ、かつっ…“かつっ”…「…? (悟史…くん…? …そこにいたんだ…)」」…最早お馴染の“もう一つ聞える足音”。詩音がこの音を聞いたという事は…!? 直前に通りかかった軽トラックの意味するものは…?
 

http://www3.to/katoocom/

 


そして圭一が来た。 (3/3)  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 5日(土)19時06分24秒
   
 「ドッ「…すいません…」「あら、詩音ちゃん」「ぁ…、鷹野さん…!」「挨拶をするのは、これが初めてだね。僕は、富竹。魅音ちゃんの、双子の妹だって話は聞いてるよ。宜しくね」「富竹さんこそ、凄腕のカメラマンだとか」「大して売れてない、下手糞だけどね。あっはは…」「あれから図書館には来ないのねぇ。研究の同士としてもっと色々とお話したかったのにぃ」「気が向いたら、まぁ、その内って事で」」…漸く富竹登場。昭和58年になるまで雛見沢にはいない圭一はともかくとして、鷹野の出番といい、今回は興宮の詩音の視点で話が進むので、なかなか遅いという感じがあります。反面、これまでさんざん渦中の人物でありながら名前しか出てこなかった悟史は出て来ましたが。
 「…ドンッ…「そろそろ、私も行くかな。鷹野さん達も観に行くんですよね。梨花ちゃまの踊り」「実はね、これから祭具殿の中に入ってみようと思うの」「ぇ…? でも、あそこには南京錠が掛かってて、立入禁止じゃ…」「ジロウさん、とってもうまいのよ、色々と」」…そういえば、富竹は鍵破りのスキルがあったんだよなぁ…。いくら公安と言えども、一切の許可も無く鍵破りなんか出来無いであろうし、そう考えると富竹公安説は否定されてくるのかなぁ…。
 「「よかったら、後でこっそりいらっしゃいな。二度と無いチャンスよ」「(…祭具殿か…、拷問道具がいっぱい…。…!) 悟史くんの“鬼隠し”の事も、そこに入れば何か判るのかな…?」」…そうだ、そういう事だ…。「「(…1人じゃ怖いけど、圭ちゃんと一緒なら…、もし見付かっても、今度は魅音がきっと見逃してくれる…)」」…そういう事か。魅音が圭一を切るかどうか、それが詩音にとっての圭一の価値か。ならば、あの、更に後に来るべき、地下祭具殿でのけ言い地に向けられて放たれた魅音のセリフには合点がいきます。
 「「…うゎ…!」「あれが、雛見沢の守り神、“オヤシロさま”よ」「(…“オヤシロさま”…! もしもお前が悟史くんを消した張本人なら許さない…! 許さない…! 絶対に許さない…!! …鷹野さんの言っていた事は本当だった…。この村には、残酷な風習が…ずっとずっと息づいていたんだ…!)」…かつっかつっかつっ“かつっ”…「…!? (…悟史くん!? 悟史くんなのっ!?)…ぱりぱりったんたんたんっ!…「(ね? 悟史くんだよね…?)」…たんたんたんたんっ!…「(悟史くんじゃないっ!!)」「どうしたんだよ、詩音。ひょっとして怖くなったか?」「そう言えば今夜よね、“オヤシロさまの祟り”がある夜は」「…ッッッ!!」…だんだんだんだんっっっ!…「(…これが…聞えてないの…!?)」」…詩音の聞いていた音。それはこんな音だった。しかし何故、詩音にしか聞えない!?
 「「しゃもねえやろな。あんの若いモンはちょいと出娑婆りすぎやった…」「まあ、“オヤシロさま” のお怒りに触れたんだから仕方ないじゃない」「警察は調べとろぅが、すったらん間違いなかんね」「たぶんね。鷹野さんだろうね」━━「…!!(…“オヤシロさま”のお怒りに触れた…、警察が調べている…、たぶん鷹野さん…。そして…今日と言う日の意味…! 5年目も起こったんだ! “オヤシロさまの祟り”が! どうして魅音と鬼ババが、“オヤシロさま”のお怒りに触れたななんて言ってるの…!? …祭具殿に忍び込んだ事がバレてる!!)」」…待った! つい早合点して、それは園崎家、もしくはこれに噛んでいる何者かが…と考えてしまいますが、“そういう事”も有り得るのか…。そうだ、確かに“彼”は忍び込んだ事を知っていたし、目撃もしている。詩音が悟史と繋がっている事は“彼”も知っていたし、圭一が事に及んでいるであろう事を“彼”は考えていた。でも、それでもレナだけは解決しない…! 「ジリリ…ン!!「ぃっ!!」」…一刻も早くこの場を去らねばならないにも関わらず、響く電話。しかし詩音を襲うのはそれだけでは無い。「…ぎしっ…「…!?」━━「魅ぃちゃんには無い? ひたひたと、ずっと足音が着いて来て、夜は枕元にまで立たれて、見下ろされてる…経験。誰かが遠くからじっと窺ってる…。誰かがずっとつけてくる。悟史くんが経験している事は、全て“オヤシロさまの祟り”の前触れなの…」━━「(じゃあ、何!? 祭具殿に忍び込んだ時から、私の後ろを、べたべたと付き纏っているのは…!?)」」…振り向くと、魅音。
 ここに来て、尚、結末が読めないというのは物凄い構成です。ラストが読めないと言っても、これまでに解決している伏線もあるのは事実。特に、悟史の人物像が、ひとかけらとは言え、実際に窺い知る事が出来、そして圭一とのリンクも見えてきました。また、詩音がそこに抱く、言葉にするのは難しい衝動的な矛盾する感情も判ります。が、それでも尚、最後が見えてこない。
 突っ込んでしまうと、目し編は綿し編の解答編でありながら、厳密には綿し編と食い違う処があるのも事実。これまでさんざん圭一の視点で物語が進んできただけあって、セリフの遣り取りの中には違いが意外と見受けられます。原作ではどうなのかは知りませんが、この辺りは補正して貰いたい気もします。伏線重視の加藤の場合、その辺りは特に重要視しています。
 

http://www3.to/katoocom/

 


完全なる世界  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 5日(土)20時01分51秒
   
 『(大暮 維人町田 形講談社東映アニメーションマーベラスエンターテイメント,エア・ギア製作委員会)
 「Trick:17」
 「「で、“アイオーン”。ちなみにこいつは男好きで時を操る。それ以外は知らん。こいつと当たった奴はとりあえず潔く死ね!」」…男好きって、あんた(の別人格)はどーなんだ。(^^;;; 「「…で、次は━━」「おい、ちょっと待てコラ!」「何か無ぇのかよ、こっとも時間止めるとかァ!?」「ま、何にしろどんなトリックだろうが、見破っても意味無ぇよ。あいつのバトルレベルは82だしな…」「…“トリック”なんだよな…、本当に時間止めてる訳…無ぇだよなぁ…」「考えても意味無ぇんだってッ!! オラ、次、行くぞッ!! …、(亜紀人…?)」━━The Fly has her spleen and the ant her gall━━「…は?」「何、書いたんだ?」「俺が知るか」「“蝿や蟻にも怒りあり”」「…?」「“小物ほど油断出来無ぇ”って意味だ」「へぇ…」「アギト、てめえにも1コだけ教えてやる」「……」「弱ぇ奴の天敵は強ぇ奴だ。けどな、強ぇ奴の天敵も、弱ぇ奴なんだぜ」「……」「ま、てめえには判んねぇか」」…何故か意外な雑学には詳しいイッキ。
 総評。これでもかというくらいに原作通り。まるでこのアニメシリーズではキューブ編を描きたかったとでも言いたいような雰囲気。確かに原作でも、このキューブ編を境に新章に突入した訳ですが、これまでがこれまでであったように、もう、オリジナルな展開でブッ飛ばしても良かった気がしますけれどもね。もうじき終わるのでしょうし。
 

http://www3.to/katoocom/

 


ダンボールZ  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 6日(日)02時27分43秒
   
 『ちょこッSister(雑破 業竹内 桜白泉社NOMADメディアファクトリー東芝エンタテインメント,ちょこシス製作委員会)
 その前に━━
 
fj.rec.animation
<eb1oel$fk4$1@caraway.media.kyoto-u.ac.jp>「Re: New TV-Anime Check in 2006 Summer」

 
━━「あまりにもあざとい始まり方で切ろうかと思いましたが、日常生活がいい感じなのと、コンタクトより眼鏡を選んだ管理人さんが気に入りました(<そこかい)。しかし、ちょこが「クリスマスプレゼント」である必然性はあるのだろうか、という気はしますが。」…ヒロインが突然現れる、というのは雑破作品の定番で、本作もその例にもれず、なのですが、ここまで唐突な始まり方をするのは他に例を見ません。原作を当時、初めて読んだ時には、雑破氏のネタも尽きたかと思ってしまいましたが…、恐らくこれは編集サイドの指示によるものなのでは、という気がします。クリスマスプレゼントであるという設定も、編集側が決めたものではないかと思います。
 という訳で本題。
 第4話「ブラック・バレンタインデー」(※以下、チバテレビ放映分を元に感想記事を書いています)
 「━━私はちょこ、お兄ちゃんの妹なの! あのねあのね、私とお兄ちゃんが住んでるアパートに、新しい管理人さんがやって来たんだよ! メガネ掛けてて、とってもおっぱいが大きいの! 真琴さんよりおっきいんだよ!? どうしたらあんなに大きくなるんだろう。今日も楽しい事がい〜っぱい起きたらいいなぁ!━━」…前回、観て無いのですけど…、まぁ、あんまり大きくてもねぇ。何に役立つかって言ったら、せいぜいリロードがし易くなるくらいでしょうし。(全然関係無いアニメを持ち出すの禁止!)
 「「さて━━諸君! 既に承知してると思うが、君達には、目玉行事として、お客様から多大なご支持を戴いている、有名ブランド高級チョコレート半額セール特設売り場の販売員として働いて貰う! 此れ迄の半額セールは二月一五日、即ち! バレンタインデーの翌日に在庫一掃処分の為に実施された! ぬゥゥゥゥ、しかし! 今回は、長引く不況対策の集客作戦として、バレンタインデー当日の午後三時より実施する! これによって従来の“高いチョコが半額で食べられてラッキー”と云う、大事な何かを諦めてしまった女性客の方々ばかりで無く、本日日没後に渡す、弩本命チョコの調達を目論む方々も殺到し━━」「…ごくっ…」「━━特設売り場は例年以上に、殺人的な混雑が予想されるッ! 我等の目的は当然1ヶでも多くの商品を売り、少しでも多くの利益を上げる事にあるッ! 如何なる理由が在ろうとも、職場放棄は絶対に許されないッ!!」「……」「就業時間に持ち場を離れる事があるとすれば…それは! 重度の負傷によって、某方に搬送される時のみと考えて貰いたいッッ! それでは! 今から約一〇後、一五:〇〇(ヒトゴーマルマル)より実施されるミッションより備えて、各自! 心して配置に付くようにッッ! 以上ッ!」」…何なんだ、この時代錯誤した(というか場所を勘違いした)売り場責任者は…。BGMもアーミーマーチだし…。ところで右の2人、かわいいよね(何でそういうベクトルに話を持っていく…(^^;;;;)
 「「ただい…ま…、な、何だこれ!? …? “だいすきなおにいちゃんへ、バレンタインデーのプレゼントです”…? …!?」「じゃーん」「…な、な、何のつもりだ…!?」「パレンタインデーって、好きな人に“ちょこ”をあげる日なんでしょ?」「ちょっと待て、お前絶対勘違いしてるから…ッ!」「だからお兄ちゃんに私をあげるゥ!」━━「…ぁ、何だ、夢か…」」…まぁ、夢でなくてもありそうな展開ではありますが。
 「「あら、川越さーん」「あ、管理人さん」「今日は遅かったんですね」「ええ、バイトがあったもんで」「そうなんですか。…(落ち着いて…! 落ち着くのよ、千歳!)」「いやぁ、参りましたよ。バレンタイセールの助っ人だったんですけど、これがもう大変で。暫くは、チョコレートなんか観たくも無いって感じですよ」「…そ、そうですか…。それは大変でしたね」「は、はぁ…」「は、ははは、じゃあ私はこれで…。…はぁ…」」…間が悪い女だな。
 「「ただい…ま…、……」「…ぁ…」「…ふぅ、はぁ……」「…?」ビリビリ…「…!? …あ、いやだ、何!? あれ、どして!? 開かない!? うそ、何で!? お兄ちゃん、開けてよ! 開けてったら、ここから出ーしてー!」━━はれ 2月14日 今日は、バレンタインデーでした。とってもくらくてせまかったです。」…やっぱり現実でも。(^^;; これが本当の箱入り娘。そういや、こういう18禁BLアニメがあったような。(タイトルは知らない。何故か中国語訳字幕付きのネット上に流れていたムービーがあって、それで観た。…っつーか、何でそういうネタしか出てこないんだよ、俺の頭はッッ)
 次回予告「「♪ぶ、ぶ、ブラジャ、おっぱいを隠す、ニクいヤツ〜♪ 次回、『ちょこッとSister』、「ブラジャーを買いに」。私、ブラジャー買うならお兄ちゃんとお揃いのがいいな☆」」…大昔、『Dr.スランプ(鳥山 明集英社)にそんな話があったような。
 

http://www3.to/katoocom/

 


先日ネットで見付けた百目鬼×四月一日本(笑) (1/2)  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 6日(日)19時35分42秒
   
 2006年8月6日。
 【2006年8月4日〜5日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 463通、1857.21KB。
   1日平均    231.5通 928.61KB。
          (▲ 5.5▽ 222.96)
 日本語スパムメール  71通、 864.50KB。
   1日平均     35.5通 432.25KB。
          (▲ 2.5▽ 78.73)
 
 『XXXHOLiC(CLAMP講談社Production IG,アヤカシ研究会,TBSBMG JAPANキッズステーションムービック,パイロテクニスト)
 第十八話「ホオズキ」
 「ぱんっぱんっ…「宝物庫、この前片付けたばっかなのにまた散らかして。まったく侑子さんは…。…ん? …何か…変わった猫たな…。着物着てるし、それに何か持って…」…かたっ…「…ん?」…かたかたっがたがたがたっっ」…騒がしい祭具殿。
 「「あら…」「こんばんは、侑子ちゃん」「こんばんは、灯ちゃん。そっかあ、もうそんな時期なのねぇ」「そうよ、そんな時期なのよ」「1年って早いわぁ」「“光陰矢の如し”だねぇ」「ってしみじみしてないでどいてくださいッ!」」…侑子まで乗っかっていたのか。(^^;;;
 「「この子だね」「…ぅ?」「座敷童がこの子に懸想してるんだってねぇ。それに雨童女の頼み事を遣り遂げたとか」「ぇ? …うわっ!? っっっ、あひゃっあひゃっあひゃっ…!」「その上、管狐までご処心かい。お前さん、“こっちの世界”じゃ有名だよ?」「あはは、良かったじゃない」「良かった良かった」「有名人♪」「有名人♪」「こっちじゃ有名〜♪」「あっちじゃ無名〜♪」「“こっちの世界”って、どっち…!?」」…日本語って難しいよね。(笑)
 「「今年は四月一日にあげて頂戴?」「え? …!?」「……、なかなか大変な子だけど…、侑子ちゃんの目に適っただけはあるのかねぇ? ま、しっかりおやり。少しずつだが変わってきてる筈だよ? …色々とね」」…四月一日がこの店に来たのは“ヒツゼン”。しかしもしかしたら四月一日だけでは無く、侑子や、それ以外の、人では無い者も含めての“ヒツゼン”だったのかも。
 「「侑子さん。…これは?」「それはねぇ…」……「それは?」「ホオズキなんだってー」「まんまじねぇかよ」「何だと!?」」…百目鬼らしいな。「「でもそれ、普通のホオズキより、かなり大きいんでしょう?」「何か、妙な事が起こるもんなのか?」「侑子さんによると、それを持ってると参加出来るらしい」「何に」「参加してみりゃ判ると」「面白そうね!」「じゃあひまわりちゃん是非一緒に!」「今日は私、用があるの」「そうー…」「ごめんね! 百目鬼くんは?」……「百目鬼は……来なくて良かったんだよ別にィッ!」「うるせー…」「何があっても助けてやんねーからなッ!」「助けて貰った事あったか? あん?」「このこの…っっっ…!!」「で、どうすりゃいいんだ?」「今何時だッ!?」「…4時ちょい前だな」…ぽうっ…「光ってるな」「けど…熱くない…」…はら…っ…「何だ? …侑子さんの字だ」「“注意。ちゃんとホオズキを手にしている者だけが見えるし参加出来ます。”」「何に?」「“なので、2人で仲良くホオズキを持つように。例えばウェディングケーキの入刀って感じで。━━侑子”」「イ──ヤ─────ッッッッ!!!! 何で百目鬼とォッ!? ひまわりちゃんとなら大歓迎なのにィィッッ!!」」…何でそんなにまでして、そっちのネタに持って行きたいんですか、CLAMP先生ッ!?(^^;;;; 「「“残念でした。”」「何だとォッ!?」「そう書いてあんだよ手紙に」「…あ、ほんとだ。侑子さん、まるでこうなる事を見透かしたように…」「“そう思うならそうかもね”」「むっ…!?」「“探しても無駄よ。ぷぷぷ、アホヅラ丸出し、その名は四月一日。”」「今の絶対てめェのセリフだろッ!?」「“by モコナ”」「モコナかよッ!!」「“and マル モロ”」「嘘付けッ!! あいつら字ィ書けるのかよッ!?」」…ここまでネタを仕込んでいる手紙も凄いですな。(^^;;;;; 「「…へぇ……、…ってゆーか、皆してアホってゆーなぁぁぁッッ!!」」…一瞬でもマルやマロの字に感心した四月一日の負けです。
 

http://www3.to/katoocom/

 


先日ネットで見付けた百目鬼×四月一日本(笑) (2/2)  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 6日(日)19時37分0秒
   
 「「ひぃぃ、でもやぁだぁ〜」」…好んでもいないけれども、満更でも無さそうな百目鬼?(^^;;;
 「「何だこれ…?」「百鬼夜行かな」「妖怪や九十九神が灯りを持って行進するっていう、あの…?」「ああ。江戸時代の画家が描いたものだな。画図『百鬼夜行』」」…『千と千尋の神隠し(宮崎 駿スタジオジブリ東宝)を彷彿させます。
 「「気分は?」「ああ?」「変な匂いがしたりとか、吐きそうになったりとか」「いや? 別に」「と言う事は、百鬼夜行に参加してるのは悪いもんじゃ無ぇんだな」「…そうなのか?」「お前が目の前に来ても具合悪くならなかった奴らは、お前に悪意を向けたりしなかっただろ。…ま、多少危険な目に遭わされたりもしたが…」「…、そうかもしんねぇけど…、これもそうかは判んねぇじゃねぇかよ…!」「判るだろ、“お前”には。“いいもの”と“悪いもの”の」「……、何でそう思うんだよ…!? 根拠は!?」「無い」「無いのかよッ!?」」…んー、まぁ、折角、CLAMP先生が唆してくれている訳ですし、ここは百目鬼が四月一日を信用していると解釈しておきましょう。(苦笑)
 「「でかいな…」「すげぇ…」」…これがまたOPに出て来る大樹ですか。
 「「…人間?」「人間」「人間だぁ!」「どうして人間がァ!?」「よりよってこんな処に…」「有り得ない」「でも実際にここにいる!」「何故ホオズキを持ってるのかしら」「それよりこの人間達をどうすんの!?」「どうするの?」「どうしよう…」「困ったなぁ…!」「何しろ人間だからなぁ」「当てられちゃう」「害が及んだらコトよ!?」「だよね?」「敵みたいなもんだし!」「って事は…」「やっぱり…」「しょうがないね…!?」」…今度は『モンスターズ・インク(原題:MONSTERS,INC.)(Walt Disney PicturesPIXAR Animation StudiosDarla K. AndersonPete Docter)な感じ。
 「「あれは…!」「ワタヌキとやらともう1人!」「人間のくせに何でこんな処にいるんだ?」「追われているという事は…やっぱり悪い奴だったのか」「喰われるみたいだな」「いい気味だ。しかしどうする? 喰われたら、きっと泣くぞ?」「知らせにゃなるまい…。二手に分かれるぞっ!」「おうッ!」」…なかなか面白い展開になってきました。
 「「おい!」「…!?」「こんなとこで何やってんだ?」「お前は鴉天狗!」「呼び捨てにするな! “キースさん”と呼べ!」「変な顔しやがって!」「人間やめたのか?」「違うわ!」」…“人間やめたのか?”とはいいセリフですな。「「いいからとっとと助けろ!」バシッ「極悪人の癖に偉そうに言うな。お前みたいな奴助けたら、俺達まで悪人にされるわ。助かりたかったら勝手にやれッ!」」…この鴉天狗、なかなか頭が良いです。自分が直接手を貸さず、四月一日が自ら逃れる手段のみを差し出す。彼らはどれもこれも性格が似ているようで、実は理知的であったり、そうで無かったりという違いがあるようですね。
 「「待ってッ!!」「…!?」「ハァハァハァ…」「…君は!? おでん屋さんの…」「ハァハァ…、この人、いい人なのッ! だから食べちゃわないで下さいッ!」「いい人?」「嘘だ」「証拠は?」「お父さんのおでん、おいしいって言ってくれたの! それに…、この人にこれ貰ったのッ!!」「おおっ、破邪矢だ!」「これは見事な…!」「清い魂を持った者の心が篭っている…!」「我々に害をなす邪気を払ってくれる…」「いいお守りだ!」「本当に凄くいい人なの! だから、お願いッ!!」」…狐の子、再登場。『ツバサクロニクル(CLAMP,講談社,NHKNHK教育)が全作品を通じてのスターシステムならば『HOLiC』は作品中の新キャラクターを繰り返し使う事を目指している…という事なのかな。
 「「どうしてここにいたんですか。…来なくても、甘露はこいつがちゃんと店に持って行ったでしょう。でも、あなたは待っていた。…俺が一緒にいたからですか」「……」「俺をあなたの店には入れたく無いからですか」「…気付いてたのね…? …入る必要が無いからよ」「…」「私の店は、ここであって、ここでは無い処ににある。入って来られたのは、あの店に来る必要があった者達だけ」「こいつは入る必要があったって事ですか」「ええ。あの店はね、これから起こる事の為に構えたものなの。だから四月一日が来た…。……この世に偶然は無い……。…全ては“ヒツゼン”だから…」」…物凄く意味深長なセリフです。百目鬼は嫉妬をしている訳では無く、何かを隠しているように思える侑子に、不信感とは違うものの、それに似た感情を抱いているのでしょう。
 

http://www3.to/katoocom/

 


今迄と違って賑やかさに欠ける…? 投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 6日(日)21時09分08秒D

 
 『(SprayVisualArt's東京キッズ,BL学園応援部,インターチャネルジェネオンエンタテインメントエー・ティー・エックスフロンティアワークス,クレイ,東京電化)
 第6話「デート日和」(※以下、チバテレビ放映分を元に感想記事を書いています)
 「「卓人…! もう少しだ…」「…これか…?」「いや、そうじゃない…」「篠宮…、やっぱり俺には無理だ…」「そんなことは無い。お前にも出来る!」「じゃあもう一度やってみる…、んんっ!」「だ、だめだ! そこは…!」「でも、ここはこうしないと…!」「…溢れそうだ…!」「…篠宮…」」…今回の冒頭のフェイクえっち。そのオチは…「「やっぱり、俺達に雨漏りの修理は無理だったんじゃないか…?」「うむ…、仕方が無い。業者に頼むしか無いな…」」…この学園、雨漏りするのかよッッッ!!(^^;;;;;;(濡れるんですよ(謎))
 「ドンドン…「啓太…?」「びっくりしたよ。起きたらこの雨だろ? はい!」「むむっ」「ついでに和希の分もと思ってさ!」「ぁぁ、サンキュ! 何とかセーフだな」「ハハ、感謝したまえ!」」…まるで“隣の奥さん”です。
 「「ぐっもーにん☆ ハニー!」「あ…」━━「成瀬先輩だ。朝からアグレッシブだな!」「アグレッシブだ!」━━「あ、おはようございます、成瀬さん」「そんなに口に入れると、喉に詰らせちゃうよ? はい、お茶」「あの、成瀬さん! 他にも席は空いているように見えるんですが…!」「…この天気で、朝の練習もお休みなんだ。でもお蔭で、ハニーとネーニングデートを楽しめたから良しとしないとねぇ? はい、あーん…」「何してるんですかっ!? それに“デート”ってって何ですかっ!?」━━「流石だな! 相手に隙を与えない!」「その暇も無い!」」…渉に翔、何をウォッチングしているんだか。(^^;;;;
 「「時に理事長。先日の跳ね橋事故の原因は何でも、セキュリティーの誤作動だったそうじゃないですか。あれは確かあなたが作らせたシステムでしたよねぇ?」「それに付いては、早急に調べましたよ」「っ!」「当初は生徒の悪戯が原因とされていましたが、先の調査で、別の原因が見えてきました」「ほぅ…、それはどのような?」「来週末の会議には、報告出来る筈です」「いずれにしろ、ご自慢のセキュリティーに重大な欠陥が見付かれば、学園の責任者として鈴菱グループ全体の信用に関わる問題となる! そうならないように、しっかりと学内の安全には気を配って頂きたいものですな…!」」…学園の暗部。この男も色々といけ好かない雰囲気が。
 「「全寮制ってのも考え物だな…」」…いずれバレるであろう、和希の素性。
 「「君が伊藤 啓太かね…?」……「…退学…、…何で…どうして俺が…」……「いない…。和希…、俺…どうしたら…」」…物語は急展開を…!? 和希を陥れる為の久我沼の一手なのでしょうが、跳ね橋の一件も解決していないのに、どうなる事か。
 はむはむヘヴン「「いっただきまーす、んぐんぐっ…んんっ!? 喉に骨が刺さったはむぅーっ!」「どうしたはむっ!? 大丈夫はむか!?」「ま、松岡先生!」「おお、それは大変はむ。それじゃあ喉を切り裂いて、骨を取り出してあげよう」「だ! ダメはむ! 手術はしなくていいはむ!」「そう言えば昔もこうやってよく和希くんと遊んだはむ」「昔って…、ぇ…、ええっ!? 和希とお医者さんごっこ!?」「あっはっは…、彼はとっても物覚えがいいコでねぇ〜」「へぇ〜…って、そんな場合じゃないはむ! た、助けてぇぇぇ…。…あれ、骨が取れたはむ…。助かったはむ!」「残念…。じゃあ、ステキなイイ薬(毒)をあげようね」「いつか殺されるはむ…」「啓太に突き付けられた退学勧告。一体学園に何が起きているのか!? 次週、学園ヘヴン、第7話、「不安の在処」。保健室で、僕はいつでも待っているはむ」」…回想(?)の和希に萌え。(^^;;;;(←外道腐男子)
 

http://www3.to/katoo.com/


写真撮影禁止=無断複製禁止 投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 6日(日)23時32分08秒D

 
 『アラビア語会話(NHKNHK教育)、第18課。
 「السلام عليكم! أهلا وسهلا! ـこんにちは、ياناغيّا كاروكوです。さ、世界で一番複雑な迷路、迷宮の都、モロッコの古き都フェズ。1000年以上の長きに渡って、その美しい姿を留めてきました。人生に迷わずに、その街の道で…迷いたい…! 番組の…後半で!」
 「「それでね、今日はهل يمكن أن أصور؟ ـ、“写真を撮ってもいいですか?”という文章に注目して欲しいんですけど」「ま、هلっていうのはね、疑問文の…よく出て来たあれですよね」「そうそうそうそう、これはもう、ちゃんと覚えて貰ってますね?」」…يمكنはめっさよく使う単語なので、今迄の番組で出てこなかったのが不思議なくらいです。口語ではممكنを使うでしょうが…、まぁ、この単語、響きも特徴があるので判るでしょうね。
 「「ところで、この文章。どんな風になっているか判りますか?」「え…? 何か、“写真を撮影”とか言ってんだけど…、何かでも、そんな言葉も出てなかったなぁ…?」「写真って言葉が出てなかった?」「う〜ん…」「“写真”って、صورةでしたよね? でね? “写真撮影をすること”はتصوير、で、“私は写真を撮る”がأصورなんですよ」」…この説明は…今回の講座のように、特に語根に付いて掘り下げていないカリキュラムの場合、誤解を招きそうだなぁ…。
 「「で、今日注目して欲しいのはيمكن أنという部分なんですね。أريد أنって覚えてますか?」「はい。えー…、“何々が欲しい”」「“何々が欲しい”,“何々したい”。أريدが“欲しい”」「そうだそうだ」「أريد أنプラス動詞で“何々したい”という文章になるんでしたね。このيمكن أنっていうのはね、それに似てるんですね。يمكن أنプラス動詞で“私は何々する事が出来る”という事になる訳です。で、هل يمكن أنで“何々してもいいですか?”になる訳です。でأنに続く動詞が“私(1人称)”の動詞」」…そうそう。يمكنيなんて使い方もありますけれど、ここはもう、接続詞أنを使ったأريد أنとペアで覚えてしまった方が吉。どうせならば何故にامكنが1人称でもيمكنなのか、とか、そういう辺りもやって欲しい処ですが、変に混乱させる気もしますし、文法が気になる人は恐らく動詞の活用が身に付いている人でしょうし、そういう人は辞書を調べてね♪、で、良いかもしれません。
 「「今日はですね、“禁止”の表現をたっぷりと、練習してみたいと思います」「判りました!」「で、スキットの中では、もう既に1つ出ていますよね。التصوير ممنوع、“写真撮影は禁止されている”という意味なんです。で、この仕組。ちよっと見てみたいと思います。ممنوعがポイントで、“禁止されていること”という名詞なんです。禁止されている何かを言ってからممنوعを付けると“何々は禁止されている”という意味になります」」…そのまま形容詞になり、語順を入れ換えるとإضافة構文になって、「禁止されている何々」。まぁ訳した意味は変わらないのですが。
 「「さて花緑さん。今日のスキットの中にانظري、“御覧なさい”という言葉が出て来ました。これは命令形なんですね。という訳で今日はちょっと命令形をやりたいと思いますが…、えーと、そうですね、じゃあまず“飲みなさい”、或いは“飲んで下さい”という命令形をやりましょう」「はい」「じゃ、まず…、“飲む”っていう動詞ですね。この動詞の原形はشَرِبَなんですね。つまり、子音が3つあります。ش،ر،ب、で、“飲みなさい”、これ男性に言う時はاِشْرَبْ、女性に言う時はاِشْرَبِي。で、これ、もう少し分析してみましょう。命令形にはパターンがあるんですね。で、さて、3つ子音のある動詞の原形、この3つの子音をある一定のパターンにきせるんです。で、そうするとألفを付けてiという…、iを付けて、最初の子音にはسكونが付いて無母音。次の子音は…、2番目の子音はفتحةが付いて、aという母音。で、最後はسكونが付いてまた無母音。اِشْرَبْという訳なんですね。で、女性の場合は最後にـِيが付いてاِشْرَبِيとなる訳です。じゃあね、“行く”って何て言うんでしたっけ」「え、ذهب」「うん、ذَهَبَが原形ですね。で、そうすると“行きなさい”は何になるんでしょう?」「اِذْهَبْ」「女性だったら?」「اِذْهَبِي」「で、あの、さっきね、最初にiを付けるって言ったんですけれども、これねあのね、動詞によっては最初にuを付ける。つまりألفなんだけれどもuと発音するという動詞もあるんです」「ほうほうほう」「例えばكَتَبَ、“書く”という動詞は“書きなさい”と言う時はاِكْتَبْじゃなくてاُكْتُبْになるんです。で、このاُكْتُبِيって形はまさに今日出て来たانظريと同じなんですね。اُكْتُبْاُكْتُبِيです。اُنْظُرِي、男性だったらاُنْظُرْ。で、他にもね、動詞によって、命令形が変わる事は…あるんですけれども、色んな形があるんですけれども、一番基本的なのがこれ。まずこれから覚えましょう」「はい」」…オンゾゥルルラギッタンディスカー! ま、冗談はさておき(笑)、これは簡潔でそれなりに判り易い。何が違うのかと思えば、説明にアリフバーを用いるかどうか、なんですね。たぶんNHK側としては入門者はアリフバーよりもカタカナの方が判り良いだろうという判断なのでしょうが…、まぁ、それは否定はしませんが、カタカナだけでなく、ちゃんとアリフバーを書くようにすれば、もっと判り良い気がするのですけれどもねぇ。
 アラブの風「「町の玄関口には様々な店が犇(ひし)めき合っています。سوقと呼ばれる市場です」」…おいおいおいおい、ちょっと待て! そりゃ、他の一般向けの番組での解説ならばそれでも良いでしょうけれども、亜語講座でその説明は問題アリですよッ! 「سوقと呼ばれる市場」じゃ無くて、سوقというのが「市場」という意味なんですってば!
 「「番組の最後はですね、お国ことばのコーナーです。アンミーヤです」「今日は何でしょう」「今日はですね、あの…“いいよ”,“問題無い”という意味の、言葉ですね。まぁ、これはフスハーではلا مشكلةと言うんですが、アンミーヤではですね…、早速、どのように表現されるか、VTR、ご覧下さい」━━(シリア レバノン地域)「マー フィー ムシュケル?」━━(エジプト)「マフィーシュ ムシュケラ」━━(湾岸地域)「マー フィー ムシュケラ」━━「どうですか、花緑さん」「あー、مشكلةとかはだいたい一緒なんだね。その前が、ちょっと違うんだね」「そうだね。で、謝られた時にはما في مشكلة」「そうそうそう、謝られた時の返事として使いますね」「そういう使い方もあるんですね」「成程」「はい」「これをスラスラ言えるように」「ね、是非」」…مشكلةもニュースで良く出て来る言葉である上、「虫けら」に良く似た響きで、何という意味なのだろうと調べた記憶があります。سياسيもそうでしたが、ニュースによく出て来る単語には、特徴的な響きを持つ語が多く、興味から辞書で調べる機会も出て来ます。流石にسياسيは日常会話では余り使わないかもですが━━加藤は使いそうですけど(苦笑)━━覚える単語がもりもり増えていくので、勉強になります。
 

http://www3.to/katoo.com/


夏の夜ばなし (1/2)  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 9日(水)02時03分35秒
   
 2006年8月7日。
 【2006年8月6日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 238通、 935.34KB。
          (▲ 6.5▲  6.73)
 日本語スパムメール  33通、 431.30KB。
          (▽ 2.5▽  0.95)
 
 『ブラック・ジャック21(手塚 治虫秋田書店よみうりテレビ日本テレビ)
 21−14(通算Karte:75)(録画ミス。水野 夢絵さんより補完)
 「「『ブラック・ジャック21』!! 謎の組織の恐るべき陰謀! 恐怖の奇病・フェニックス病と父・間 影三との因縁とは!? ジャングルの奥地で全てを知る男、ドクター・クーマが真実を語る!」
 「父、間 影三の再会の直後から、私の命を狙う謎の組織! 陰謀を暴く為の鍵、“ノワール・プロジェクト”。それは、永遠の命を研究する機関だった! …21年前、父は何故、母と私を捨て研究に参加したのか…。その鍵を握る男達が、フェニックス病で次々と息絶えていく中、全てを知ると云うドクター・クーマに会う為アフリカへ! そして今、ジャングルの奥地へと分け入る!」…「恐怖のフェニックス病 手塚治虫 原作「ブラックジャック病」」…原作第208話(1978年3月作品)。予想通り。という事はこの次はやっぱり同第209話「落下物」(同4月作品)なのかな?
 「「ちぇんちぇい誰もいないよ? それに何か変な臭いがするのよさー」「…! ピノコ、ヘリに戻っていなさい」「え? 何で?」「いいから、戻るんだ! …えいっ! …これは…! 脳梗塞! ガン! 心筋梗塞! 全て死因が違う。こんな様々な病気が一斉に発生して死ぬ事なんて…、…まさか!」」…加藤がケチを付けたから…という訳でも無いのでしょうが、今回はちゃんと肌黒いキャラクターが登場しています。…が、アフリカ人というよりアメリカインディオのように見えます…。
 「「ちぇんちぇい、どうだった?」」…のんびり屋、ピノコ。「「この村はもうダメだ!」「だぁから言ったじゃねぇか。この辺りの村々は流行病(はやりやまい)でやられてんだ。あんたの探してるクーマって医者も、どこかに逃げ出してるよ」」…第1期『BJ』「Karte:43 ちぢむ!」(原作第51話「ちぢむ!!」(1974年12月作品))を思い起こさせます。「「…この近くに別の村は無いか?」「「まだ探すってのか!?」「カネなら幾らでも出す! 行ってくれ!」」…相変わらず、カネに糸目は付けないBJ。
 「「ここまでだ! ジャングルを西に3時間も歩けばアーノル村に着く!」「しゃっ! 3(しゃん)時間!? アッチョンブリケー!」「メールをくれれば、迎えに来るぜぇ!?」「ちょ、ちょっと──っ!」」…カネよりBJの“我侭”に付き合いきれないのか、病気が怖いのか。
 「「何かライオン(ライヨン)でも出て来そうなとこなのよさ」「ジャングルにはライオンはいないよ」」…トラはいるかもですが。あと、マンガではライオンが出て来てもあんまり不思議は…。
 「「帰ってくれ! クーマなんて関わりたく無い」「悪魔の医者の仲間か! 出て行け!」」…黒い医者には違い無い。
 「「ほんとにこんなとこにいる(いゆ)の?」「うん! クーマ先生はお母さんを助けてくれた事があるの。ほら! あそこ!」「うん?」「…これは、古代遺跡か!」「私達の先祖が住んでたんですって。お爺ちゃんが言ってた」「なんだか(なんやか)ぼろっちい(ぼよっちい)のよさ」「近いにこういう処って、いっぱいあるよ?」」…またしても写楽が出て来そうな雰囲気…。
 

http://www3.to/katoocom/

 


夏の夜ばなし (2/2)  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 9日(水)02時05分55秒
   
 「「“ノワール・プロジェクト”と、君とはどのような関係が?」「間 影三は、私の父です」「!? 君が、影三の…!?」「ドクター、教えて下さい。“ノワール・プロジェクト”とは」「………。よかろう、君には知る権利がある。“ノワール・プロジェクト”の全てを…。もう、30年以上も前、世界の高名な医師達が集められ、医学の未来を…いや、人類の未来を方向付ける壮大なプロジェクトが、発足した。人工臓器開発をメインとした、シュタイン博士と君の父親、間 影三。ガン治療スペシャリストであるクロイツェル博士。薬品の開発をメインとしたジョルジュ博士。そして、臓器移植をメインとした本間医師と、その助手を務めていた私。最後に、それらの医師を統括する全 満徳がいた。それぞれの医師は、各方面から生命の可能性と限界にアプローチしていたのだ。これが後に“ノワール・プロジェクト”と呼ばれる事になる…。ある時、ジョルジュ博士が偶然に発見したウィルスが、プロジェクトの方針を大きく狂わした」━━「このウィルスは、限られた条件の中ではあるが、自らの力で電気を作り出す事が出来る。これを人工臓器の電源に流用すれば━━!」パチパチ…━━「ジョルジュ博士はこの発電ウィルスを、“Blood of Phoenix”、通称“BOP”と名付け、発見を喜んだ。だが…、本間先生だけはこの発見に異論を唱えたのだ」━━「やはり本格的に実用化するには、十分な研究と実験が必要だ!」「本間くん。君自身の手で何例も移植を成功させているでは無いか」「しかし…!」「プロジェクトは動き出したのだよ。もう止める事は出来無い」「私も同感だ」━━「孤立した本間先生は研究所を追われる事になった━━」━━「本間先生。私はBOPの可能性を、信じたいと、思います」「君は、君の道を歩むが良い」━━「私は、本間先生の後任として、移植手術担当医となった。人工心臓の移植手術は次々と成功し、学会発表の時期も、秒読み段階だった…。そんな時、移植手術を受けた者が次々と、謎の病で倒れた…! それが、あの“本間血腫”だったのだ! 本間先生が危惧していたように、人工心臓の電源に流用していた発電ウィルスBOPと因果関係があると思われたが、治療法は見付けられず━━」━━「先生が移植した人工心臓が原因であると、噂されていますが…?」「手術は、人体実験だったのですか!?」━━「やがて本間先生は自分一人で責任を取り、自ら一線を退いた…。問題発覚を恐れた他のプロジェクトメンバーは、全ての研究を秘密裏に、闇へと葬り去った。原因追求をしていた本間先生も、研究を断念するしか無かったのだ…」「では…、本間先生は…」「ああ…。本間先生に責任は無い! 最後まで、たった1人で、謎の病気と戦った、勇気ある医師だ!」「……(本間先生…!)」「私もその後、自ら、医学界を離れ、この土地に落ち付き、十分な医療が受けられぬ人々や、レッド・データ・アニマルズを保護する為に、働いている。話はそれだけだ…」」…成程、辻褄は合っています。
 「「待って下さい。もう一つ伺いたい。プロジェクトと、“フェニックス病”の関係を…!」「!? 何故、君がその病気の事を…!?」「シュタイン博士、そしてジョルジュ博士も、フェニックス病で亡くなりました」「な、何だと、あの2人が…!?」「もしや、この地域に広がっている病気はフェニックス病では!?」「……」……「この地にフェニックス病を持ち込んだ、この私へのな…」「あなたが、フェニックス病を…?」「実は、数年前、全 満徳が私の前に現れたのだ…」━━「ドクター・クーマ…」「…?」「探したよ」……「何ですって!?」「絶滅に迫られている野生動物に、BOPを試して欲しいのだ」「何故、BOPを…?」「ドクター・ジョルジュの、研究の結果、あの、発電ウィルスには老化促進を遅らせる働きがある事が判った」「老化を…止める!?」「そうだ。これを使えば身体が衰える事なく永遠の命を手に入れる事が出来る」「ぃ…、しかし!」「大丈夫。安全性は確められている。後は結果だけなのだよ」「何故この私に…?」「滅び行く動物達を…、難病で苦しむ人を救いたいだろう…? BOPは人類の、いや地球上全ての生き物にとっての希望なのだ」「……っ…」━━「私は、言われるが侭に、動物達にBOPを投与した。当初は、驚くべき程の成果をあげ、報告を受けた全 満徳は喜んだ。しかし、1年も経つと……次々と、BOPを投与した動物達が倒れていった。嘗ての本間血腫のように。それと同じくして近隣の村人達が体調を崩し、私のもとに…やって来た…。ある者はガン、そして脳梗塞、心筋梗塞と病状は様々で、本間血腫とは大きな違いがあった。私は、この病の原因を突き止めようと研究を続け、そして見付けた…。進化した、BOPウィルスを…!」「進化ですって!?」「ああ…、より感染力が強く、強暴なウィルスとなって再び、私の目の前に現れたのだ…ゴホゴホ…ッ…! その後、私はフェニックス病の血清作りに明け暮れた…。1人、遺跡に棲み…ゴホゴホッ…、だが、フェニックス病は、日に日に進化し…ぐぅっ…!」「ドクターっ!」「…全 満徳は危険を承知で私に近付いて来た。この大地に生きる者全てが実験動物だった……。…うぉぉっ…!」」…それで“フェニックス病”なのか。「「ドクター! あなたはまた逃げるんですか! フェニックス病は今も確実に拡まっている! それを食止める責任がある筈だ!!」「…ブラック・ジャック…!」」…クーマの“罪”は判った。それでも彼でなければ病を食止める事は出来無い。
 「「ブラック・ジャック…! 何故私を…」「ドクター・クーマ。あなたはこの村に必要な人だ」「……っっ」「ほら見て?」「クーマ先生を助ける為に、皆が血をくれたの!」「…ゎ…私を…!」「ああ、この村にとって、先生は、大切なお医者さんだからね」「…ぁぁぁ…、ありがとう…」」…写楽のそっくりさん発見。
 「「先生ッ! 伝言だァッ!! あんたの父親が、危篤だそうだ! 今直ぐ、来て欲しいと!」「…ぇ…!?」」…次回予告「「謎の組織の恐るべき陰謀! 父、間 影三、危篤の報せ! 黒幕との直接対決の幕が開く! 『ブラック・ジャック21』、8月14日、夜7時放送! 21年前の真実とは…!?」」…Next Karte「BJ父親の真実」…BJの父の危篤。これはもう、原作第233話「骨肉」(1979年9月作品)しかありません。…となると、紅蜥蜴の素性も絡んできそうですか。…21年前の真実? 例の“不発弾事故”の事か。最早、「原作では…」というのは考えるだけ無駄ですが、原作第115話「不発弾」(1976年3月作品)や、同195話「二人目がいた」(1977年12月作品)との絡みも気になります。何より、紅蜥蜴の素性は、アニメ版では恐らく原作第231話「復しゅうこそわが命」(1979年1月作品)も絡めてくるでしょうから、ラスト3回でこれらをどのように繋げてくるかが注目です。ふむ…、最終回は読めてきましたよ…、まさか、『BJ21』って実は………って事!?
 

http://www3.to/katoocom/

 


無骨な金管合奏  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月 9日(水)02時48分12秒
   
 2006年8月8日。
 【2006年8月7日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 220通、 990.49KB。
          (▽ 18 ▲ 55.15)
 日本語スパムメール  35通、 378.14KB。
          (▲ 2 ▽ 53.16)
 
志田未来が中学生妊娠ドラマ(スポーツ報知)(8日6時5分)
志田未来、14歳の母…衝撃ドラマで初ヒロイン(スポーツ報知)(8日11時57分)

 
 「日本テレビ「女王の教室」などで脚光を浴びた女優志田未来(13)が、10月スタートの同局の連続ドラマ「14歳の母(仮題)」(水曜後10・00)に初主演することになった。14歳で恋人の子を身ごもり、母になる決意をする女子中学生役。衝撃的な内容だけに、同局は賛否両論覚悟で臨む。志田が、15歳の恋人の子を妊娠し、両親、教師、友達、恋人に出産を反対されて孤立しながらも、あきらめない少女・未希を体当たりで演じる。「今の自分には全然、想像できないすごく難しい内容だと思うのですが、“命”とか“愛”という大切なことを伝えるドラマです」と説明。「私自身が見たいなぁというお話。頑張りますので、皆さんもぜひ見てください」と話す。番組の村瀬健プロデューサーが、小学6年生から高校生まで約40人の女優に会った上で抜てき。村瀬氏は「喜怒哀楽の表情がとてつもなく素晴らしいことと、幼さに引かれた」と語る。大人顔負けの演技力と対照的に、素顔の志田はあどけなさが残る少女。未希もごく普通の家庭に育ったどこにでもいる中学生で、援助交際などではなく恋人との1度の行為で身ごもる役柄だ。未希が出産できるかどうかは終盤まで分からない。命の大切さを知り、成長する主人公とともに、両親や教師、学校など周囲も丹念に描き、民放局では少なくなった社会派ヒューマンドラマを目指す。脚本の井上由美子氏は「問題作としてとらえる方も多いはず。それでもいいと思います。命は誰のものなの?本当にかけがえのない大切なものなの?と、考えてみてほしい」としている。同局は「ご意見をどんどん頂きたい」(村瀬氏)と批判も覚悟。番組ホームページ(HP)などで意見を募る予定。天海祐希(39)が鬼教師を演じ、最終回で25・3%の高視聴率を記録した「女王の教室」はHPに約12万件の書き込みが殺到、賛否両論が起きた。「14歳…」はこれを超える反響も予想される。
 『3年B組金八先生(TBS)でもほぼ毎シリーズ出て来たテーマであるし、内容自体は放映が始まってからでなければ論じられないでしょうが、単に題材だけを言うのであれば、何を今更騒ぐ事が…という気がしないでも。
 ちなみにこの手のテーマで加藤が個人的に最も意欲的なドラマ作品だったと考えているのが『この指とまれ!!』(井上 由美子NHK)です。妊娠そのものこそ出て来ませんが、クラスメートに、父親がラブホテル経営者である女の子があって、皆から冷やかされ、そんな中、クラス担任は性の何たるかを解く…などという話があったりしました。このドラマ、これに限らず、様々な社会問題・教育問題等を、小学校の教室を舞台にして痛烈に描いた作品で、NHKの短期ドラマシリーズの中では傑作中の傑作だと思っているのですが…と、言うか、ある意味、怪作。くだんの少女はラブホテルの一室を自分の部屋としているのですが、“玩具”が出て来て先生が慌てる、などという描写もあったりした…にも関わらず、このドラマの評判はかなり高く、それだけ内容が良かったのだろうと思います。残念ながらここ最近、こういう作品は民法を含めて見当たらない気がします。
 

http://www3.to/katoocom/

 


個人情報の早漏  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月10日(木)01時51分14秒
   
 2006年8月9日。
 【2006年8月8日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 229通、 865.41KB。
          (▲ 9 ▽ 125.08)
 日本語スパムメール  29通、 303.29KB。
          (▽ 6 ▽ 74.85)
 
 本日のネタスパム。サブジェクト名「恋愛恐怖症。」、本文抜粋「はじめまして。なおりといいます。仮性包茎だと聞いてメールしています。なおり、仮性包茎の男が好きなので。エッチしたぃなあ。ていうか、仮性包茎のチンポしゃぶりたい。だって皮かぶってるチンポってかわぃぃんだもんでも、あたしがそっちを気に入っても、そっちがあたしを気に入るとは限らないよね?」…流出しようも無い個人情報の流出。(笑) ま、冗談は置いといて。こんなメールに引っ掛かる奴っているのか…?
 

http://www3.to/katoocom/

 


今の『マガジン』のスポーツマンガは『はじめの一歩』以外は皆美少年w  投稿者:加藤 義啓  投稿日: 8月10日(木)03時40分58秒
   
 『(大暮 維人町田 形講談社東映アニメーションマーベラスエンターテイメント,エア・ギア製作委員会)
 「Trick:18」
 「「こ…こんな…絞め技…!」「黒ブタ! 己の体重が、完全に仇となっているゥ! 動けば動く程、もがけばもがく程、深く絞まって逝くゥ!」「…あれ…おかしいな…」」…レンズフレアもまともに描けんのか…。
 「ゴインッ!「ぎゃぇぇぇぇぇっっっっっ!!」「フゥッ! これは痛過ぎる! 痛過ぎる一撃ィィィッ! まさにィ、秒殺ゥ! 予告通り、あっと言う間に天国から地獄送りだァ!」」…オニギリの場合、そんなATの履き方をしているのが悪いと思うんだが…。(苦笑)
 「「おおっとォ、元・牙の王、どうしたァ!?」「どうした、アギト。もうおわりか?」「…、訳ゃ無ェだろ…!」━━「アギトくん…」━━「思い出すなぁ…、亜紀人。俺らはここで…何もかも無くした…。フフ…、フフフフ…、けど皮肉だぜ。ここを出たお蔭で“空”に会えた…!」「もう二度とお前が見る“空”は無い。腐り果てろ。この檻の中で」「フ…、俺は最初からそのつもりさ! 俺はただ堕ちて逝く! 一緒に連れてってやるぜ、アキラ! …井戸の底になッ!!」」…いつだかの“井の中の蛙”との対比。「「(亜紀人…。最初で最後のプレゼントだぜ…。…まどろんだ意識の中で、誰かが助けを呼んでた…。何故か、その声だけははっきり聴こえていた。その時にはもう、俺にははっきり判ってたんだ…。俺は、こいつを守る。その為だけに…生まれてきたのだと…)」」…ところでここ最近、急激にアギト/亜紀人に、とある方面で人気沸騰中。━━
 
としあき汎用保管庫サーバホモホモおちんちんランド板
→「1150506955698.gif」スレッド

 
━━(^^;;;;
 「「(俺は無敵だった…。無敵になるのは難しくなかったぜ。俺達を取巻く全ての敵に牙を立て続ければ良かった。血溜りの底で、いつしか“王”と呼ばれる時まで…━━)…ぐぅっ!! しまっ…!! ぐゎっっ!! (…あれはいつからだ…? あの夢を見るようになったのは…。この身体が、思うように動かなくなってきたのは…) ぐぅぅぅッッ!! (…この日が来るのは…生まれた時から知ってたさ…。…1つの身体に…2つの人格…。そんなもの、いつまでも持つ訳が無い…。俺の存在が…亜紀人を蝕んでいく…。俺は今日限り消えるよ…。亜紀人…)」」…アニメ版は終りも近付いていますし、まさかと思いますが、マジで“アギト”の遺言…?
 「「アーギトー! 何やってんだよ、井戸の底で潰れたカエルみてぇなツラしやがって!」「……!」」…しつこい程に“井戸の中の蛙”の伏線。「「ま、無理も無ぇけどなァ。こんな薄暗ぇ檻中でウジウジしてりゃ気も滅入るわ!」「…カラスッ!」「…忘れてるみてぇだからよ、もう1回教えてやるよ。“空の飛び方”ってヤツをよ…!」「…こりゃ何の真似だ、カラス!」「な、作ったぜ、“空”を」ガンッ!「んな事ァ訊いてねェ!! 殺すぞ!! チームで一番のヘタクソが、俺をヒーロー気取りで助けにでも来たつもりかよッ!? 舐めじゃねェッ!! …頼まれたんだろ…、亜紀人に…。そうなんだろ、カラス…!?」」…ある意味、亜紀人への敗北と屈辱。「━━「生まれた事が、こんなにも嬉しい事だったなんて。この幸せが、いつまでも続けばいいな…、なんてね、あはは…」「……」「そんな事、無理に決まってるんだけど…」「どういう意味だ」「……、お願いがあるんだ…。アギトを…止めて…」「ぇ…?」「…昔ね…、もうずっと前の事なんだけど、“牙の王”と言われてたのは、アギトじゃ無くて僕の方なの。小っちゃい頃から海人お兄ちゃんに、毎日厳しい練習させられて…。あ、ううん、でもその頃は凄く楽しかったし、全然辛くなかった…。あの時のお兄ちゃんの目的。何故、僕をこうしたのか知るまでは…」━━「亜紀人よくやった…! 完成だ…!」「…!!」━━「その日から…僕は走れなくなった。…そんな時、声が聞えてきたんだ…」━━「何だよ、お前。走れないのか…」「…!?」「じゃあ、俺が代わりに走ってやるよ」」…女性キャラはカライ修正が入るのに、少年キャラはスルー。(^^;;;; 「「ハイッ! ハイッ! ハイッ! ハイッ!! トリックマスタードロップッッ!!」「たぁっ!!」「ったくー、亜紀人に頼まれただと? んな事ぁどうでもいいんだ」「〜〜ッ」「俺はただ、そこのウンコ目があんまり弱ぇんで、突っ込ませて貰おうと思っただけだ」「ッッ!! アホか!! これは“キューブ”だぞ!! 1対1のバトル━━!!」「折角のチーム戦なんだ。たまにはツルんでやんのも…悪かねぇぞ?」「……! (…この…スーパーファッキンバカが…!)」「(ぶっ壊した…! いや…彼のバトルはいつだってそうだった! “パーツウォウ”も“トロパイオン”も御構い無しの…ウルトラマイペース…。でも、それこそが…全てを壊す風…、暴風族(ストームライダー)…!!)」「しょうがねぇなァ…。勘違いすんなよ? 飽く迄レガリアの為だからな…!」「おう。足、引っ張んなよ、鮫野郎。…そんじゃま…」「…ブッコロッッ!!」」…という訳で、今回もほぼ原作通り。
 
 『週刊少年マガジン(講談社)のCF…「「飛雄馬が、左門が、一徹が! あの伝説の野球漫画『巨人の星』復活! 主役は、花形 満! 新解釈で描く、熱き男達のスポコン漫画! 『週刊少年マガジン』にて、連載開始!」」…『新約「巨人の星」 花形』(梶原 一騎川崎 のぼる村上 よしゆき,講談社,読売新聞社よみうりテレビ)。しっかし、元から美少年であったとは言え、あの漫画を現代版に描き直すと…こうもキャラクターが可愛らしくなるものなんだなぁ。(^^;;;;
 

http://www3.to/katoocom/

 




2006年08月11日 → 2006年08月20日



KATOO!テクノロジーに戻る

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO