KATOO!BBSバックナンバー

2006年11月01日 → 2006年11月10日



バイト辞めてきた  投稿者:今日からニート  投稿日:11月 1日(水)04時17分40秒
  だって、ここで毎日10マソ円ゲットできるからなwww
無職最高www
 


毎日10ペソ  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 3日(金)02時49分22秒
   
 暫く平和だと思ったら、何だ、この書き込み?w
 

http://www3.to/katoocom/

 


犬の子(by忌野 清志郎)  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 3日(金)02時54分20秒
   
 2006年10月31日。
 【2006年10月30日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 150通、 673.32KB。
          (▽ 4 ▲ 12.59)
 日本語スパムメール  34通、 336.43KB。
          (▲ 1 ▽ 37.83)
 
子どもの携帯電話所持に対しては賛成と反対がほぼ拮抗──ネプロジャパン(ITmediaエンタープライズ)(10月30日21時33分)
 
 「ネプロジャパンとネプロアイティは10月27日、「子供と携帯電話の関係」をテーマにしたモバイルレポートの結果を発表した。10月5日と6日の両日、3キャリア対応サイト「ザ★懸賞」でアンケート調査を実施したもので、有効回答数は3716人。【グラフ】子どもが携帯電話を所持することに対し、賛成か反対かという質問に対しては、「どちらかと言えば賛成」が30%、「賛成」24%と、賛成が5割強を占めた。なお「どちらかと言えば反対」は30%、「反対」は5%で、11%が「わからない」と回答している。携帯電話を所持させるのにふさわしい年齢については、トップが「高校1年生」で22%。以下、18%の「小学4年〜6年生」、15%の「小学1年〜3年生」、14%の「中学1年生」と続き、「子供には必要ない」および「中学2年〜3年生」がともに8%、「高校2年〜3年生」が6%、「小学生以下」が4%となった。所持させる利点は、76%が「居場所確認」、75%が「安全確保」、73%が「家族同士の連絡」としており、保護者の確認用として子どもに携帯電話を持たせる傾向があることが分かる。携帯電話を持たせることで、心配に感じることは何かという質問に対しては、「有害サイトへのアクセス」「多額の電話代」がそれぞれ83%と最多。「ゲームのやりすぎ」が57%、「犯罪に巻き込まれる」が54%、「利用時のマナー」が51%、「ネットショッピングの利用」が48%、「振り込め詐欺」が 37%と続いた。同レポートでは、子ども向け携帯電話に搭載されている使いすぎ防止対策、インターネットのアクセス制限などの機能が認知されるようになれば、携帯電話所持にふさわしいとされる年齢は、さらに低年齢化するものと予測されている。
 一見して尤もな意見に見えるのですが、よくよく考えてみると早い話が子どもへの首輪と鎖が欲しいだけ、という意味なんですよね。
 否、それは違うという声があるのは承知ですが、要約すれば「子どもを監視したい、されど子どもに自由に使わせたくない」という事になる訳で、変わりは無いのです。無論、親権者の思惑として理解出来ないものでは無いのですが、結局は、親権者は子どもを自分のモノとして見ているという本音は、ここに透けて見えている気がします。
 

http://www3.to/katoocom/

 


立てます、立ちます、立たせます  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 3日(金)03時12分32秒
   
 2006年11月1日。
 【2006年10月31日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 174通、 824.17KB。
          (▲ 24 ▲ 150.85)
 日本語スパムメール  24通、 268.26KB。
          (▽ 10 ▽ 68.17)
 
ウィキペディア
ぼくのぴこ

 
 まぁ、記事が立つとは思っていましたが、やっぱり。(笑)
 

http://www3.to/katoocom/

 


萌えを売る人  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 3日(金)04時39分26秒
   
 2006年11月2日。
 【2006年11月1日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 155通、 860.82KB。
          (▽ 19 ▲ 36.65)
 日本語スパムメール  32通、 335.34KB。
          (▲ 8 ▽ 67.08)
 
<放送倫理機構>子供対象番組に配慮要望(毎日新聞)(10月27日20時6分)
 
 「放送倫理・番組向上機構(BPO)の「放送と青少年に関する委」は、少女を性的対象にする風潮を増幅する番組が目立つとして、BPO加盟の民放各局とNHKに配慮するよう要望した。要望は、少女売春を風俗上の関心事扱いなどの番組が目立つとし、子供が対象の情報系番組制作の際は、民放連の基準を守るよう求めている。
 
日テレに「未成年者を性的対象にしている」クレーム(ZAKZAK)(11月02日)ブログ
 
 「日本テレビに、「未成年者を性的対象にしている」というクレームが舞い込んだ。折しも、妊娠する中学生を志田未来(みらい)(13)が熱演中のドラマ「14才の母」が高い評価を得ている真っただ中。ドラマとは関係ないが、余計なところでミソをつけてしまった格好だ。問題となった番組は、人気音楽バラエティー「ウタワラ」の「夏休み2時間スペシャル」(7月30日放送)。小学生以下の女子がセクシーな踊りを競い合う「チビっ子エロかわダンス選手権」というコーナーに、地方予選を勝ち抜いた2−12歳の計9組が参加した。参加者は、へそを露出した衣装や激しく腰を揺らす振り付けを披露。番組レギュラーの和田アキ子、友近らとともに、「エロかわブーム」の立役者・倖田來未(23)が審査を行った。だが、これが9月26日に行われた放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会で問題に。「親が娘の性を商品化していることに対して、自覚が足りないのではないか」「エロという言葉を子供に使ったり、日常のなかに平気で飛び交っていることに違和感があり、嘆かわしく思う」−など否定的な意見が続出した。BPOはこの審議内容を日テレに文書で報告。名指しはしなかったが、加盟する民放各局とNHKに、少女を性的対象視する番組が目立つとして、番組制作への配慮を要望した。この要望について、日テレの久保伸太郎社長は定例会見(10月30日)で「一般論として真摯に受けとめている。局長会議ではコンプライアンスの問題について注意を喚起している」と述べた。「BPOの反応は過剰だ」(放送関係者)という声もあるが、「エロかわ」はオトナにまかせた方がいい。
 
関連記事・関連ページ
放送倫理・番組向上機構(BPO)
委員会記事のあらまし 2006年9月
「少女を性的対象視する番組に関する要望」について

 
 そういう話は出て来るだろうな、とは思っていました。ただ、ZAKZAK(『夕刊フジ』)の記事は、正直産経が良く言うな、という気がしますけれどもね。
 気になると言えば、この流れの飛び火でしょうか。あえてそうした事や分野への賛否はここでは述べない、とした上で、一度は法規制で殆ど消滅した少女の性的な演出にしても、明日香女史や小林 万桜女史のTバックや緊縛が今はある訳でして、そういう意味では嘗てのような全裸描写は無いとは言え、児童エロチカは確実に存在していると言えるのですよね。
 

http://www3.to/katoocom/

 


阿修羅の如く  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 3日(金)04時48分32秒
   
衛星TVアルジャジーラが10周年=独占報道で名声、米との軋轢も(時事通信)(1日0時38分)写真ニュース
 
 「【ドーハ31日】カタールの衛星テレビ局アルジャジーラの開局から1日で10周年。旧来のアラブのテレビ報道スタイルから脱却した「アラブのCNN」とも呼ばれる同局は、今度は英語を話す視聴者に向け英語版の「アルジャジーラ・インターナショナル」を11月半ばにも放送開始する見通しだ。同局は1996年に放送をスタート。スタッフの多くは短命に終わった英BBCのアラビア語テレビ放送からの移籍だったが、2001年の米軍によるアフガニスタン攻撃時の現地独占報道や、国際テロ組織アルカイダ指導者のウサマ・ビンラディン容疑者のビデオ映像放映で世界的に有名になった。他方、これらの報道により米政府の怒りも買い、「(イラクなどの)イスラム過激派の代弁機関」と非難されているほか、同局のカブール、バグダッド両支局が米軍の攻撃を受けるなどした。昨年には、ブッシュ米大統領がドーハにある同局本社への爆撃を検討していたとする英紙報道もあった。また、同局の討論番組の出演者がサウジアラビアの王家を厳しく批判、これを受けて2002年にサウジが駐カタール大使を召還するなど、同局の放送内容が近隣諸国の反発を招き、外交関係に影響が及んだこともある。しかし、同局の関係者らは「アラブ市民に自由を与え、政府や国営放送が押し付ける多くのタブーを破ってきた」とこれまでの放送活動を自賛、「われわれはアラブ社会の腐敗や不正を暴く調査報道を始めなければならない」と意欲を見せている。
 という訳で、الجزيرة(アルジャジーラ)の関連記事を紹介するのが、矢張りここはうちの務めでしょう。特集記事も組まれています。
 まずは━━
 
メッカ時刻10月28日(ヒジュラ暦1427年シャッワール月6日)22時51分(الجزيرة(アルジャジーラ))كتاب "الجزيرة وأسرارها" يروي قصة القناة من الداخل
 
━━「著書『アルジャジーラと秘密』、番組裏話を公開」(意訳)
 うっわ、どんな内容なんでしょう!? 資料価値としても高そうです。
 
メッカ時刻11月1日(ヒジュラ暦1427年シャッワール月10日)19時42分(الجزيرة(アルジャジーラ))الجزيرة الدولية تأمل تكرار نجاحات القناة الأ
 
━━「アルジャジーラは国際テレビ局としての役割を果たすようこれからも努めます」(意訳)
 是非とも頑張って欲しいです。今や世界が注目する一大放送局。
 
メッカ時刻11月1日(ヒジュラ暦1427年シャッワール月10日)16時28分(الجزيرة(アルジャジーラ))محطات نجاح في تاريخ الجزيرة
 
━━「特集 アルジャジーラ、成功の軌跡」(意訳)
 ウェッブサイトも良いのですが、やっぱり放送を観てみたいですね。
 
メッカ時刻11月1日(ヒジュラ暦1427年シャッワール月10日)13時57分(الجزيرة(アルジャジーラ))الجزيرة تطفئ شمعتها العاشرة اليوم باحتفالية كبيرة
 
━━「お蔭様でアルジャジーラは今日、10周年を迎えました」(意訳)
 しかし、単に華々しい記事ではありません。写真のキャプションにはこんな事が書いてあります。
 「الجزيرة تدشن اليوم نصبا يخلد شهداء الصحافة (الجزيرة نت)ـ
━━「今日、10周年に際し、殉職者への黙祷を奉げます(アルジャジーラドットネット)」
 そう、この廊下に飾られている者達は、いずれも報道に命を捧げ、散って行った“戦士”達。そして、彼らを決して忘れてはならない。
 

http://www3.to/katoocom/

 


パンは小麦、ビールは麦芽  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 3日(金)04時57分10秒
   
 先週に引き続き、今回はUnited Kingdom(イギリス)のビール、『BLACK WYCH』。日本語にすると「黒魔女」ですね。魔女と言えば黒魔術師であるというイメージが強いですが、字義的には「女の賢者」であって、必ずしも黒魔術師では無いのです。ちなみに魔法を齧り掛けの使えない魔法使いの弟子の事を「half wych」と言ったりします。これは男性でもこの表現を使うらしく、何と無く性差別的な響きがある気がします。
 閑話休題。このビールはUnited KingdomのWYCHWOODというブランドのもの。ここの銘柄はいずれもあちらのファンタジーっぽい雰囲気のものばかりで、他にも3銘柄ほど買ってきましたので、順次紹介したいと思います。
 「黒魔女」と言う通り、ラベルにはカエルを摑んだ魔女が描かれています。で、ビールの方も、その名の通り黒ビールでした。味はと言うと…、うむん、黒ビールですね、当たり前ですけど。非常に呑み易く、黒ビール好きの日本人ならば、まぁほぼ全ての人がいけるのではないでしょうか。これといったクセも無く、安心して呑めます。まぁ、それだったら何も輸入品のコレを選ぶ必要も無いのでは?…等とツッコミを入れられそうですが。(^^;;;;;
 クセらしいクセは前述のように無いのですが、特徴らしいものと言えば、後味に独特の酸味が感じられました。質は違いますが、先日呑んだScotland(スコットランド)の『Islay Ales』にもあった、あれと方向的には似た酸味です。言う迄も無くScotlandはUnited Kingdomを形成する内の1つの国ですが、この独特の酸味はあちらのビールの特徴なのでしょうかね。あと、泡の寿命が結構長いです。なので、ゆっくり呑むのが好きな方にはお勧め出来るかもしれません。もともと黒ビールは腰を据えて味わいながら呑むのがビール通というもの。冬こそゆっくり、舌で転がすように黒ビールを味わいたい、という方は、一度試されてはいかがでしょうか。
 

http://www3.to/katoocom/

 


ドキュメントから思う“もしも”と“もしかしたら”  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 3日(金)20時09分15秒
   
 2006年11月3日。
 
 『NHKスペシャル シリーズ 同時3点ドキュメント(NHK)第7回 禁固542年と拉致兵士 〜レバノン紛争・家族たちの戦い〜
 この番組では、多くの国際紛争とは異なる点として、ジュネーブ条約が想定していない、ישראל(イスラエル)が国家であるのに対し、حزب الله(ヒズボラ)が民間組織である点だとされています。厳密に言えば、語弊があると言えます。حزب اللهとは「神の党」を意味する通り政治団体であり、政党という概念そのものは日本のそれとは異なる側面があるとは言え、本質的にはこれと同様のものです。
 で、ふと思った事があります。これを仮に日本と조선민주주의인민공화국(北朝鮮)の拉致問題に置き換えて考えてみましょう。そうすると、この両者━━“両国間”という表現も勿論可能ですが━━の関係は、仮に一部の右翼思想の有する、조선민주주의인민공화국への武力行使(敢えて誤解を恐れずに言えば、その方針自体を全面否定する意見は私は持っていません。むしろ、そこに生じる諸問題、リスクを以ってしても意味を持つものであるのかどうか、そこまで考察すると解無しであるというのが、現時点の私の意見です)のシミュレートとも捉える事が出来ます。更に勘繰るならば、核保有に関する日本側の発言も、ジュネーブ条約の脆弱化を踏まえたものという捉え方も出来るかもしれません。
 

http://www3.to/katoocom/

 


小鬼のエール  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 4日(土)00時07分22秒
   
 昨日に引き続き、今日はUnited Kingdom(イギリス)産の『HOBGOBLIN』、日本語名『ホブゴブリン・ストロング・エール』です。『BLACK WYCH』と同様にWYCHWOODブランドのもので、これはダークビールでした。
 『BLACK WYCH』にしても『HOBGOBLIN』にしても、いかにもUnited Kingdomっぽい雰囲気のある銘柄です。ラベルもその名の通り、ショートソードを構えたホブゴブリンが意匠になっています。このデザイン、『Fighting Fantasy(邦題:ファイティング・ファンタジー)』を髣髴させる、いい感じです。
 さてお味の方ですが、やはり酸味が強く感じられます。矢張りあちら特有の味のようですね。あと2本あるのですが、これらもそんな感じであれば、少なくとも私の中には「イギリスビールは酸味が特徴」というイメージが確立しますですね。ただ、『Islay Ales』ほど強いクセは感じられないので、それほどの違和感はありません。『BLACK WYCH』同様に泡の寿命が長いのも特徴でしょうかね。ひょっとしてWYCHWOOD製のビールってこれが特徴? そう言えばGuinness(ギネスビール)の公告でしたっけ、泡に形が残るのが旨さの象徴であるようなコピーがあった気がしますが、あれもÉire(アイルランド)のビールですね。まぁ、ÉireはUnited Kingdomでは無いのですが。ともあれ、ダークビールがイケるのであれば、この銘柄もイケるのではないでしょうか。
 

http://www3.to/katoocom/

 


梅香ルフィルム (1/2)  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 4日(土)02時07分2秒
   
 『Marginal Prince †月桂樹の王子様†(森本 繭斗甲斐 智久,セレンディビティ,CLEARCUBEUNIADEXGONZINO東京キッズ,聖アルフォンソ学院理事会)
 第5話「純白のメモリア」(※以下、テレ玉放映分を元に感想記事を書いています)
 「TV電話接続中 Video Phone Connecting 認証データを転送中... 通信中... 映像を転送中... 音声を転送中...━━ガヤガヤ…「あ、姉貴? 今、街の大喰い大会に、春也が出てるんだけどさぁ…」わぁぁ…!「…あっ、すっげぇ…! …見てよ姉貴!」「優勝は…ハルヤ=コッバッヤッシーっ! 前回の優勝に続き、史上初の大挙を連覇! これは信じられない、おっそるべし!」「見た見た姉貴? すっげえ! 優勝だよ、優勝!」「お待たせ、ユウタ。あ、電話中?」「うん、姉貴」「こんにちは」「今、優勝なんて凄いって話してたとこ! よくあんなに早く食べられるねぇ!」「あぁ…、面倒なんだよね、噛むの…」「ええっ!? 噛むのが面倒って…、もしかして…」「うん、丸呑み」「えええっ!?」「…ふふふ、冗談に決まってるじゃん」「良かった…」「3回くらいは噛むよ?」「え…? …ぁ、じゃあね、姉貴!」「また今度ゆっくり」」…顔は見掛けによらないですな。
 「━━TIMES━━The family strife in Baika School of Japanese dancing━━Two heirs━━Legendary dancer, Harumi Umegae━━「あああ、ほんとめんどくさい…!」」…これ、もしかして幼少時の春也と春臣? めっさ可愛い!
 「「ハハハ…!」「それ!」「かっこいい、かっこいい!」「アハハ…!」「日本の夏ですね」「ユウタは踊り上手いじゃん」「ハハハ、ボンオドリ・フェスティバル…だね」「違う! ボンダンス、ボンダンス」」…ボンダンスって、『The Karate Kid(邦題:ベストキッド)(John G. Avildsen(ジョンG.アヴィルドセン)Robert Mark Kamen(ロバート=マーク=ケイメン)Jerry Weintraub(ジェリー=ワイントローブ)R. J. Louis(R.J.ルイス)Bud Smith(バッド=スミス))ですか。
 「「春也、これなんだけどよ」「…」━━东风吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なきとて 春な忘れそ━━「…」「どこにあるんだ…!」「?」「うちの爺さんが撮った、アルフォンソ王のフィルムだよ! 日本語で在処が書かれてんだろ?」「……、これは、菅原 道真の和歌。場所なんか、書いてないよ」「えっ…!? くっそ、あのジジイ! 俺が日本語読めないと思って、いい加減なモンを送ってきやがって!! くぁ〜ッ!!」「でも…」「?」「これは、道真が、庭の梅の木にあてて詠んだ歌だから…、これが場所を示すなら…、植物園、かな…?」」…まぁ読めないだろうね。おまけに行書で書かれているので日本人でも誰もが読めるとは思えません。しかし、相変わらず判り辛い展開だなぁ。これって以前の、レッドのお爺さんの撮った映画の話の続きですよね。それがどういう経緯でこの文章を送って貰うに到ったのかが全く判りません。それとこれは野暮な突っ込みなのかもしれませんが、くだんの和歌が現代仮名遣いなのも気になります。
 「「すっげ〜! 本物の探険隊みたーい!」「やっぱカッコは大事だろ」「超めんどくさい…、てか、何で探険隊…?」」…所謂、よくある探険隊衣装。萌え処だけは押えているんだよなぁ、このアニメ…。
 「「この島に、梅の木があるとは思わなかったなぁ!」「……。梅見ると、日本を思い出すよね…?」「……」「━━こち吹かば にほひおこせよ 梅の花 あるじなきとて 春な忘れそ━━」「?」「この歌を聞いた梅は、道真の後を追って、大宰府に飛んで行ったって、言われてるんだ」「へぇ、詳しいんだね、春也」「うち、“梅が香る”って書いて、梅香流だし。本家の名前はずばり、梅ヶ枝だし。梅に関する事は、自然と…ね」」…これは春也? 春臣?
 

http://www3.to/katoocom/

 


梅香ルフィルム (2/2)  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 4日(土)02時08分15秒
   
 「「これ…かな…?」「…、流石にこの中に、映画のフィルムは入らないような…」「だね…?」「いや待て、中に紙が入ってる」かぱっ「…“ここより真っ直ぐ北西に向い、古き星々の導きに従え”…」」…おやくそくな展開ですな。かくしてMVP戦に。(アニメが違います!)
 「「ほいっ!」がさがさっ「ほんとにこれでいいのぉ…?」」…ねぇねぇ、今更こんな事に突っ込むのは野暮以外の何物でも無いのは承知なのですけれど、この、明らかに通り抜け出来無いような生垣を抜けて来るってのは、流石に絵的におかしくないですかねぇ…?(汗) ま、まさか『壁抜け男(原題:Le Passe-muraille)(Marcel Aymé(マルセル=エイメ))!? 「「真っ直ぐな直線だ! 続け野郎ども!」「ようほう、キャプテン!」」…大昔、『あばれはっちゃく』にそんな話があったような。
 「「…ううっ…!」ドシンッ!「うわぁ…!?」「…!」「君は、この間の…」「…ごめんね…!」「…ああ…!?」「…ごめんね…、僕の所為で…!」「行っちゃった…」「相変わらずだなぁ」「え…?」「ミハイルだよ。いつもあんな感じなんだ」「…ミハイルって云うのか…」」…ミハイル=リューリコヴィッチ=ネフスキー。公式サイトによると、メインキャラでは無くイベントキャラのようですね。中の人は宮田 幸季氏。こちらも最早、おやくそくですね。
 「「えええっ!? これが天文台!? ……どう見ても…遺跡…」「遺跡だ。正確には、古代に於いて天文台だったと思われる遺跡」」…っていうか、ベタでstonehenge(ストーンヘンジ)ですな。
 「(ジョシュア)「ふぅ…」━━(探険隊)「た…、隊長〜っ! 鼻に種がぁ!」「そのまま育てろぉ!」━━(ジョシュア)「……」━━(探険隊)「た、隊長、蛇だ〜!」「くわはっ、爬虫類ッ!」「逃げろぉ!」━━(ジョシュア)「どうだい調子は?」━━(探険隊)「う、うわぁ…! た、助けてぇ」「大丈夫!?」「な、何で罠ぁ!?」━━(ジョシュア)「ふふ、そうかぁ」━━(探険隊)「ユウタ、大丈夫!?」「お、落ちるぅッ!」「ファイトぉ!」「いっぱーつっ!」━━(ジョシュア)「あはは…」━━(探険隊)「どうだ…!?」「沼だ! 足が…着かない!」「レッド! 今助けるから!」━━ズガァァッ!「」…引っ張って引っ張ってこのネタですか。不発だなぁ…。ところで確かに『リポビタンD(大正製薬)は世界中で販売されているのは事実なのですが、あのコマーシャルって海外でもしているんですかね…?
 「「レッドー!」「?」「捜しましたよ? “白いカラス号”貸してくれませんかぁ?」「ええい、俺のバイクに変な名前を付けるなって言ってるだろうがぁ!」「すみません…、じゃ、“流星号”?」「俺の話を訊いて下さい! いいから使え!」「うふふ…」」…何でこのアニメって、訳も判らず、色んな話が交錯するの? 否、現実世界ではそれはごくごく当たり前の事なのですけれど、フィクションの物語にそういう構造を持ち込むのは間違っていると思うのですよねぇ。少なくとも脈絡が無くて、たとえそれが長い流れの中で伏線となる要素であったとしても、それならばそれで、もっと判り易い作りにすべきではないのてしょうか…? ぶっちゃけ、演出が下手、という事ですが。
 「「これ…?」「これって…」「時計じゃん…」「いや待て、続きがあるぞ? …“12の太陽と12の月が天空を左へ周る時”…、お、いよいよお宝発見か…!?」「…フィルムじゃ無い…」「……爺様の字…」「…え?」━━「春臣、春也。お前達は何だ?」「白梅の精です」「紅梅の精です」━━」…“お家騒動”は宗家には実は関係の無い事。
 「「要するに…、ウチの爺さんに見事に遊ばれたって訳だ。あーあ、あれだけ学院内驅け摺り回って、結局お宝はナシか…」」…これってひょっとして初代BLアニメである『好きなものは好きだからしょうがない!!(プラチナれーべるSOFTPAL Inc.,学園なんでも屋実行部)からの習慣になっているとか!?Σ( ̄□ ̄;;;
 

http://www3.to/katoocom/

 


セレブ学生 やってます  投稿者:オレ & 友人  投稿日:11月 4日(土)04時05分17秒
  ランチは毎日1500円。夜は毎晩違う女とアレ。
実は、つい一ヶ月前にセレブになりました。その秘密はこちら☆
 


1500円のランチにもアレする女にも興味が御座いません(素)  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)00時36分46秒
   
 何、このスパムメールでよく見掛けるようなタイトルと、やっぱりよく見掛けるようなリンクの張り方は。
 いつも思うのですけど、センス無いなぁ。手伝ってやろうか、とか、考えてしまうですねぇ。(苦笑)
 

http://www3.to/katoocom/

 


脱線事故発生、番組録画もな。 (1/2)  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)00時37分51秒
   
 2006年11月4日。
 【2006年11月2日〜3日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 398通、1874.97KB。
 1日平均      199通、 937.49KB。
          (▲ 44 ▲ 76.67)
 日本語スパムメール  32通、 764.44KB。
 1日平均       31.5通 382.22KB。
          (▽ 0.5▲ 46.88)
 
 『銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 〜永遠への分岐点〜(松本 零士,銀河鉄道物語プロジェクト,中部日本放送PLANET ENTERTAINMENT)
 第5話「奈落の淵にて」…放送時間変更により途中欠損。なので、録画出来ている処まで。しっかし萎えるよなぁ…。
 「━━宇宙に生きる、幾千、幾億の人の中で、出会えるのはほんの一握り…。だからこそ、旅の出会いは、偶然では無く、運命だと云う人もいる。━━」…CLAMP作品の登場人物、侑子の言葉で言うならば“ヒツゼン”というものですね。
 「━━「ありました! …ええ、間違いありません!」「こちら有紀。確認しました。タイプは、アトリア本線に仕掛けられた物と同じ! タイマーは30分後にセットされています!! はい、はい! 判りました! 処理班が来る迄、待機します!」「え? 解体しないんですか?」「こいつは難しいんだ。下手に手を出さない方がいい」」…鉄道テロ…!? こういうのって銀河鉄道の時代にもあるんですかい。「「こいつの構造は判っています。僕が解体して見せますよ」「……、だめだ」「僕が信用出来ないんですか? 大丈夫、遣らせて下さい」「これは…命令だ!」「…ッ!」「こいつを見張っていてくれ。俺は万一に備えて連結器を切り離して来る!」「……ッ! ………」……「うわぁぁぁぁあああ…!」「どうした!? …お前、何をしたんだッ!?」「か…解体してたら急に…!」「解体だって!? …! 何て事を…! ダメだ! 早く逃げろ!! 空界シールドを外して下さい!! 早くッ!!」ズガーンッッ!!……「馬鹿者ッ!!」バキィッ!!「何故、指示を守らなかった!? 一歩間違えれば皆が死ぬ処だった! 判っているのかッ!?」「…すみません…、僕が解体に失敗さえしていなければ…」「思い上がるな。自分1人で銀河鉄道を守っているつもりか?」「いや、しかしですね…」「言い訳をするなッ!」「確かに僕は、まだ見習いで半人前ですよ? …だけど…ッ!」「……」「せめて爆弾の1つぐらい処理出来れば…!」「……」「僕も、SDFの一員として、…その、つまり、だから…あの…!」「キリアン=ブラック」「…」「今のお前に、SDFの資格は無い…!」「………ッッ!」……「な、何ですか…!? さっきの事ならもう…!」「…待てよ。その…、お節介だと思うけど、隊長は何もお前を━━」「僕はですからね。仲間と認めて貰えないのも仕方無いですよ!」「誰もそんな事言って無いだろ」「ほっといて下さい! どうせこの(見習)制服も後僅かなんですからッ!」「じゃあ、お前は俺達を仲間だと思っているのか!? おい…! 開けろ! まだ話は終って無いぞ!」━━」…各自の意外な一面。バルジの優しさと厳しさはともかく、デイビッドが目を背けるというのは興味深いです。また、有紀もだいぶカドが取れて来た、という事なのでしょうか。いい先輩を演じています。
 「「ふふふ…」「ぁ、どうも…」」…携帯ゲーム機で遊んでいる坊やと蜜柑を食べているお婆ちゃん。今と全く変わらない世界なのがある意味滑稽。「「お里帰りですか?」「ええ、まぁ…」「学生さん?」「いえ、今は休暇で…」「あら、お勤めされてるの」「ええ、SDFに…」「わぁ! お兄ちゃん、SDFなの!?」「何? “えすでええふ”って?」「お婆ちゃん知らないの? “空間鉄道警備隊”! うーんと纏めて“SDF”! 銀河鉄道のお巡りさんだよ!」「ああー…、そうだったの」「いやぁ、僕はまだ僕は見習いで」「まだ若いのに立派なお仕事されて」「ほんとに凄いなぁ、カッコイイなぁ、SDF!」「いやぁははは…、そうかなぁ…?」「ご両親もさぞお喜びでしょうねぇ」「はぁ…、まぁ…」」…キリアンにとっては二重の意味で複雑な心境。爆弾処理の失敗事故の件が無かったとしても、いずれにしても親を知らないキリアンにとっては、この老婆は知らなかったとは言え、正直、余りよい心持ちはしない台詞だったかもしれません。
 「ギギギィ…「うわぁぁ!」「大丈夫ですかっ!?」━━「ぐ、ああああ…!!」キキキキキ……、ガ、ガガガ…「うわあああああ!!!!」━━「と、止まった…!」「危ないから座って! 僕! …一体…、何がどうなってるんだ…!?」」…ブラックホール!?
 「「銀河鉄道管轄全域に於いて、突発性ブラックホールが多数出現! 運行中の各列車に被害が出ています!」「脱線事故が、プシリウス本線、レグルス本線など24路線で発生!」「貨物列車202号,アウタラ環状線急行659号,プロキオンエクスプレス18号、いずれも通信途絶!」「銀河鉄道全線に、緊急停止信号! SDFの全小隊は、直ちに出動せよ!」」…「プロキオンエクスプレス18号」というのは何かの誤り。018号はSDF専用列車の割当番号で、プロキオン本線は390号のようです。(→資料)
 

http://www3.to/katoocom/

 


脱線事故発生、番組録画もな。 (2/2)  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)00時39分30秒
   
 「「…、あの…、他の、方々は…」「…これで…全員です…」「そんな…!」「心配すんなって! 直ぐに俺達も同じ処に…“逝く”んだからよ。…フ…」「大丈夫だよ! このお兄ちゃんはSDFの隊員なんだ。きっと皆を助けてくれるよね!?」「ま、まぁ…」「お前! SDFの人間なのか!?」「僕は…、……」「…おい! どうなんだよ!? お前SDFなのか!? あ!?」「…そうです、SDFシリウス小隊所属の…、キリアン=ブラックです」「ほら、言った通りでしょ!?」「ああ! 良かった! これで助かるわ」「ああ、一時はどうなるかと思ったよ」「で、助けはいつ来る!? 5分くらいか!? それとも、10分!?」「…判りません…」「どうして!?」「そんな!」「どういう事だよ…?」「先程の衝撃で、僕の通信機は壊れてしまい、連絡が取れないんです…」「他には、持って無いんですか?」「生憎、僕は非番で、たまたまこの列車に乗り合わせただけですから…」」…武器を持たぬ戦士は哀しい程、非力だ。
 「「僕…、お家に帰りたい! 僕達助かるの!?」「大丈夫だよ、僕? 心配いらないよ。すーぐにSDFが、すっごーい列車で、見付けに来ちゃうぞぉ?」「わぁ…」「(空間軌道が破壊されれば、鉄道管理局は事故に気付く。きっと皆が…!)」バリンッ!バリンッ!バリンッ!ガシャンッ!「怖いよ、僕…!」「(間に合うのか!? …いや…、もし誰も来てくれなかったら…!)」」…こういう役は男の子がとても似合うです。
 「「よし、後は救急列車に任せよう。我々は次の現場に向う!」「タラゼト本線(262号)に出場中の、デネヴ小隊から、応援要請が来ています」「無理よ! まだ救援すら来ていない列車が沢山あるのに!」「キリアンは何やってんだ! 休暇中でも非常呼集が掛かれば、飛んで来るのが規則だろ!」「コールはしているのですが…」「あの野郎、この前の事を根に持って無視してんじゃ無ぇだろうなッ!」「あいつはそんな奴じゃない」「…!」「俺は…あいつを信じている…」「……」」…おおっ、いい先輩って感じが出ていて、いいですね。「「無駄口を叩いている暇は無い。急ぐぞ」」…バルジの口癖。
 「「と…、止まったか…」「命拾いね…」「この間に、前の車輛を切り離そうと思います」「何故、そんな事を…?」「今は一時的にバランスが保たれただけなんです。連結を外さなければ、この車輛も道連れになってしまいます。…でも、僕1人では難しい! 誰か手伝って貰えませんか!?」「……」「……」「……」」…大人とはある意味、そういうもの。「「…、…?」「誰か忘れてる! 僕が手伝うよ! 前にね、お婆ちゃんが言ってたんだ! 男なら勇気を出す時を間違えちゃいけないって! 僕は男だもん! だから何でも言ってよ!」」…めっさ、かっこかわいい! 私のハートど真ん中です! 「「うん…、そうだね…。…有難う、でも、今はお婆さんを守ってあげて。それも勇気だよ?」「うん、判った。頑張って! お兄ちゃん!!」「おう! 任せとけ!」」…野暮な突っ込みですが、結局1人でやるという事なのね…。
 「「ぐ…ぐぐぐ…、くっそう、ビクともしねえ!」「無茶すんじゃねぇよ?」「…!?」カチャカチャ…「それは…!」「俺は機械整備工さ。尤もリストラで、今は職無しだけどな。役立たずと罵られ、女房に逃げられ、俺にはもう何も無えと思ってた。なのに、まだ道具を持ち歩いて。未練がましい奴だ。嘲笑(わら)ってくれ」「…笑いませんよ。あなたはこうして手伝いに来てくれた」「“男になる時を間違えちゃいけねぇ”ってさぁ…、ヘヘ…、誰かが言ってただろ?」「そうでした」「しかしあんたも1人でよく頑張るなぁ。やっぱりSDFは大したモンだ」「1人じゃ無いですよ。皆が僕を助けてくれるから、頑張れるんです。…それにきっと…!」「そうか」」…目茶々々いいシーンです。
 「「どうしてこんな事に…!」「切り離す時に破片が当ったんです! 病院に運ばないと…!」「おじさん!! しっかりして!!」「…ボ、ボウズか…。おじさんは男に、な、なれたかな…」「ああっ!! おじさん!!」「…ナオキ? おじさんはね、眠いのよ? そっとしといて?」「この侭では…!」」…少年の言葉に、男になる元機械整備工。こういう構図もいいなぁ。
 「「あーあ、情けないね、こんな男だったなんて!!」━━「最期まで一緒でしたね…」「ああ、今迄本当に有難う…」」…絶望感漂う列車内。
 「ギギギ…「皆さん!! 落ち着いて下さい!!」「うわあああっっ!! 俺はもう耐えられない!!」「な、何を!?」ドンッ!ドンッ!「やめて下さい! 何をしてるんですか! そこは開きませんよ、どこへ行くつもりですか!?」「誰も助けになんか来ねぇじゃないか!! 俺は外に出るんだ! 離せ! 離せってんだぁ!!」ドンッ…ガシャ…」…これはある意味、おやくそくな展開ですね。「「こ、これは…。あなた医者だったんですか!? 医者だったんならどうして名乗り出なかったんです!? 怪我人が!」「教えてあげるわ。私達はね…、勤めていた病院から…、薬品を盗み出して逃げる処だったのよ。ある星では高く売れるの。カネに目が眩んだ愚か者よ。もう医者でも看護士でも無いわ」「もう…全て了りだ…」「これも…天罰かしらね?」「違う! 天罰なんかじゃ無くて、その逆だ! 神様がいるとして、あなた達をこの列車に乗せたのはあなた達が必要だったからだ!! ここには怪我人がいる! それを助けられるのはあなた達2人だけなんです!」「でも俺はもう、道を間違えちまった…」「違う!! あなたは今も医者なんだ!! 怪我人を見捨てられる訳が無いんだ!」「…今は、痛みを止められるぐらいの薬しか無いわ…! それでいいなら━━!」「……!」「…、誰か…、糸と針を持って無いか…」「あの…、お裁縫セットで良ければ…」「OKだ…! 飽く迄、応急処置だけだぞ」「有難う御座います!」パチパチパチパチ…!」…ここに来て、今回の脇役全員が繋がり、冒頭のモノローグが帰結する。
 「「なるべく左に!! 少しでもバランスを保つんです!!」……「どう!? 大丈夫かな!?」「ええ。今は落ち着いてるわ」「そう、良かった…」」…録画、ここで終了。肝腎のシーンは収められていたので、まぁOK。でも、いい話だけに、すっごく悔しいです。録画出来なかった終盤の補完の為、SDFに出動要請。(出来ません)
 

http://www3.to/katoocom/

 


先生! NHK教育が“すごいこと”をしています!  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)01時07分32秒
   
としあき汎用保管庫サーバ神聖すじ公国板
→「No.10211/1162216028283.jpg」スレッド

 
 こ…、これは確かにそう見えるよなぁ…。(^^;;;; そうで無ければ何の意匠なんだって感じですね。(^^;;;;;
 

http://www3.to/katoocom/

 


夏至と廃船と雪うさぎ 投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)05時21分54秒D

 
 ENATURE.NETより『Summer Solstice Part One(ENATURE.NET),『Lost Ship and Snow Bunnies(HolyNatureRussianBare.com,ENATURE.NET)購入。
 先日のazovfilms.comに気を良くして…という訳でも無いのですが、前者はこの子の美少年っ振りに一目惚れ。(^^;;;; おまけにこのボディーペインティングがこの子の魅力を最大限に引き出していますです。これでキャップ帽を被っていたらもう言う事はありませんです。(笑) でも残念ながらこの子は最後にちょっと出て来るだけ。しかも隠れているので、そういう意味ではこのSample Imagesというのはやや偽り有り…な感じがします。
 
 『Summer Solstice Part One』
 言語を見ると「ウクライナ語」になっている。Σ( ̄□ ̄;; ただし、実際の解説は英語です。
 まずはイントロダクションとして全編ダイジェスト。岩の上でほら貝を吹く真似をする男の子のシルエットが美しい。何かこのまま絵にしたいです。そしてサブタイトル「SEA, SAND, SUN!」の表示に続き、現地の民族文化の紹介。民族舞踊を踊る女の子がとても可愛いです。余談ですがこの民族舞踊の衣装のスカートは、元々はエプロン状のものと、下着を穿かずに身に付けていたのでお尻が丸見えになるのを隠す為に着けるフリル状の装飾品を合わせたものでした。
 Body Painting…今更、説明はいらないボディーペインティング。日本でも、これを専門にするAV女優さん達がいらっしゃいますが、それはさておき。気を付けの姿勢で寝転がった男の子や女の子の身体に絵が描かれていきますが、くすぐったくないかなぁ…とか思ってしまいます。
 ただ単に絵を描いただけのものや、身体の凹凸,乳首や臍を応用した彫刻的にも捉える事の出来るものなど、色々見られます。当該国から見ての異国的なデザインが目立ちます。東洋風の鬼女とか描いているおじさん(多分、所謂ヤクザ映画の刺青とかを真似ているんだろうなぁ(^^;;;)とかもいますが…何だか勘違いした絵に見えるなぁ。(^^;;;
 Judging…ボディーペインティングの品評会です。個人的には古代文字らしきものを描いた男の子が、その子の魅力をより高めているっぽく思えるのですが、芸術美術的に評価すると、ただ訳の判らない架空の文字文様を描いただけだから評価は低いだろうなぁ。尚、ペインティングと、それを描いた人との両方が紹介されます。男の子達の場合、背が低いのでカメラはやや下を向くのですが、彼らを紹介しているおじさんの股間が真中にくるので、映像構図的には宜しくありません。(苦笑)
 冒頭のシルエットの男の子。そこから海に飛び込みますが…浜辺に戻って来て掌を見せると、あらら、怪我をしちゃっているです。気を付けてね…。(x_x)
 兄妹の戯れ。写真はやや赤みが強く、暗い色彩だからなのかもしれませんが、DVDではもう少し幼めな感じに見えます。写真にもあるように、男の子は女の子の後ろからいたずらばかりしてきます。
 Crazy Games…トイレットペーパーを使っての衣装作り。裸の上に直接トイレットペーパーを巻くなどして衣装にします。男の子と女の子が交互に行っているのを観ると、私の感覚からは萌えてしまいますですね。(^^;;; かくして男の子2人はいずれもミイラにされてしまい、女の子の方も中途半端なミイラになっていますが、ヴェールっぽくも見えます。この点は大人の方が衣装らしいものになっていますね。何かどこかのスーパースターみたいな井出達になったメガネとヒゲのおじさん。目茶々々ハマっています。女の人達は古代ギリシャのような感じになっています。
 品評では、ミイラくん達(笑)は動けないので、おじさんに持ち上げられて運ばれています。(^^;; 片付けるのは概ね、あっという間。リボンのように髪の毛に結んでいた女の人はともかく、多くは破って千切って、火にくべてしまいます。
 余談ですが、小学生の頃の図画工作の教科書に、新聞紙や公告で服を作るというものが載っていて、その例として掲載されていたのが新聞紙の服を纏った男の子だったのですが、実際の如何はともかくとして、新聞の下は裸に見えていたんですね。で、それを見て幼心に萌えていた訳ですが、…今思うと、当時からそういう属性だったのかなぁ…。(^^;;;;
 Baloon Games…風船ゲーム。ルールは幾つかあるようで、規定の回数だけ息を吹き込んでどれだけ大きく出来るかを競うもの,早く大きく膨らませてそのまま破裂させられたら勝ちというもの,規定のカウントする時間内にどれだけ大きく出来るか競うもの。流石に肺活量が違うので、これは大人と子どもは別々に勝負。この中では真中の男の子が好みだから応援…っと。(笑) 応援していた子が勝つと嬉しいよね。(^-^) その後ろにいる、風船を膨らませる要領の下手な女の子がちょっと可愛そうかも…?
 長縄跳び。日本でよく行われているものと違い、1人ずつ飛ぶのがあちら流なのですかね。飛ぶのに失敗した縄は直に脚を打ち、股間を弾いているのですけれど…、男の子も女の子も大丈夫…?
 ここからは子ども達のゲームに付いて。小石を拾う「椅子取りゲーム」のようなゲーム,ビーチボールの裏に小さなボールを隠してこれを走って拾い往復する「ビーチフラッグス」のようなゲーム。
 おや? 壁の穴を覗いて何やら話している太めのおばさん。何をしているだろう?…と思ったら…、
 Dancing…プロのダンサーの方のようですね。ねーちゃんがBGMとともに壁の向うからパフォーマンスをしながら登場。ラテンダンスともストリップダンスとも違う、また異色な舞いを見せ、そして突然、近くにいたおじさんの手を引いて、強引に引き摺りまわして踊る踊る。おじさん、大悲鳴。いやぁ、もう大笑いです。(^^;;;; 続いて男の子がねーちゃんの餌食に。萌えだ。(^^;;; 流石にこの子とは踊りが合わないと解放(笑)すると、暫くソロで激しく舞った後、再びおじさんを引っ張り、今度はおじさんがリード。(笑) いやー、めっさ楽しそうです。
 少年合唱団のコーラスBGMでエピローグ。で、ここに例の、私の一目惚れ美少年くんが出て来るのですけど、ほんの一瞬。(悲) ところで9歳くらいの女の子2人が踊っているのですが、舞い方がすごく上手く思えます。かなり以前ですが、どこだったかの(確かУкраїна(ウクライナ)系であるとは思う)児童エロチカサイトのムービーで、女の子が踊りながら服を1枚ずつ脱いでいくのがあって、踊りがめっさ上手いなぁと思った事があったのですが、あちらの子って、もう自然に踊れるものなんでしょうかね?
 尚、映像特典として映像カタログの他、静止画像が収録されています。
 
 『Lost Ship and Snow Bunnies』
 こちらは「ロシア語」になっています。
 Farewell Winter!!…5人のおねーさんが雪の積もった林の中で焚き火をしている処からスタート。ちなみにナチュリストのDVDなのでブーツを除けば全裸です。そう言えば北欧の女性文化には真冬にサウナで暖まった後に湖に飛び込むというのがあったんでしたっけ。
 続いてその5人が雪林を走り出す。ある意味、異様な光景にも見えてしまうのですが、ちなみにこの『Lost Ship and Snow Bunnies』はほぼ全編に渡って激しいビートのダンスミュージックがBGMとして使われておりまして、ハマっているように錯覚してしまいます。
 折れた樹を運び、小屋に戻って薪割り。しかしなかなか伐れません。女性故に力が弱いのか、それとも樹が凍り、引き締まっているのか…。
 バレーボールを使ってのボール遊び。大股上げてのキックをしていますが…、すみません、加藤的には全く嬉しくありません。(苦笑)
 スキーのスティックを魔女のほうきのように跨ってふざけた後、スキーをして去っていって、このチャプターは終了。
 Maslenitsa Celebrations…こちらは家族でしょうかね。女の人が2人に女の子が2人、そしておじさん1人がキャスト。矢張り大雪の積もった林が舞台です。まずはテントから大姉さんと女の子2人が出て来ます。焚き火にあたりますが、2人の女の子のうちのお姉さんの方はこれでもかと言うくらいにお転婆な感じで、焚き火の前に来て早々、はしゃぎ出し、妹もこれに続きます(→画像1)。このチャプターは基本的にこの姉妹が中心で、めっさロリ向けです。(笑)
 大姉さんを他所に、焚き火の前で踊ったり走り回ったり。雪が次第に強く降ってきますが、寒がりながらもそんな中で全裸でいるのを楽しんでいるかのようで、目茶々々可愛いです。昔、国産のロリータビデオに『雪ん子』というのがありましたが(私は持っていないし、現物を観た事も無いですが、存在だけ知っている)、こちらは女の子が本気で楽しんでいる…というか、自分からはしゃいでいるのが好感持てます。
 家族全員で、藁(?)で作った十字架を立てて(→画像3)、キャンプファイヤー(?)にします。こういう習慣があちらにあるのかどうか知りませんが、詳しい方がいたらお教え頂けると幸いです。ここでもお姉さんがはしゃぎ出して、それに続いて妹が、そして他の家族全員が息投合していく、という感じです。
 雪は膝の高さくらいまで積もっていて、そんな林の中を更に移動しますが(→画像4)、ここで大姉さんが雪に足を取られて躓き、カメラに向って軽く叩いてきます。カメラマン、何か冷やかしたんでしょうかね?
 場所を変えての焚き火。相変わらず動きっぱなしのお姉さん。足を高く上げて焚き火で暖めようとしています。ここまでの説明で気付いているとは思いますが、この姉妹2人の、特にお姉さんのワレメは見放題状態です。(*^^*;; そんなによく暖まりたいのかと思ったお母さん(?)は彼女を抱えて焚き火の上に。落とすような仕草を見せたので慌てて下りる女の子…って、裸足で雪の上に出ちゃったよ! 焚き火にあたる周囲はシートというかタオルが敷いてあるのですが、この子はこの後のしばしば裸足のままで雪の上に出て行きます。文字通り、一糸纏わぬ美少女が雪の上を戯れる姿は、至極の可愛らしさがあります。
 皆でケチャップの瓶に突っ込んではソーセージを食べますが…、ここまで来ると何か狙ってるっぽく見えてくるなぁ、このDVD…。(汗笑)
 食事が終ると家族揃っての雪中行軍。しかし矢張りここでも女の子2人は我先にと走り出して(→画像5)、雪合戦が始まります。ここまで来ると、寒さも感じていないかのように見えます。まぁ実際、0℃近い環境で全裸でいても、走りまわったりして1〜2時間を過ごすと感覚が麻痺して、それほど寒くなくなります。ちなみにこうなると、逆に服を着ると肌に違和感があるようになってきます。
 お父さん(?)に抱きついたり。…って、このおじさん、勃起してるように見えるのですけど…。(汗) お姉さんの方は、軽く汗をかいているようにも見えますが、この子がいかに激しく動き回っているかですね。勝手に追い驅けっこにしてしまい、走って逃げ出すお姉さん。お母さん(?)が追い驅けます。
 捕まった女の子は、お母さんにスカーフを纏わせますが、このシーンはこれまでに比べて動きが少なく感じられます。が、やっぱり、じっとしていられないこの女の子は踊り出したり、またまた裸足の侭で歩き出すと、ビーチボールを取り出します。
 そうなると次の場面は勿論、このビーチボールでの遊びです。ボールが取れる取れないに関わらず走りまわる姉妹。ボールを取って、そのまま雪に寝転んだりさえします。流石にそれは冷たくない!?
 大人達が疲れてしまったのを他所に、1人でボールを持って走り出して、チャブター終了。いやぁ、この姉妹2人、目茶々々可愛い…というか、雪の妖精って感じで、壁紙決定。(*^^*;; 矢張りУкраїна産のショタものの児童エロチカBoyDiamonds.com(但し既に閉鎖)のもので、大雪の積もった深夜の森で2人の男の子がサンタ帽と靴だけ身に付けたものがありましたが、あれといい勝負って感じです。
 The Stone Beach…季節変わって、川に面した日向の岩。10人ほどの男女が寝転がった処でスタート。
 川に飛び込んで泳いだり、ボートに乗ったり。尚、このDVDの中では一番地味な━━というより本来ならば最も自然なものに近い━━チャプターです。
 On the Lost Ship…6人の男女が、河に残された座礁船を中心に戯れる。ただ、ロケーションとしては変わっていますが、流れそのものは前キャプチャーに同じ。船を探険するというような要素が欲しかったですね。
 Teen WEB Team…キャスト紹介と奥付。
 

http://www3.to/katoo.com/


片田舎にある宇宙の中心  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)13時47分36秒
   
 今回の海外ビールは前回に続きWYCHWOODの『CIRCLEMASTER GOLDEN PALE ALE』です。ラベルには梟のとまった案山子の意匠。ミテリーサークルの中心に立っており、なるほど、“サークル・マスター”です。
 これはホワイトビールに属するものになるのかな。これまで呑んだWYCHWOODブランドのビール2本に比べて非常に軽く、呑み易いです。その代わり、呑んだ後に酔いが来ますね。口当たりがとても良く、比較的、日本の風土にも合ったビールだと思います。コクというよりも、むしろあっさり感があるので、そういうものが好きな方にはお勧め出来るでしょう。独特の酸味も今迄のものに比べると少なく、泡の寿命もそれほど長くありません。
 うむん、これはまた買って来てもいいかな…?
 

http://www3.to/katoocom/

 


幽霊ブーム (1/2)  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)15時17分16秒
   
 2006年11月5日。
 【2006年11月4日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 130通、 648.82KB。
          (▽ 69 ▽ 288.67)
 日本語スパムメール  30通、 331.43KB。
          (▽ 2 ▽ 50.79)
 
 水野 夢絵さんが補完して下さるそうなので、結局観続けなければならなくなったみたいな『乙女(おとめ)お姉さま(ボク)恋してる(キャラメルBOXホビボックス,GANSIS,feel.キングレコード,おとボク製作委員会)
 第5話「真夜中の教会(チャペル)(※以下、テレビ神奈川放映分を元に感想記事を書いています)
 「「初めまして、わたくし高島 一子と申します! 何卒宜しくお願いしまーす♪」「…、あ…うん…、私は御門 まりや。宜しくね、幽霊ちゃん」「やけにあっさり納得したね…」「だって浮いてるんだもん。否定しようが無いじゃない」「それは…そうだけど…、どうしよう、これから…」「別に悪さをする訳でも無さそうだし、暫くここに置いてあげるしか無いわねー」「わぁい、ありがとうございますー☆」「良かったね」「理解がある方達ばかりで、私感動ですー☆」」…回を飛ばしているのでアレなのですが、幽霊を登場させるのって最近の流行りだったりするんですか…? いや、腐男子のおいらが言う事でも無い気もしますが。(苦笑) 「「おはよーございまーす」「あ、ああ…」「………」「おはよーございます♪」「………(ばたんっ)」」…ポリゴンゲーだとこういう事は結構起きますですね。(笑) ちなみに加藤はポリゲーのコリジョン破りをするのが大好きだったりします。(^^;;; ゲームクリエイターのする遊びじゃ無いね。(^^;;;;;
 「「残された当面の問題は後1つねぇ」「当面の問題?」「やっぱり一子ちゃんには知っといて貰わないとね。…実は瑞穂ちゃんてね…、男の子なのっ!」「はい?」「うんうん、まあそういう反応だよね、判る判る …という事で!」バッ!「うわああああっ!?」「どう? 一子ちゃん? これで判った?」「どどどどどどど、“どう?”じゃ無いッ! 突然何すんのさ!」「だって一子ちゃん、これからずっと瑞穂ちゃんの傍にいるんだよ? バレないとでも思ったの?」「にしたって、教え方ってもんがあるでしょッ!」「だってこれが一番手っ取り早いもん。まぁ、一子ちゃんにはちょっと刺激が強過ぎたかもしれないけど…」」…ちっ、描写はされないのか。最大の萌え場面だというのに。(死) 「「すごい…」「え?」「凄いです凄いです凄いです凄いです!」」…このセリフを別の意味に捉えたおいらはやっぱり腐男子だ…。
 「「つまりつまりお姉様は、お姉様なのに男の方でお姉様でいながらにしてお嫁さんが貰えるって事ですよね!?」「お嫁さん!?」「そうですお嫁さんです! 私、お姉様のお嫁さんにして下さい!」「ええっ!?」」…さっきの話ですけど、これってやっぱり『好きなものは好きだからしょうがない!!(プラチナれーべるSOFTPAL Inc.,学園なんでも屋実行部)のバクりですか?(汗)
 

http://www3.to/katoocom/

 


幽霊ブーム (2/2)  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)15時18分30秒
   
 「「とほほ…、それにしても…」━━「はい、私、お姉様のお嫁さんになるのが夢だったんです。こんな事を言う私に、お姉様はいつも和やかにお微笑いになってこう言いました。“私が男だったら、一子ちゃんをお嫁さんに出来るのにね”って…」「男だったら…か…」「ですからお姉様はご卒業と同時に結婚なさると知った時はとてもショックで…。ああ、お姉様が本当に男の人だったら良かったのになって…、女の子同士に生まれてしまった事を恨んだりしたものです…」「…成程…」」…男性向けレズものだとこういう流れになるんだなぁ。ここで男同士ならば突っ込めるしな、とか考える時点で病んでますな…。(汗)
 「「ふえ〜ん! 何でですか!? 何で出られないのですか!? でも頑張るのです! これくらいで負けてはダメなのです! てーいっ!」バシンッ!「あう〜〜…。…ふえ〜ん、ダメです…、行きたい行きたい行きたいお姉様と一緒に学校に行きたいですよ〜〜うっ!」」…出られないの? マルやモロとは違って、“物理的に出られない”っぽいですね。
 「「…ここは大丈夫…みたいですね…?」」…壁抜け女…。「「出れたっ!!」ガンッ!!「くぅ〜〜…」」…地縛霊ってこういうモノだったのか。(^^;;;; 新解釈、というか新説、というか…。(^^;;;;;
 「「お邪魔しまーす♪ …ん…?」「ぅ…ぅ…」「あの、お加減はいかがでしょうかー…?」「ぅ…?」「あ、気付かれましたね、良かったー☆」」…お前、バカだろ。(^^;;;; あんたの所為で熱を出しているんじゃないかぁっ!!(^^;;;;;
 「「これは…」「また、凄いわね…」」…スーパーサイズミー。(笑)
 「「お姉様ー、お背中流しまーす☆」「わああ、一子ちゃん!?」」…ある意味、羨ましい存在ですな。
 「「え…と、“庭で砂遊びをしていたら、石油を掘り当てて100万$受取る”? うわ〜い!」「何じゃそりゃ〜!?」」…まるで『世田谷のアラブ人』(所 ジョージ)
 「「え〜、それからですかー!?  わー、これ以上恥かしくて言えませ〜んっ!」」…PC版だとえっちシーンが始まるんですかね。
 「「私のお姉様も、よくこうしてくれました…」「そう…、私の母様もよく、こうしてくれたわ」「え?」「これが…幼い私に残された、母様の記憶。そして、あなたのお姉様の記憶」「ぇ、それじゃあ…、瑞穂お姉様は、幸穂お姉様の…」「ふふ…」」…え!? これってそういう作品だったの!? ヤバい、地雷踏んだ! 評価、見直さないとならないかも!
 「「…!? …一子ちゃん!?」「お姉様? 何だかお迎えが来たみたいです」「お迎え…!?」「ええ、何だか心がすぅっと軽くなって…。私の望みが叶ったからかもしれませんね」「一子ちゃん…!」「そのまま━━」「!」「━━そのままで私の事、見送って下さい。お姉様。今の私は、感謝の気持ちで一杯です。瑞穂お姉様にも…、幸穂お姉様にも…」「一子ちゃんにも、私の母様の事、22年間も想い続けてくれて、ありがとう!」「お姉様や…、量の皆さんにも親切にして頂いて…」「一子ちゃんには、母様の新しい思い出を貰ったよ!」「お姉様、本当にありがとうございました!」「一子ちゃんこそ…、本当にありがとう!」「さようなら…、さようなら、お姉様…!」「さようなら、一子ちゃん!」」…めっさいいシーンです。でもこのキャラ、EDのチビキャラで登場しているんですよね。オチは読めるよ。(^^;;;; 余談ですが、このEDは結構気に入っています。
 

http://www3.to/katoocom/

 


真琴の出勤はコーヒーから始まる  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)17時13分1秒
   
 『ちょこッSister(雑破 業竹内 桜白泉社NOMADメディアファクトリー東芝エンタテインメント,ちょこシス製作委員会)
 第12話「どしゃ降り、そして━」(※以下、チバテレビ放映分を元に感想記事を書いています)
 「「━━そしたら、今日は雨だったので、さっそくお兄ちゃんに買ってもらった、長ぐつをはいておかいものに行きました。長くづだと、水たまりに入ってもぜんぜんへいきでした。雨の日はいやだったけど、これからは、雨がふったら長ぐつがはけるのが、ちょっとたのしみになりました━━と、出来たーっ! ね、見て見て、今日の日記!」」…ニカ学習帳…。中途半端な名前だなぁ。
 「トゥルル…ガチャ「はい、川越です。ぁ…、綾乃さん! …ぁ…、そうですか、良かったですね。おめでとうございます! じゃあ、結婚したら向うへ…、…ええ、勿論! …え? …そんなお礼だなんて…、…え、はい、それじゃあお幸せに」プツッ…「………」」…あらら、いつのまにか、そんなところまで話が進んでいたのですね。
 「「よ、は〜るま!」「あ、先輩…」「どうしたの? 溜息なんかついて」」…あんたのカオで余計に。
 「「いいバイトがあるのよぉ…!」「ぇえ…?」「あんま大きな声じゃ言えないんだけど、新開発の薬を飲むだけで破格のバイト代が出るというのがあってさぁ。身体の調子も良くなる上に、おカネもいっぱい貰えちゃうってんだから、これはやらない手は無いわよねぇ!?」」…おいおい、幾ら何でも新薬実験のアルバイトを部外者が他人に斡旋するのはまずいだろ…。(汗)
 「「…んん、マスター、また腕を上げたわね」「へぇー、コーヒーの味が判るんだ」「あったり前よ!」「じゃあ豆は何か判るかい?」「勿論」「じゃあ言ってご覧。当てたら“モーニング”のお代サービスするよ」「本当?」「ああ。サテンのマスターの二言は無い」「よーしっ。…うん、この程良い苦味と、微かな酸味…」「うんうん…」「〜〜、…! …ズバリ! コーヒー豆!」「………、え」「違うとは言わせないわよ!?」「判ったよ、“モーニングはサービス”するよ…」」…とんち話ですかい。「「やれやれ…、こんな気前のいい事してたらウチまで店閉めなきゃならなくなるよ…」「ウチまで…?」「あれ? 知らないの? 向いのフラワーショップが店閉めるって」」…ああ、ちゃんとしたキャベツだ。(何)
 ちょこの日記…うまいなぁ、こういう演出。
 「━━しんぱいしてくれてありがとう。 でも、もう大丈夫だから。 お兄ちゃんより━━」…ちょことはるまの交換日記。
 次回予告「「お兄ちゃん、ツンデレ・ツインテールで最強コンボって、どういう意味? 次回、『ちょこッとSister』、「はじめてのゆりぴょん」」「こっ…子どもは知らなくっていいの!」」…2人の掛け合い次回予告って本作では初めてかな。
 

http://www3.to/katoocom/

 


意外と守備範囲の広いアニメ  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)18時02分36秒
   
 『ちょこッSister(雑破 業竹内 桜白泉社NOMADメディアファクトリー東芝エンタテインメント,ちょこシス製作委員会)
 第13話「はじめてのゆりぴょん」(※以下、チバテレビ放映分を元に感想記事を書いています)
 「「あら、いらっしゃい」「…! …ええっ!?」「どうしたんですか? 真琴さん」「はぐ、はぐはぐっ!」「…?」「もしかして、お昼、もう食べちゃったの…!?」「ええ。今、後片付けしてるとこですけど」…カラン、カラカラ…」…そんなにショックかい。「「お腹が空いてるなら、コンビニでお弁当でも買ってくればいいじゃないですか」「そんな…いやぁ〜! 私は管理人さんの手料理が食べたいのぉ!」「そんな事言われても、私は真琴さなのお嫁さんじゃ無いんですから」「だったら結婚して!」「な…、何言ってるんですか! そんな事出来る訳無いでしょう! さ、後片付けしますから、もう帰って下さい!」「ねぇ、そんな意地悪しないで、何か作ってよぉ、ねえってばぁ」「おねだりしても駄目」「おっぱい触らせてあげるからさぁ」「結構です、間に合ってますから!」」…意外と怒る時は怒るんですね、この方。
 「「ぁ…、…“とってもお天気のいい日は、何かいい事があるかもしれません”…かぁ、ふふ」」…このアンチョコ、占いまで載っているんですか。
 「「…、あんた、怒らないの…!?」「え…?」「だった、あんた騙されたのよ!? 私、あんたに嘘付いたのに!」「あ…、そっか」「そっかって…」「でも、悪い事が嘘だっんなら、それは、そっちの方がいい事なんだし…。…うん! そうだよ! 良かったんだよ! ね!?」「……」」…自分とは違う視点にいる、その人。
 「「……っ!」「お嬢様、もう今日みたいな事は、やめて下さいよ?」「…判ってるわよ…。…(名前、訊いとけば良かったな…)」」…おいおい、キャラの位置を変えちゃダメだよ…。
 「「あうっ!」「!?」「うう〜っ!」「ちょ、ちょっと、そんなに怒んなくてもいいじゃない!!」「う〜、わんわんっ!」「いや───っ!!!!」「わんわんっ!」」…何ですか、このラクガキみたいな犬は…。(^^;;;;
 「「…んもう、酷い目に遭っちゃった…」「ゆりぴょん?」「変なあだなで呼ばないで!」「入るね?」「…! え、嘘、何で入ってくるのよ…」」…ジュースを溢して…という展開はおやくそくだとして、今回はKEEP OUTじゃあ無いんですね。こういう描き方が自然でいいよなぁ…と思ったら…「「え…、仲のいいお友達は、“裸の付合い”をするんじゃ無いの?」「何言ってんのよ…」「一緒に洗いっこしよ? と〜っても楽しいんだよ?」「…、……」」…やっぱりあるのか。(^^;;;
 「ガチャ「…、…キャ───ッ!!」「え? あ、お帰り。…お兄ちゃん?」「…た、ただいま…」」…おやくそくだなぁ。もちょっと意外性が欲しいなぁ…。
 「━━今日、あたらしいおともだちができました。なまえはゆりぴょんっていいます。ゆりぴょんは、あたしのブラジャーをかしたら、とてもよろこんでいました。こんなによろこんでもらえるなら、こんどはパンツもかしてあげようとおもいました。━━」…おいおい。
 次回予告「「皆知ってる? 初めてのブラジャーって、“はじブラ”って略すんだって。次回、『ちょこッとSister』、「ねこにゃんとブラジャー」。初めてのねこにゃんは…“はじにゃん”?」」…そんな言葉を真面目に使ったら恥にゃん。
 

http://www3.to/katoocom/

 


リアルでも流行らせる気なのだろーか…?  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)18時58分27秒
   
 『ちょこッSister(雑破 業竹内 桜白泉社NOMADメディアファクトリー東芝エンタテインメント,ちょこシス製作委員会)
 第14話「ねこにゃんとブラジャー」(※以下、チバテレビ放映分を元に感想記事を書いています)
 「━━私はちょこ。お兄ちゃんの妹なの。皆聞いて?  私ね、また新しいお友達が出来ちゃった! 名前はゆりぴょん…じゃ無くて、ゆりかちゃん。“ゆりぴょん”は私が付けたあだななの。ゆりぴょんとは、一緒にお風呂に入って、背中の流しっこをして、すっごく仲良しになっちゃった!━━」…仲良しになったから流しっこをしたのか、流しっこをしたから仲良しになったと言うのか…、何か釈然としないなぁ…。
 「「おはようございまーす! オダエリこと、小田原 絵里子でーす!」「あ…、大変々々! もうそんな時間なんだ!」「今日は世田谷のひいらぎようちえんに来ていまーす! みんなー、元気はいいかにゃー!?」「はーい!」「それじゃあ…、レッツ・ニャンシング!」「なんだ? このヘンな踊りは?」「えー!? お兄ちゃん知らないの? “ねこにゃんダンス”って云って、今すっごく流行ってるんだよ?」「は…? “ねこにゃん”…? 凄く流行ってる?」「振付け覚えて、ダンスしてるとこビデオに撮って送ると、アイドルのオダエリちゃんが来て、一緒に踊ってくれるの」「へーぇ、ねこにゃんダンスねぇ…」」…これの原作発表時と、『天使の絵日記 萌える少女に抱かれて 愛永(MANAE)・8才(ショウスタジオウィズ・エンタープライズイーネット・フロンティア)と、どちらが先なのかが気になるなぁ…。
 「「おねえちゃん、じょうずじょうず!」「うふふ…、ねぇ、良かったら、あなたも一緒どう? 踊らない?」「え…、でも…」「いっしょにやろ?」「いっしょー!「やろうよ!」「…ぁ…それじゃあ…、ちょこッとだけ、踊っちゃおうかな?」「わーいっ!!」……「さぁ、それじゃあいくわよ? 音楽スタート!」♪お目覚めしたなら顔洗いましょ…」…これ、わざわざ振付け作ってアニメーションナイズしたんですか?
 「「今日はね、あんたに見せたいものがあって来たの!」「見せたいもの?」「…ブラジャーよ…♥」「え! それじゃあブラジャー買って貰ったの!?」「ええ! それもシルクの飛びっきり高級なやつをね!」「うわー! 早く見せて見せて」「それじゃあ…って! こんな処で見せられる訳無いでしょお!?」「えー、私は別にここでも構わないけど?」「私が困るのッ!!」」…ですわな。どこぞのロリゲーじゃあるまいし。
 「「その子お友達?」「うん。ブラジャー見せに来てくれたの」「ちょっとあんた、何言ってんのよ!」「ほほ〜う? それぁいいわねぇ〜、それじゃ、私もご相伴に与らせて貰いましょうかぁ?」「ぅぅぅ〜、はぁ?」」…だろうなぁ、そうなるだろうなぁ。(^^;;;
 「「教えて、お兄ちゃん! 私、こんな時、どうしたらいいの!?」「それはこっちが訊きたいって──!!」」…解に々々。(^^;;;;;;
 「「あー、そう言えば…、昼間、2階でちょっとバタバタしていたみたいですけど、何かあったんですか?」「あぁー、ゴメンうるさかった?」「それ程でも無かったですけど…」」…あれ? そう言えばここってどういう間取りになっているんだろう? 管理人さんの部屋の上ってはるまの部屋じゃあ無いですよねぇ。
 「「“今日はゆりぴゅんがブラジャーを見せにきてくれました。ゆりぴょんのブラジャーはちっちゃくてとてもかわいかったです”」」…色指定はちゃんとして欲しいかなぁ。まぁ、絵日記をちょこがどう塗るのかは作画とは別次元と言えば別次元でしょうけれども。
 次回予告「「プールだ。水着だ。おっぱいだ──ァァッッ!!!! 次回!! 『ちょこッとSister』、「プールDEじゃぷん!」。今度は私も行けるよね!? ねっ!? ねぇ!? ねぇ───っ!?」」…同じ展開を希望。(笑)
 

http://www3.to/katoocom/

 


ターミネーター  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)19時55分2秒
   
 『ちょこッSister(雑破 業竹内 桜白泉社NOMADメディアファクトリー東芝エンタテインメント,ちょこシス製作委員会)
 第15話「プールDEじゃぷん!」(※以下、チバテレビ放映分を元に感想記事を書いています)
 「「はい、川越です。…え? プールの監視員? …やですよぉ、あんな暑いバイト」「そんな事言わないで、頼むわよぉ…。お願いっ!」「でも…」「ほら、この通り…」「電話だから見えませんよ」」…あんまりこのご時勢に話題にしたくないテーマかな…。
 「「判りました。でも、今度はちゃんとバイト代払って下さいよ?」」…もういい加減、先払いにして貰ったら…?
 「「だーれだっ!」「…真琴さん、ですね…?」」…女同士では猥褻罪とかにならないんですかね。男同士でもなるというのに。
 「「川越さ…あ、いえ、ちょこちゃんに、プールに誘われたんで、折角だから、水着…、新しいの買おうかなぁって」「えっ!? それっていつ? こいつ行くのよ?」「今度の日曜日なんですけど」「あちゃー、その日私仕事だーぁ…」「そうなんですか…、それは残念」」…やっぱり行けないのね。
 「「って…、ちょっと真琴さん…、こんなの着て外に出たら捕まっちゃいますよ…」」…というか、そんなもの、普通に売っているんですか?(詳しく無い)
 「「危険ですのでプールサイドを走らないで下さーい! はい、僕達も走なーい!」「うるせーい!」「バイトの癖して生意気だぞー!」「…生意気なのはお前等だっつーの」」…キャラクターデザインがかわいいだけに…なぁ…。
 「「ほーら、そこ走らない! 今度走ったらパンツ引ん剥くわよっ!?」「…、べーっ!」ざばーんっ!「飛び込みは禁止ッ!」」…やっちゃえやっちゃえー!
 「「お前! ガキの癖に俺に指図するのかっ!? えーっ!?」「あ…」」…お、これはちょっと新展開?
 「「ムカツク…! えいッ!」カンッ!「がうっ!」「ぁ、あんたこの前の…」」…やっぱりな。
 「「お、おい、パンツ、パンツ…」「…え…? ……、イヤ────ッ!!」」…彼女はもう、そういう扱いのキャラなのね。(^^;;;;
 次回予告「「♪ぴーひゃらぴーひゃら、どどんがどん♪ 次回、『ちょこッとSister』、「ドキワク夏祭り」。皆も一緒に…♪どどんがどん♪」」…ぱっぱぱらぱー、と、来るかと思った。(^^;;;;
 提供背景…いや、この場面だけ取り出すと、何のアニメかと思ってば。怖いよっ!(^^;;;;
 

http://www3.to/katoocom/

 


豊穣の詩  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)22時44分26秒
   
 連休最終日の今日のビールレヴューはWYCHWOODブランドの『FIDDLER'S ELBOW』、日本語名『フィドラーズエルボー』です。「フィドル」とはUnited Kingdom(イギリス)地方でのヴァイオリンの呼び名ですが、現在では一般に「フィドル」と言えば調律の整っていないヴァイオリンを指す事が多いです。調律の狂ったピアノの事を「ホンキートンク」と呼ぶのと同類と解釈しても、まぁ構わないと思います。で、そのer形ですから「ヴァイオリン弾き」の意ですね。「elbow」は「肘」ですけれど、それでは味気の無い訳ですから、ここは「ヴァイオリン弾きの腕」とでも訳しておきましょうか。ちなみに英語でも「腕」は「arm」ですから、これは完全な私の造語です(意訳ですら無い)
 ラベルのデザインもその名の通り、フィドルを奏でる男です。公式サイトの壁紙にこのような絵がありますが、ちょっと違いました。背景は黄色に染まった畑で、こんなに賑やかなデザインではありませんでした。
 味などは『CIRCLEMASTER』に近いです。ただ、泡の寿命も長く、味もやや濃い目なので、『CIRCLEMASTER』よりもじっくり呑む派のビールという感じです。雰囲気としては良く似ているので、どちらも日本人の口に合うものと言えるでしょう。どちらが好みかと言われると……、時と場合によりけりかなぁ。じっくり呑める分、酔いは『CIRCLEMASTER』よりは浅めに感じるので、気持ち次第という感じです。
 

http://www3.to/katoocom/

 


祭りは人を繋げて行く  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 5日(日)23時57分34秒
   
 『ちょこッSister(雑破 業竹内 桜白泉社NOMADメディアファクトリー東芝エンタテインメント,ちょこシス製作委員会)
 第16話「ドキワク夏祭り」(※以下、チバテレビ放映分を元に感想記事を書いています)
 「「うわぁ…。初詣の時と全然違うね! お兄ちゃん!」「そりゃそうだろう」」…ふと思った事。これって2クール終了時で1年が経過するという流れになっているのですかね。
 「「ちょいとそこ行くお兄さ〜ん」「?」「美味しい焼き蕎麦ァ、食べてかなーい?」「珠美先輩!」「うふ〜ん…」「…一体、何やってるんですか?」「え? 見て判んない? 焼き蕎麦屋。バイトしてんだけど」「いやまぁ…、それは判んなくも無いですけどー…」」…こんなローカルな処でまでバイトしているんですな。この先輩、どこに住んでいるんですかね。「「けど、何で水着なんですか?」「よくぞ訊いてくれました! ぶっちゃけさぁ、屋台の焼き蕎麦なんて、どこの食べても似たりよったりな味じゃ無ーい? そこで味以外のとこで一工夫してみたのよお!」「それで水着ですか…」「そう! 夏祭りの屋台で、海の家感覚が味わえる、夏の醍醐味満喫の“水着焼き蕎麦”って訳!  鉄板の熱気に肌を汗ばませた水着美女が、たわわな胸を揺らして焼き蕎麦を焼くッ! 視覚と味覚を同時に満足させる新商法! これで物足りない訳が無いってモンよォ!!」「はぁ…」「何よその顔…」「あ、いや、別に何も…」「判ってるわよ! 私じゃ乳が足りないって言いたいんでしょお!? 焼き蕎麦屋だけに、そこも鉄板かよって思ってるんでしょ!? しょうがないじゃない、おっぱい要員の子が水着はヤダってバックレちゃったんだからぁ!」」…下手な小細工はやめて、そのトークをウリにすれば、と、思うのですけど。(苦笑)
 「「あの子、そろそろお祭りに行ってる頃よね…。(…折角誘ってくれたんだから、何もあんな風に言う事無かったかな…)」トントン「なーにー?」「お嬢様、お出掛けの時間です」「は?」「失礼します。浴衣をお持ちしましたので、早くお着替え下さい。さ、早く」「わぁ! ちょちょちょっと! 待ちなさいよ! 何で私が浴衣に!? ちょっとぉ、やめなさいったらぁ!」」…強引ですな。お嬢様もお嬢様ならば、メイドもメイド。この展開上、彼女もゆりかの事を思ってなのだろうけど…。まぁ、このくらい強引でないと、ゆりかも動けない気もしますけど…。
 「「ちょこを見ませんでしたか?」「ん? ちょこちゃん?」「一緒に来たんですけど、はぐれちゃって」「はぐれたって、ひょっとして2人に気を利かせたんじゃ無いのぉ?」「な、何言ってんですかぁ!?」」…ちょこはそんな気の利いた子じゃあ無いです。「「冗談よ冗談。そんなムキになんないでよぉ。私も一緒に捜してあげるからぁ…お…と、おとと!?」ぽよよんっ「おおー」「あ…あ…あ…、いや──あああー!!」」…これは予想していませんでした。
 「「えーと…“お兄ちゃんが迷子になった時は”━━」」…いや、あんたが迷子になっているんですから!
 「「そっかー、兄貴とはぐれちゃったのか」「そうなの。お兄ちゃんたら、急にいなくなっちゃうんだもん」「(って、いなくなったのは、お前の方なんじゃ…)」」…流石です。正解です。「「ん?」「ちゅぷちゅぷ…」「ぉぉぉ…」」…いや、そういうネタやめましょうよ…、というか、駆って意外とマセてる?
 「ドンっ「わ、すみません」がばっ「うわっ!?」「おい! 人にぶつかっといて言う事はそれだけか?」「何だよ、ちゃんと謝っただろ?」「あぁ!? ガキの癖に口答えすんのか、コラぁ?」「オンナ連れてるからっていいカッコすんじゃねぇぞ?」「おい、その子は関係無いだろ!?」」…お、かっこいい! 流石はショタの名手、雑破 業氏!
 「「あんた達! そこで何してんだい!?」「あぁ?」「…祭りに喧嘩は付きモンだけど、子ども相手にゴロ巻くなんざ、見っとも無いにも程があるよ!?」「何だとコラァ!?」「文句あんのかババァ!?」「Σ( ̄□ ̄;; …こんないい女に向ってババァだなんてっ…、随分と目の悪いガキ共だねェ!? …いや? 悪いのは顔と頭と性根もか?」「何ィッ!?」「やんのか、コラァ!?」「ああやってやろうじゃないか。どうやらあんた達には、きつーいお灸を据えてやらないといけないようだからね」「何だとォ!?」「やっちまえぃ!」」…お、少ないコマで効果的に描いているなぁ。こう描くんですよ、某腐女子向けアニメさん。
 「「んぐんぐんぐっ! くあーっ!」「んぐんぐんぐっ! うあぁははーっ!」「おおお…!」「おお! 遂に…遂に大会新記録です! しかし、双方一歩も譲る気配がありません! この2人、一体どれだけ呑むんでしょうか!?」「飛入りの癖にやるわねあんた」「あんたも中々やるじゃない?」「ビールじゃいつまで経ってもケリが付きそうに無いから、こっからはポン酒で勝負しない?」「いいわよ? こちとらヲォッカだろーがテぇキーラだろーが、アァルコールが入ってりゃ何でもォ来いよっ!」「さぁ! これは前代未聞です! ここから先は、掟破りのチャンポンバトルに突入です!」」…こう見ると真琴って粋なんだなぁ。場がそう見せるんだろうなぁ。
 花火に喜ぶゆりかを見て笑む秀子…共にツンデレという組合せが面白いですね。意外といいコンビかも。
 次回予告「「“気になる男の子と、仲良くしたい時━━”、“仲良くしたい時━━”…。次回、『ちょこッとSister』、「ドタバタ☆ティーパーティー」。」「べ、別に下心なんて無いからね!?」」…え? これはどういう組合せ!?
 

http://www3.to/katoocom/

 


保母さんズ  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 6日(月)02時17分55秒
   
 『ちょこッSister(雑破 業竹内 桜白泉社NOMADメディアファクトリー東芝エンタテインメント,ちょこシス製作委員会)
 第17話「ドタバタ☆ティーパーティー」(※以下、チバテレビ放映分を元に感想記事を書いています)
 「━━「はぁはぁ…」「姫殿、魔法使い殿! 頑張って下さい、後少しです! この森を抜ければ━━!」ゴォォォ…「…ちょっと、これどういう事よ!?」「どうやら、道を、間違えたようで」「何やってんのよぉ、ドジ、バカ、マヌケ──ッ!!」「ハハハ…」「おやおや、一国のお姫サマにしては随分乱暴な口の利きようねェ? さぁ、姫サマ? 観念して渡して貰いましょうか? 王家の証…、“乳バンド”をッッ!!」「ええっ!? 誰があんたなんかにぃ! 第一サイズが合わないでしょうっ!?」「あー、そうだっけ?」「キ──ッ!」「わぁー、大きいー!」「っ!! ちょっとあんた! 魔法使いなんでしょ!? 魔法で何とかしなさいよ!?」「う、うん…。えーと…、“デカ乳女に囲まれた時”…、“デカ乳女に囲まれた時”は…、ダメ、載ってない」「ああっ!! もうほんとに訳に立たないんだからぁ!!」「さあ無駄な抵抗はやめて、乳バンドを渡しなさい! …さも無いと……」「…っ!」キラッ…ザシュッ!ザシュッ!ザシュッ!「お、お前は!? …うわっ!? …くそう…!」「そこまでだ!! これ以上やると言うのなら、次はこっちだぞ!!」「た、退却だッ!!」」…凄い…、キャラクターをここまで“使える”というのは凄い。しかもいい処を駆に演じさせる辺り、流石は雑破氏です。おまけに次はどこだって…?(^^;;;;
 「━━「ゆりぴょん、このケーキおいしいね?」「…っ」ボウンッ!━━」…やっぱりあんたが魔法使い役では。(^^;;;;
 「「お待たせ致しました。ブルーベリータルトと、紅茶のセットでございます。…どうぞ、ごゆっくり」カランカラン「お帰りなさいませ、お嬢様」」…執事喫茶でバイトをするはるま。目茶々々高度なネタを出してきたな、雑破センセ。
 「「お、マター、また腕を上げたわね」「もう四十肩だから上がらないよ」「何よぉ、ちょっと嬉しそうな顔しなさいよぉ、お世辞なんだから」「お世辞かよ!」」…何だ、このコント。(^^;;;;
 「「ティーパーティーですか」「そう! イギリス式の本格的な奴をお願い!」「かしこまりました、早速手配致します」「…大事なお客様を呼ぶんだから、手抜かりが無いようにね!?」「お任せ下さい。では失礼致します。ふ…」「ちょっとお! もしかして笑わなかった!?」「失礼致します」「ねぇ、ちょっとぉ!?」」…なんかこのメイド、気に入ってきたぞ。(^^;;;
 「「えーと…ハンカチでしょ…、ティッシュでしょ…、お財布に…、それと、これ!」」…“これ”って事は、そのアンチョコには正式名は無いのですかね。
 「「いらっしゃーい」「ふふ…」「…ぅぅ…」「こんにちはー!」」…凄いオチだ。
 「「でもま、たまにならいいか…」」…少しずつ変わってゆく、ゆりかの周り。
 「━━「えーんえーん…」「ゆりか姫、ゆりか姫」「どうか目を覚まして下さい!」「えーんえーん…!」ヒヒーンッ!「おおー…!」「おいお前達、どうしてそんなに泣いているんだい?」「わぁー…!」「実は、私達と一緒に暮していたゆりか姫が━━」「━━悪い魔法使いに騙されて、毒入りブラジャーを付けたとか…!」━━「え〜へっへっへっへ…」「あーれー…!」━━「…うっ…!」「死んだように目を覚まさなくなったのです!」「これは、悪い魔法使いの呪いに違いありません! この呪いを解く方法は唯一つ!」「…王子様のキスだけです!」「ええっ!?」「…(ふふ)…」「うぅ〜っ…!」「そういう事なら一つ、私が試してみよう!」「やったー!」「…おおっ! これは何と美しい!」「それでは王子様!」「ゆりか姫に目覚めのキスを!!」「王子様ばんざーい! ばんざーい!」」…『おんぶおばけ(横山 隆一よみうりテレビ,エイケン)の要領で、このスターシステムを使って、色々な童話を展開するのは面白いかもなぁ。というか、本編より面白そうな気が。「「ん…?」「ちゅ──…」「…ぅ…ぅ…」「良かった、ゆりぴょん、目が覚めたんだ」「ちょ、ちょちょ…、これって、い、一体…」「ゆりぴょん?」「は、はい…!?」「…ゆりぴょん、大好き」「っ!?」━━「はぁはぁ…、何であの子が王子様なのよ──っ!?」」…ショタ(駆)とレズを同時に描くとは、やるな。(笑)
 次回予告「「疲れた時も、眠たい時も、ねこにゃんダンスを踊れば、皆ハッピー♪ 次回、『ちょこッとSister』、「Let's にゃんシング!」。お兄ちゃん? 踊り過ぎには注意してね?」」…踊らされ注意。by 『ワンダービット』(島本 和彦アスキー)第24話「ダンシング・シンドローム」
 

http://www3.to/katoocom/

 


いや、ホンマにお金貰ったん  投稿者:タックン  投稿日:11月 6日(月)17時49分51秒
  この手のサイトは会うまで時間かかりがちだけど、会うまで早かったです。向こうがお金出す形なんで即会いって訳じゃないけど、ちゃんと話聞いてくれるコは
ちゃんとお金くれましたよ。
 


泳がし  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 7日(火)03時30分58秒
   
 なんかここ最近、毎週のように書き込まれる感じだなぁ。そろそろ攻撃を開始してやろうかしら。(何)
 

http://www3.to/katoocom/

 


友達と出会えたヒツゼン (1/2)  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 7日(火)03時34分14秒
   
 2006年11月6日。
 【2006年11月5日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 161通、 718.91KB。
          (▲ 31 ▲ 70.09)
 日本語スパムメール  37通、 310.99KB。
          (▲ 7 ▽ 20.44)
 
 『XXXHOLiC(CLAMP講談社Production IG,アヤカシ研究会,TBSBMG JAPANキッズステーションムービック,パイロテクニスト)
 外伝「ツイオク」(第二十四話、最終回)(水野 夢絵さんより補完)
 「「…? ……」「どしたの?」「ほら、あそこ」「え?」「“手”があるよ」「え、どこどこ」「あそこだよ、ほら、モクレンの花の処」「え? “て”?」「無いよ、“て”なんか「…、あそこにあるのに…」「ちょっと変わってるよな、四月一日は」「うん、いっつも変な事ばっか言ってるもんな」「……」」…という訳で、四月一日の小学生時代。平均的な人であれば、そんなモノがある時点で悲鳴を上げる処ですが。
 「「これで今日の夕飯分は良しと」」…もしかして、四月一日ってこの頃から既に親無しだったんですか…。おさんどん少年には萌えですが、素直に萌えられませんです。
 「「…! ……、まただ…。何だろうあれ。マネキンの手か何かかな…。嫌だなぁ…」」…神戸連続児童殺傷事件の時も、最初は人形だと思われたらしい。幸か不幸か、自分にはこのような(ここで言う「このような」は、非常に広義且つ複雑な条件が含まれていますが)経験は無いのでピンと来ないのですが、人間の感覚って、そういうものなのでしょうかね。
 「「っ!! ……(あれはマネキンなんかじゃ無い。本物の手だ…!)」」…OPの手の正体。
 「「ぅ…ぅ…」ズズズ…「ぅぅ…ぃぁあああ…」」…下からのアングル。怯える四月一日少年。これはこれで萌えかも。(死)
 「「これ、何て読むの?」━━6年2組 四月一日 君尋━━「ぇ? …“わたぬき きみひろ”」「“わたぬき”かぁ。ひょっとして、誕生日が4月1日だったりするの?」「うん…、そうだよ。笑いたけりゃ笑いなよ。変な名前だろ」「そんな事無いよ、一度聞いたら忘れられない誕生日だと思うけど」「……」「それに、その日は僕にとっても凄く大事な日なんだ」」…こ、これはショタBLな予感。(笑)
 「「ここは、僕の秘密の場所だけど、いつでも、好きな時に、来るといいよ」「ぇ…、いいの!?」「うん!」」…『ふたりの場所』(すたじおみりすすたじおみりす team L←→Rたくまる片霧 烈火)
 「「今日も来てくれたんだ」「来てもいいって言ってくれたから。悪かったかな…?」「全然! そんな事ある訳無いよ。上がって来なよ!」「うん!」「昨日は、ほんとありがとう」「ああ、別にいいって」「…あの…、僕…、昔から時々変な物が見えたりするんだ…」「変な物…?」「僕には普通に見えてるのに、周りの人には全然見えて無いらしくて…」「そっか」「だから僕がその事を言っても、皆信じてくれないんだ…」「僕と一緒だ」「!」「僕にも見えるんだよ、そういう変な物が」「やっぱり、そうだったんだ! いつからなの!?」「覚えて無い、ずっと昔からかな」「……」「ねぇ、良かったら明日も一緒に遊ばない?」「うん! …でもいいのかな…」「何が?」「僕、変な物見えるだけじゃ無くて、憑依(つ)いて来られたりもするし…、ほら、昨日の“手”みたいのだって…。君に悪くないかな…」「いいよ別に。またあんなのが現れたら一緒に塩撒いてやっつければいいんだ。そうだろ?」「…! うん! そうだ、明日は僕の家に来なよ」「判った、そうするよ」」…うわぁ、いい雰囲気。
 

http://www3.to/katoocom/

 


友達と出会えたヒツゼン (2/2)  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 7日(火)03時35分44秒
   
 「「おかえり!」「ただいま!」「今日も買い物して来たんだ」「うん、夕飯の用意とか、手伝える事は手伝いたいから。…僕、両親がいないんだ」「え?」「今はこのアパートの管理人さんが、僕の面倒を見てくれている。血は繋がって無いけど、“家族だ”って言ってくれて。凄く優しいんだ」「………、ふうん。ここに一緒に住んでるんだね」「今は、一つ部屋を貰って、そこに独りで住んでるんだ」「独りで? 心配されない?」「初めはね。でも、自分の事は、自分で出来るようになりたいって思ったから。ここだよ。どうぞ」「……」「? どうしたの? 入らないの?」「いや、凄いなって思ってさ」「ぇ、何が」「だって、この部屋で1人で暮してるんだろ?」「…」「寂しい時とか無いの?」「…! ……」「……」「……、そうだな…、たまに…、ほんとに、ちょっとだけ…」「やっぱり凄いよ」「……」」…明かされる、四月一日の過去と心の内と。
 「「そう言えば、君の誕生日も、もうすぐじゃない。4月1日だもんね」「覚えててくれたんだ!」「僕、何かプレゼントあげたいな」「え!? いいよ、そんなの!」「だって、友達の誕生日に何かあげたいって思うのは当然だろ?」「と、トモダチっ!?」「違った…?」「ち、違わないっ!」「だったら4月1日当日になったら、渡すね」「じゃあ、僕もその日に、何か料理を作ってもいいかな」「え、だって君の誕生日じゃない」「いいんだよ。僕が作りたいんだから。そうだ! 折角だから、お花見しながら、お弁当を食べようよ!」「……、ふふ…」」…すっごくそんな雰囲気が漂っていますです。
 「「ちょっと早く来過ぎたかな…。……、…っ!!」」…またしても。「…、…、いいっ!? ……っっ! 〜〜、…、ああっ!? …うわぁぁぁ…! まずい…! 今日は塩持って無いし、どうしよう…!」」…これだけいると、気味悪さを越えて、結構怖いですね。
 「「新しい制服だね」「…!」「よく似合ってるよ」「……」「……」「ありがとう。また助けてくれたんだね」「あの手みたいな奴は、時々この辺りに現れるんだ。この川沿いの桜並木は、神隠しが起こるって噂、聞いた事ないかな?」「神隠し…?」「でも、もうここら辺には出て来ないと思うけど」「……、…!」「…そう…、僕もなんだよ。7年前の今日、あいつらに連れて行かれたんだ。前に言ったよね、4月1日は僕にとっても特別な日だって。今日は、僕がここから“さよなら”する日なんだ」「ぇ…」」…それが彼の表情が物語っていた事だったんですか。
 「「さっきは、これを使ったんだ」「……?」「…僕の骨なんだ」「…!」「ここから消えていなくなってしまう前に、それを渡せて、本当に良かった」「…折角…、折角仲良くなれたと思ったのに…」「…ごめん…、さよならだ…。君と友達になって、本当に嬉しかった」「…違うよ! …ずっと友達だろ!」「…うん…!」ざあああ…「………」」…これはもう、もう一つの『神無(すたじおみりす,すたじおみりす team L←→R)だよ!
 「「俺が今日まで何とかやってこられたのは、あの時貰った、骨のお蔭だよな…。磨り減って、もうずっと前に無くなっちゃったけど…。……」━━「ふふふ…」「ハハハ…」━━「…!?」━━………━━「……」」…それは桜の木の、そして四月一日の、そして名も知らぬ消えた“友達”の記憶。この話、星逢 ひろ氏にリライトして欲しいかも! 絶対、めさめさ泣けるショタBLになる事間違い無いって!
 「「はぁぁ…、どうせこんな事だろうと思いましたよ…。いつ“エイプリルフールだ”って言い出すか、むしろ待ってたくらいですから…」」…そう言えば「エイプリルフール」というキーワードはこれが初めてですよね。
 「「どうしたの、四月一日?」「いや、何でも無いです!」「……。四月一日?」「?」「“一緒にご飯を食べられる人が傍にいるって、いいもんでしょ?”」「! ……」「……」「…、…はい!」」…完。
 総評。当初は『ツバサクロニクル(CLAMP,講談社,NHKNHK教育)に対する参考視聴のつもりでしたが、『ツバサ』が余りのヘタリ振りを見せる反面、『HOLiC』が傑作に仕上がるという予想外な動きを見せ、結局、『ツバサ』の視聴を打切り、『HOLiC』視聴継続という事になりました。マクロなジャンルという意味では同カテゴリに含まれるであろう『ひぐらしのく頃に(竜騎士0707th Expansion,ひぐらしのく頃に製作委員会,創通エージェンシー)とはいい勝負と思われ、甲乙付け難いのですが、恐らく自分の熱中度は『ひぐらし』に軍配が上がるですかね。『ひぐらし』に87点を付けましたので、『HOLiC』は85点。怖さと同時に人の心や社会の真理のようなものを映し出しているのは両作とも同じ。後味がいいのは『HOLiC』かもですね。
 

http://www3.to/katoocom/

 


やれる!  投稿者:タク  投稿日:11月 7日(火)09時13分19秒
  こんなとこ発見!今月2人目!ラッキー!
ココ!
 


覗き見くしぃ  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 7日(火)13時34分34秒
   
「mixiの裏技」でパニック バグ悪用でデマ出回る(ITmediaニュース)(7日12時14分)
 
 「「他人のページに『足あと』を残さずに訪問できる裏技がある」――SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)「mixi」で11月5日夜、こんなうわさが流れた。だがこの“裏技”を実行すると、他のユーザーが自分のページにアクセスできなくなってしまう不具合が起きる。原因はmixiのバグ。一部ユーザーが実際に実行してしまい、一時パニックに陥った。運営元のミクシィは11月6日未明にこの不具合を修正し、今は騒動は収まっている。【画像】情報は5日夜に「mixiの裏技」「相手のページに足あとが残らない方法」などというタイトルで、規模の大きなコミュニティーにマルチポストされていた。内容は、自分のページへのアクセスを制限できる「アクセスブロック」機能で特定の設定をすれば、自分の「足あと」(自分が他人のページにアクセスしたことを知らせる機能)が見えなくなったり、友人限定で公開している日記を、友人でなくても読めるようになる――というものだった。この情報が投稿された掲示板には、最初に投稿したユーザーとは別アカウントで「本当だ」「すごい!」などというコメントが相次いで書き込まれ、信ぴょう性が高い情報であるかのように見せていた。だが、この設定を実際に行うと、すべてのユーザーから自分のアカウントにアクセスできなくなる不具合が発生。これはmixiのバグだった。投稿を信じて設定を行ってしまったユーザーの一部はパニックに陥り、コミュニティーの掲示板で対策について情報交換した。だが、掲示板上にも悪質なユーザーが出現。修正法と称して、コマンドプロンプトからCドライブをフォーマットする方法や、ドライブ内の全ファイルを削除する方法などを紹介する悪質な書き込みや、ブラウザクラッシャーやトロイの木馬のURLを「対策ページ」として貼り付けるなどのケースもあった。ミクシィは翌6日の午前3時半にバグを修正し、“裏技”を実行したユーザーの不具合も解消。コミュニティーに書き込まれた“解決策”については「有効な方法ではない」と警告した。午後4時現在、悪質な書き込みをしたユーザーのアカウントや、関連するコミュニティーのトピックなどはほとんど削除されている。今回の“裏技”を鵜呑みにして実行してしまったユーザーの一部は、反省のためのコミュニティーを複数開設。合計500人ほどが参加し、試した理由を「興味本位」「好奇心」「マイミクではない知り合いの限定公開日記を読みたかった」などと報告。「自分は引っかからないと思っていたのに……」などと悔やむユーザーもいる。
 
 まぁ、その“裏技話”自体も悪いでしょうけど、試す方も悪くないとは決して言えないなぁ…。
 それより、インターネットコンテンツ上のトラブルなのに、ローカルであるシステムフォーマット等のデマに引っ掛かるのはいかがなものだろうか…。(汗)
 

http://www3.to/katoocom/

 


誰も書かないようだから俺が書いてやる 投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 8日(水)02時28分53秒D

 
 2006年11月7日。
 【2006年11月6日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 165通、 731.33KB。
          (▲ 4 ▲ 12.42)
 日本語スパムメール  45通、 417.29KB。
          (▲ 8 ▲ 106.30)
 
「いじめで11日に自殺」=文科省に予告の手紙−初中教育局長が緊急会見(時事通信)(7日1時1分)
 
 「文部科学省の銭谷真美初等中等教育局長は7日午前零時すぎ、緊急に記者会見し、「いじめが原因で11日に自殺する」と書かれた手紙が6日午前、同省に届いたことを明らかにした。差出人などは不明という。銭谷局長は「失われた命は戻らない。命を大事にしてほしい」と呼び掛けた。同省は6日夜、手紙の消印から可能性のある21都道府県39自治体の教育委員会に対し、至急いじめの事実がないか確認し、学校をサポートするよう指示した。一連のいじめ自殺問題をめぐり、こうした手紙が同省に届いたのは初めて。手紙は「文部科学省伊吹文明大臣様」と書かれた大型の封筒に入れられ、教育委員会や担任、クラスメート、両親あてなどそれぞれ小さな封筒入りの文書6通が同封されていた。差出人を特定できる情報はなかったが、消印の一部に「豊」の文字と「4」の日付が読み取れたという。
 
<いじめ自殺>文科相あてに予告手紙届く 小中学生の男子か(毎日新聞)(7日1時27分)
 
 「文部科学省は7日未明、いじめを苦にした自殺予告の手紙が6日午前中に伊吹文明文部科学相あてに送られてきたと発表した。手紙は「僕は、いじめが原因で11月11日土曜日に自殺することを証明します。手紙を書いた理由は生きていくのがつらいからです」などとつづっていた。内容や字体から小中学生の男子からとみられる。文科省は、消印から差し出した地域とみられる21都道府県39市区町村の教育委員会に該当する子供がいないか探すよう通知した。封書には、文科相、教育委員会、校長、担任、同級生、同級生の保護者、両親にあてた手紙7通が同封されていた。それぞれ、便せんや原稿用紙1〜2枚に記され、8日までにいじめの状況が変わらなければ、11日に学校で自殺することを予告している。文科相あての手紙には「先生は何もしませんでした」、担任へは「なぜ僕をたすけてくれないのですか」、同級生には「クラスのみんなへ」と題し、「みんな責任をとって自殺してください」、両親へは「ごめんなさい」などとつづっている。消印は4日付。差出人の名前、学校名などが特定できる情報はない。消印に「豊」という1文字だけ見えたため、文科省は「豊」を含む集配郵便局のある21都道府県39市区町村教委に連絡し、いじめの相談・報告があるか確認している。午前0時過ぎに会見した銭谷真実・初等中等教育局長は、公表に踏み切った理由について、「手紙通りとすれば、11日に自殺すると言っているわけで、一度しかない命を大切にしてほしいと考えた。大人もいじめ問題の解決のために頑張るから、ぜひ生きてほしいというメッセージを(マスコミに)伝えてほしい」と話した。いじめを苦にした自殺では8月に愛媛県今治市で中学1年の男子が遺書を残し首つり自殺。今年10月上旬、北海道滝川市教委が小学6年の女子児童(12)の自殺をいじめ自殺と認めて以降、福岡県筑前町立三輪中学校2年の男子生徒(13)が自宅で首をつって自殺したほか、岐阜県瑞浪市の中学2年生の女子生徒(14)も自宅で首をつって自殺している。文科省は10月19日、都道府県・政令市担当者の緊急連絡会議を開き、いじめの兆候をいち早く把握することなどを求める通知を出していた。【高山純二】
 
いじめ苦の自殺予告手紙、文科相宛て届く(読売新聞)(7日3時3分)
いじめ自殺 “あなたは一人ではない。”松井選手メッセージ(産経新聞)(7日8時0分)

 
 「各地で続く学校でのいじめを苦にした子供の自殺に、ニューヨークでオフを過ごしているヤンキースの松井秀喜選手(32)から産経新聞にメッセージが届いた。かねて子供を取り巻く環境に関心を持つ松井選手にとって、日本から届くニュースの数々は悲しくてならない。いじめ自殺の再発防止に向けた動きが続く中、松井選手は「あなたの周りにはあなたを心底愛している人がいる。もう一度じっくり考えてほしい」と子供たちに訴えた。松井選手は現在、本拠地ヤンキースタジアムで週に2〜3度、シーズン中に骨折した手首の可動域を広げる運動などを行っており、11月中旬に帰国する。その一方で、左手首のリハビリ中に受け取った日本人学校の生徒への謝意を伝えるため、10月18日から約2週間にわたり、日本人学校6校を巡る“お礼行脚” も行った。ふれあった児童、生徒の数は延べ1625人。「今度は優勝報告で来られるといいね」と来季の世界制覇を改めて誓っていた。子供を対象とするファンデーション(基金)の立ち上げを目指す松井選手はかつて、「いじめ撲滅」に向けて「人は夢を持っていると思う。僕の夢は野球そのものだった。いじめることが夢なんて人は一人もいないはずだ。かなう夢、かなわない夢があると思うけど、いじめは夢の遠回りになっている」とメッセージを発したこともある。いじめ問題については6日、池坊保子文部科学副大臣が昨年9月に北海道滝川市の小学校で起きた自殺について現地を訪れ、北海道教育委員会や遺族らから聞き取り調査を行った。自殺した小6女児の遺書にはいじめを訴える記述があったが、市教委は当初、遺書を「手紙」と呼び、「いじめがあったとは考えていない」としていた。福岡県筑前町で起きた中学2年の男子生徒のいじめ自殺では町教委が調査委を立ち上げ、近く学校側がまとめる報告書をもとに議論が行われる。文科省は相次ぐいじめ自殺に対する各教委の対応について「調査目的や調査方針が必ずしも明確でなく、遺書の公表など慎重になりすぎ。教職員一丸となった日常的な生徒の状態把握に課題があった」と、共通する問題点を指摘している。■本紙に寄せた全文次々と子供たちが自らの手で命を絶つことには、僕も我慢がなりません。いろいろな理由があるにせよ、いじめをしている人、いじめで悩んでいる人には、もう一度じっくり考えてほしい。あなたの周りには、あなたを心底愛している人がたくさんいるということを。それは家族であり、親戚(しんせき)であり、友人であり、先輩であり、後輩であり、時にはペットであるかもしれません。人間は一人ではない。いや一人では生きてはいけないのです。だから、そういう人たちが悲しむようなことを絶対にしてはいけないと僕は考えます。相手の身になって、もう一度考えてみてください。ニューヨーク・ヤンキース 松井秀喜
 
いじめ自殺を予告した手紙(時事通信/写真ニュース)(7日9時29分)
自殺対策会議が初会合(時事通信/写真ニュース)(7日10時37分)
<自殺予告>伊吹文科相「世の中は君を放っていない」(毎日新聞)(7日11時17分)
<自殺予告>警察庁が注意 「豊」消印の地区ある警察本部に(毎日新聞)(7日11時17分)

 
 「警察庁は7日、「豊」の消印から推定した差し出し地区を抱える21都道府県の警察本部に対し、該当するようないじめのケースがないか注意するように求めた。同庁少年課は「基本的に子どもの命にかかわる問題なので文科省と協力して対応していきたい」と話している。
 
<自殺予告>差出人可能性の21都道府県の学校 朝から対応(毎日新聞)(7日11時29分)
 
 「差出人がいる可能性がある21都道府県39市区町村では7日早朝から教育委員会や各小中校が対応に追われた。都道府県教委などに同省から手紙の文面がファクスされ、担任教師らが筆跡に見覚えがないか点検する学校も多かった。北海道では小6女児のいじめ自殺事件があったが、豊浦町立豊浦中では7日朝、職員会議で対応を検討。全校生徒119人の個別の教育相談を今週中に開催する方向で検討を始めた。手紙では11日に学校内での自殺を予告していることもあり、大阪府豊中市立第三中の利根安彦校長は「11日は校内で待機することも考えている」と話した。伊吹文明文科相が特に可能性が高いとした東京都豊島区の豊島郵便局に隣接する中学校では、朝の職員会議で「生徒の出すサインを見逃さないように」と教職員同士で確認。登校してきた1年女子生徒(12)は「(ニュースを聞いて)怖いと思った。命は大事だから、いじめで死んじゃだめだと思う。死なないでほしい」と話した。また、3年男子生徒(15)は「理解できない。死んでも何も解決しないと思う」と語った。
 
<自殺予告>文科相異例のメッセージ 差出地東京・豊島区か(毎日新聞)(7日11時46分)
 
 「伊吹文明文部科学相は7日の閣議後会見で、自分あてに送られて来たいじめ自殺を予告した手紙の差出人に対し、自殺を思いとどまるよう呼び掛ける異例のメッセージを送った。また、手紙の消印にあった「豊」の後の文字について、「いくつかの専門的な方に調査依頼した結果、『島』の可能性が強いと言っている」と述べ、「豊島」の消印の可能性が高いことを明らかにした。伊吹文科相は、豊島区がある東京都教委に重点的に調査するよう指示した。差出人については、「字がしっかりして、教育行政の知識もある」と、中高校生以上の可能性があるとの見方も示した。いたずらの可能性は否定しなかったものの、「命に関することなので、教委、教師にいじめを隠したり、放置したりしてはいけないと指導している文科省として率先して姿勢を示さないといけない」と手紙を公表した経緯を説明した。6日午前届いた封書には、伊吹文科相、教育委員会、校長、担任、同級生、同級生の保護者、両親にあてた手紙7通が同封されており、担任あてでは「なぜ僕をたすけてくれないのですか。僕は、なん回も先生に言ったし親も先生にいじめについて言いました。ぜったい先生をゆるさない」などと学校、教育委員会に相談したにもかかわらず、いじめがなくならない現状を訴えている。【高山純二】伊吹文科相のメッセージは以下の通り。「命は一つしかないものだし、自分のものだけではない。君が生まれた時はお父さん、お母さんが君の命を腕の中に抱きとってくれたわけだから、いろいろ言いにくいこともあるけれども、誰かに必ず気持ちを正確に伝えてください。学校の先生が何もしないということがあるのなら、文科省がこれだけのことをマスコミのみなさんにご協力をいただき、しているんだから、世の中は君を放っているわけじゃないことを理解してほしい」
 
「世の中は君を放っていない」=いじめ自殺予告、消印は「豊島」か−伊吹文科相(時事通信)(7日12時0分)
自殺予告手紙:「生きていくのがつらい」……手紙全文(毎日新聞)(7日12時14分)

 
 「6日午前中に伊吹文明文部科学相あてに届いた封書には、「文部科学省 伊吹文明大臣様」とあて先が書かれ、その横に「(重要文書在中)至急大臣にわたすこと」と注意書きが添えられていた。封書には文科相、教育委員会、校長、担任、同級生、同級生の保護者、両親にあてた計7通が同封されていた。ただ、個人名や学校名などは書かれていなかった。7日未明に文科省が公表した手紙の全文は以下の通り。(原文ママ)▽封筒表〒100−8959東京都千代田区丸の内251文部科学省 伊吹文明大臣様(重要文書在中)至急大臣にわたすこと▽封筒裏「いじめが原因で自殺予告文といじめと自殺は、因果関係がある証明書」在中いじめが原因の自殺証明書文部科学大臣  伊吹文明様僕は、いじめが原因で11月11日土曜日に自殺することを証明します。 この手紙をいじめた人達、学校の先生、校長、教育委員、いじめた人達の保護者、僕の両親に自殺をしたら見せてください。あとマスコミの人々にも全部見せてくださいお願いします。今回手紙を書いた理由は、生きていくのがつらいからです。いじめた人達は、何もバツをうけませんでした。先生に言ったのにも先生は、なにもしませんでした。両親にも言ったのですが「がまんしろ」しか言いません。なんとか親が学校の校長先生や教育委員のかたに連絡してもらったのですがなにもかわりません。なのに親や先生は、「お前の性格がわるい。や「がまんしろしか言わない。」ので11月8日の水曜日までになにもかわらなかったら「いじめが原因の自殺証明書」どうりに自殺します。場所は、学校でします。みんな信用できないので文部科学大臣の伊吹文明大臣に書きました。僕の名前は、11月11日土曜日に自殺のニュースでみんなに知らせてください。お願いします。お願いします。クラスのみんなへクラスのみんなへ なぜ僕をいじめるのですか。「キモイ」からですか「クサイ」からですか。なぜ僕をさけるのですか。なぜ僕のズボンをおろすのですか。ホモなのですか。なぜかげぐちを言うのですか。僕には、わかりません。僕は、みんながいじめたので自殺をします。自殺したあとにはんせいしたとかわるいことをしたなどうそを言うでしょう。ぜったい反省していないでしょなぜなら反省してたらクラスみんなで僕をいじめないからです。ぜったいなん年かたったらわすれるでしょう。なので僕が自殺しました。そのあとでみんな責任をとって自殺してください。11月12日の日曜日に学校の教室で自殺をしてください。反省しているのならできるはずです。なぜみんなが責任をとらないといけないかは、わかると思います。テレビなどでは、いじめた人は、先生や校長先生や教育委員会がみんなグルになってしょうこをいんめつしたりしていじめはないとウソをついたからです。だれも責任をとったいじめっ子は、いません。大人たちのせいです。なのでこんどは、大人の人がまもっくれると思っているのでしょうがまちがいです。ぜったいみんな自殺して責任をとるようにいろんな人に遺書を書きました。ぜったいいじめは、ゆるしません。僕からは、自殺をしない人は、ひきょうものだとしてウラミます。そしてうらみ殺します。または、全員の名前をこうしょうしてもらいます。生きじごくです。ずっといじめをした人だとまわりからゆわれてすごすことになります。最後に責任をとってください。集合場所 学校の教室日時 11月12日日曜日僕が自殺した次の日持ち物 ロープ(くびをつるため)または、 ナイフ(自分でさして死ぬため)です。まもらない人は、あとでのろい殺します。さようなら僕をころしたクラスのみんな両親へ親へ お父さんお母さんこれを読んでいる時には、僕は自殺しています。ごめんなさい。 僕はがまんができませんでした。 いじめた人達、学校の先生、校長先生、教育委員は、みんな同じです。テレビを見てほかにも自殺したいと考えている人々がいることがわかりむりをしなくてもよいことがわかりました。いじめた人達何もしなかった先生、校長先生、教育委員のせいで僕は死にます。自殺します。先生や校長先生、教育委員は、テレビで見たように責任のがれをするでしょう。僕にはわかります。だから僕は、彼らをうらみます。もし生まれかわれたらまたお父さんお母さんの子供になりたいです。担任の先生へ担任の先生へ なぜ僕をたすけてくれないのですか。僕は、なん回も先生に言ったし親も先生にいじめについて言いました。もう先生が言ったように「がまんしろ」「お前が悪い」など先生に言われましたがいじめた人は、僕が「キモイ」や「クサ」など言います。どこに問題がありますかなぜ僕だけがこんなめにあわないといけないのですか先生は、僕を嫌いなのですか11月8日水曜日までにいじめた人に注意をしなければ僕は11月11日土曜日に学校で自殺します。先生もいじめている人と同じです。死んだらうら見ます。ぜったい先生をゆるさない。 僕が死んだら先生は、テレビでやってたようにウソをついていると思います。「いじめは、なかった」とか「いじめと自殺は、因果関係」がない、とかぜったい言ってるでしょう。先生も責任をとって僕が自殺した次の日の日曜日に自殺してください。ぜったいです。だけど先生は、信用できません。なので文部科学大臣に手紙を書きました。僕は、学校の先生を信用できません。ほかの先生もです。見てみぬふりをしています。いじめられているところを先生は、見たでしょなのになぜなにもしないのですかわかりません。クラスのみんなの保護者へ僕はあなたの子供にいじめられて自殺してもう生きていないでしょう。いままでどんな教育をしてそだててきたのですか。僕には、わかります。集団でいじめで責任をあやふやにして生きていくように子供をそだてたのですね。こんかいの自殺でいじめを知らないなどと言うと思うのですがウソをつくのは、やめてください。僕には、わかります。自分の子供がいじめをして人を殺したのです。殺人事件です。僕をいじめた人達の保護者なので信用できません。学校とグルになってもみけしたりしょうこをいんめつしたりするでしょう。そうさせないために文部科学大臣に遺書を書きました。みんなは、なにを子供におしえたのですか。つみには、とらわれない人の殺し方なのですか。責任は、とるのですか。だれがとるのですか。ウソをつく人の子供は、ウソつきです。無責任です。人殺しです。もしかして保護者の人も自分の子供などと同じく人を殺したことがあるのですか。ぜったいないでしょう。人殺ではなく自殺においこんだのでは、ないでしょうか。なので子供に責任をとらせてください。集合場所 学校の教室時間   11月12日日曜日僕が自殺をした時間。持ち物  ロープ(くびをつるため)またはナイフ(自分で死ぬため)そして子供を自殺させなさい。命れいです。自分の子供は、人殺なのです。または、あなたが子供を殺してください。最後にだれもこの約束を守らないでしょうそれは、いじめについて反省してないからです。ウソつきでひきょうものだからです。最後に自殺するまえにいしゃりょうとして1人100万円いじめに反対しているNPOなどにきふすること。教育委員会へなぜ僕が自殺をしたのかわかりますか。ぜったいわからないとウソをつくでしょう。まず最初に言いたいことがありま。今回の自殺は、「いじめが原因で自殺した。自殺といじめは因果関係があり教育委員は、いじめをしっていながらなにもしなかった。」とはっきりテレビのニュースで本当のことをいってください。親が教育委員会に学校がなにもしないとなんどもなんどもいったのになぜなにもしないのですか。教育委員会のしごとはなんですかおしえてくださいいじめをさせるのが教育委員会のしごとですか教育委員会は全国にあっていじめをさせているのですか。テレビでは、ウソつきをしています。またこんかいもしょうこいんめつをするのですかこんかいはぜったいさせません。 なので文部科学大臣に遺書を書きました。僕は、なにもしなかった教育委員会をゆるせません。なので11月8日水曜日までにいじめがかいけつできなかったら11月11日土曜日に自殺をします。ほんきです。なにもしない教育委員会はいらないすぐに解散してください。僕は、死んだらうらみます。教育委員会は、どこもニュースでやっているとおり同じです。ウソをついて自分のためだけにやっています。きゅうりょうどろぼうで自己中心でゆるせません。なので僕は自殺をします。
 
<自殺予告>東京・豊島郵便局「何も分かっていない状況」(毎日新聞)(7日13時2分)
いじめ自殺予告、伊吹文科相「誰かに気持ち伝えて」(読売新聞)(7日14時34分)

 
 「いじめを苦にした自殺を予告する手紙が文部科学省に届いた問題で、伊吹文科相は7日の閣議後会見で、「誰かに君の気持ちを正確に伝えてほしい。世の中は君を放っておいているわけではないことを理解してほしい」と呼びかけた。伊吹文科相は、大臣や教育委員会、同級生らあての7通の手紙が入った封筒の消印について、「豊」の下の文字が「島」だとする専門家の意見があり、東京都豊島区内から投函された可能性が高いと明らかにし、都教委には、重点的に注意を促したという。また、担任あての手紙に「なぜ僕をたすけてくれないのですか。僕は、なん回も先生に言ったし親も先生にいじめについて言いました」と記述するなど、差出人が学校側にいじめの事実を訴えていることから、「思い当たる先生がいれば、必ず反応があるはずだ」とも話した。
 
<自殺予告>文科省、封書を公開 手紙と封筒の実物(毎日新聞)(7日14時35分)
いじめ自殺予告手紙 「豊島区の可能性」 文科相(産経新聞)(7日16時23分)
自殺予告 伊吹文科相「世の中は君を放っていない」(毎日新聞)(7日17時14分)写真ニュース
<自殺予告>封書実物を公開 文科省(毎日新聞)(7日19時58分)
<自殺予告>子供たちから同情や憤りなどさまざまな声(毎日新聞)(7日21時45分)

 
 「「伊吹文明様。僕はいじめが原因で自殺することを証明します」――。文部科学省トップを動かした自殺予告の手紙を読んだ専門家は7日、自殺を思いとどまるよう訴えた。また、消印にあった「豊」の字が入る地域の子供たちからは、同情や憤りなどさまざまな声が聞かれた。【井上英介、吉永磨美】「いじめ自殺」を予告した手紙について、消印で確認された「豊」の時が入る郵便局がある地域の子供たちからは、さまざまな声が聞かれた。「豊」の字が入る郵便局が10局ある愛知県。豊田市の中3女子(14)は「こんな訴え方は悲しくなる。周りの誰でもいいが、この子を支えてあげれば、こんなに深い悩みにはならなかったのでは。これから楽しい未来が待っているかもしれない。死んじゃだめ。学校も、友達も、家族も、みんなで助け、支えてあげてほしい」と、はっきりとした口調で語った。兵庫県豊岡市の小4男子(10)は「相当悩んで手紙を出したのだと思うとかわいそう。大人たちが早くその子を見つけてあげてほしい」。豊岡郵便局がある静岡県磐田市の小6男子(12)は「同世代がどんどん死んでしまい悲しい。自分も同じような経験をし、いじめられても先生は『だめだよ』としか言ってくれなかった。いじめる人も、先生など周りの人も、いじめられる人の気持ちを分かっていない」と嘆く。山口県下関市の中2男子(14)は「死ぬとか殺すとか(簡単に)言い過ぎる。死ぬ方も死なせる方も命を大事にしていない。いじめられている方も、死ぬと言えば周りがびびると思っているなら、腹が立つ」。長野県茅野市の中1男子(13)は「もし周りにいたら助けたいが、なかなか気づかないのでは」と話した。▽「ヤンキー先生」の愛称で親しまれる教育再生会議のメンバー、義家弘介さんの話 難しい漢字を使う一方で簡単な漢字をひらがなで書き、言葉の表記も不統一だ。訴えの信ぴょう性について、現時点で正確なことは言えない。ただ、手紙の主がいじめを受け、本気で死を考えている可能性は否定できない。文科相が「生きていて」と呼び掛けた判断は正しい。そのために同種の手紙が今後、山ほど寄せられるとしても、だ。文面から精神の混乱もうかがえる。いじめへの絶望感と、親や担任、学校長、教育委員会など誰にも受け止めてもらえない苦悩から「自殺する」と思い詰めているようだが、裏には「生きたい」という叫びがある。本当に生に絶望していれば、こんな予告文など送らないだろう。「いじめは絶対に許さない」と強調する。許さないのなら生き延びろ、と言いたい。生きて、自分を苦しめるものと闘わなければならない。そして、大人も本気でともに闘う姿勢を示さなければ、いじめは解決しない。「大丈夫」「がんばれ」という口先だけの同情はいらない。小手先で解決を図れば、かえって事態は悪化する。いじめに死をもって復讐(ふくしゅう)する連鎖は、何としても食い止めなければならない。いま苦しんでいるすべてのみなさんと、私はともに闘いたい。▽浜田寿美男・奈良女子大教授(発達心理学)の話 手紙に書かれたいじめの内容は具体性に欠け、筆者の特定は難しい。当事者たちに知られたくないという思いから、細かい事実を言いづらいのだろうか。今の時点では何とも言えない。文章全面から攻撃的な気持ちがにじみ出しているが、いじめの状況については冷めた目で見ているようだ。7通のあて先は、いじめ問題への取り組みで、報道機関から責任を問われているところが選ばれている。自分の気持ちを世間に表明することに意義があると考えているのではないか。実はいじめを受けていない可能性もある。学校や教育行政への強い懐疑や被害者感情が、筆者を突き動かしているのかもしれない。もし本当に自殺を考えているのなら、文科省の発表で報道機関が大きく取り上げ、世間にいじめを受ける苦しみが伝わったことをもって、思いとどまってほしい。これだけたくさんの文章を書くエネルギーがあるなら、死を選ばず、学校を休んででも前向きな解決策を考えてほしい。こうした自殺予告で、ほかの子供たちが影響されて自殺に走ったりしないか心配だ。
 呆れるし、憤る。この、馬鹿なコメントしか出せない者達に対して。
 そもそも、私は「自殺をやめさせる」という概念自体に疑問を抱いています。「自殺」とは選択肢の一つだと考えています。ただ、この選択肢がそれ以外のものと決定的に異なるのは、これを選択し、実行した最後、それ以外の選択肢を改めて選択する事が出来なくなる、という事。つまり、“パンドラの箱”と言えます。それ故に、この選択肢を選ぶ事は通常は「無い」のです。逆に言えば、もうそれ以外の選択肢が無い状況まで追詰められた時、その最後の道が「自殺」なのです。
 つまり、自殺をやめさせる、というのは、その最後に残された道すらも奪うという行為なのだ、という事を心しておかねばなりません。ぶっちゃけ、自殺を思い止まってくれたと喜ぶのは、第二者,第三者であり、当人は蚊帳の外。本人不在の結末でしかありません。
 それに、伊吹 文明文部科学大臣は「「世の中は君を放っていない」」と言ったそうですが、何と言う無責任な言葉だろう。名前も判らない、どこの誰であるかも判らない、そんな相手に対して、空虚甚だしい言葉だと思います。
 「いたずらの可能性は否定しな」いとありますが、これもいけません。この質問をどこのプレスが投掛けたのかは知りませんが、会見では蹴るべき質問でした。
 何より、この手紙がどこから出されたのかを調べるのに多くを費やしているようですが、果たしてそれがどのような意味を持つのだろう? 名前も無い、住所も無い、そんな“匿名”の封書に、消印の地域の学校を探す意味は余り無いように思われます。もし、他の町から出されたものだったら…? 匿名なのだから、その程度の事も当然の事として押えておくべきであるし、先にも書いたように、自殺を食止めるのを目的としている時点で完全な誤り。何故にそうした問題が生じるのか、それを改善せねば、自殺の選択肢を失った者は一体、どうなるというのだ!?
 

http://www3.to/katoo.com/


働いたら。。  投稿者:ニート  投稿日:11月 8日(水)17時00分37秒
  負けだと思ってるwオレ流で稼ぐ!!
ちなみに50万貯まったw
l○vedoorにも載ってたしな♪
 


最近の多さが  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 9日(木)01時02分30秒
   
 2006年11月8日。
 【2006年11月7日に届いた“迷惑メール”内訳】
 英語圏スパムメール 165通、 731.33KB。
          (± 0 ▲ 39.67)
 日本語スパムメール  29通、 239.72KB。
          (▽ 16 ▽ 177.57)
 
 本意では無いのですし、どうせイタチゴッコになるのがオチなので嫌なのですが、あまりにもしつこいのでそろそろ対応させて頂く事に。
 ただし今回は一定期間のみ。結構、広範囲を締出しているので、書き込みたくても書き込めない、という人は、メールを下さいませ。尚、サブジェクト名は必ず英語以外の言語で書いて下さい。英語のサブジェクト名を持つメールは一部の例外を除き、原則としてスパムとして処理させて頂きます。
 

http://www3.to/katoocom/

 


何の観測か  投稿者:加藤 義啓  投稿日:11月 9日(木)01時03分41秒
   
الجزيرة(アルジャジーラ)
 
موضوع التصويت: هل تعتقد أن الحكم بالإعدام على صدام حسين عادل؟

 
━━「投票:サッダーム=フセインは死刑になると思うか(死刑は執行されると思うか)
 括弧で括った訳文は意訳。字義は括弧せずに書いた方ですが、判決の出た後にアンケートなので、ここでは後者の意味と捉えるべきでしょう。
 日本時間11月9日0時13分現在で、投票総数26211。نعم(はい)が21.1%(5529票)لا(いいえ)が78.9%(20682票)となっています。
 質問内容は微妙なものになっていますが、単純に「判決を支持するか否か」でない辺りがالجزيرةらしいとも言えるかもしれません。Yahoo!ニュース等の投票と違って、このアンケートでは理由やコメントは書き込めないので、こうした意見の背景までは判りませんが、死刑執行の是非では無くて、執行されるか否かに対して、このような結果が出ているのは大変興味深いものであると思います。ちなみに加藤はنعم(はい)に1票投じてあります。
 このアンケート、投票はمكة(メッカ)時刻の本日いっぱいまで行われています。興味のある方はالجزيرة(アルジャジーラ)のトップページから投票してみて下さい。
 

http://www3.to/katoocom/

 


いいもんだぁ・・  投稿者:ゆき  投稿日:11月 9日(木)11時43分20秒
  ヤバイ!ハマっちゃいそぉ。。
最高だったよぉ〜♪
 


オレの友達の話なんだけど…  投稿者:よし  投稿日:11月10日(金)22時16分46秒
  本当に売れたらしいぜ!やっぱ普通に捨てるのってもったいないな。。
相場は50万だって(:;´.(Θ).`;:)
 




2006年11月11日 → 2006年11月15日



KATOO!テクノロジーに戻る

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO